韓国語コラム | 【取扱要注意】韓国語の悪口を使い方や注意事項と合わせて勉強しておこう

【取扱要注意】韓国語の悪口を使い方や注意事項と合わせて勉強しておこう

韓国語の悪口・スラングってどんなものがあるかご存知ですか?

悪口って言うくらいなので良くない言葉なのですが、気になるものですし、実際どういう意味なのか、どんな使い方がされているのかなど勉強しておくことは、韓国語を使っていく上で案外大切なことだったりします。

ドラマや映画ではとても頻繁に使われている言葉でもありますし。

でもやっぱり悪口なので勉強しても使うのは注意が必要!

その事も頭に入れながら、韓国語の悪口について勉強してみましょう。

使っちゃいけないけど知っておきたい韓国語の悪口を勉強

使っちゃいけないけど知っておきたい韓国語の悪口。

外国語の悪口はスラングとも呼ばれていますが、どんな言葉あるのか気になるものですし、機会があれば使ってみたいなって思うものですよね。

ですが、悪口と言うのは、知らなくてもいいもの、知っておいても使わないに越したことのないものなので、あくまでも教養というか、知っておくと面白いくらいの感覚で覚えておくとよいでしょう。

実際には韓国語を話す機会が増えてくると、わざわざ勉強しなくても勝手に覚えるよという意見もあります。

教科書で学ぶ単語やフレーズはなかなか覚えられなくても、なぜかそういう悪口・スラングって記憶に残るようで…

なので悪口を勉強すると言っても、あくまでも楽しみのための知識を増やすためや、もっと韓国の映画やドラマなどの作品を理解しようという目的で取り組むのがおすすめです。

韓国の悪口文化を勉強:仲がいいから悪口を言う?

でもなぜ悪口に興味を持ってしまうのでしょうか。

日本でもそうですが、距離感の近い仲のいい人ほど悪口を使う事って少なくないのも事実だからでないでしょうか。

例えば「お前バカだな」という悪口。

普段から冗談をよく言い合う友達同士から言われるのと、ほとんどよく知らないような関係の人から言われるのでは全く受け取り方が違います。

仲がいい人からでも、言い方によっては腹が立つという事もあります。

でも仲がよさそう、楽しそうに見えるというケースもあるので、悪口には興味を持ってしまうようですね。

悪口を勉強する時には、その言葉の意味だけでなく、使い方やそれを使う事によるコミュニケーションの距離感についても知っておくことが大切です。

全くの初対面の人に言うのはもちろん絶対にダメですし、仲が良くなったと思った人でもむやみやたらに使うのは、信頼関係を壊したり、自分の品位を疑われるような事態を招く可能性もあります。

特に外国人として韓国語を使う私たちの場合、わざわざそんな悪口を勉強したの?と驚かれるになり、相手の印象に深く残りやすいもの。

韓国語には「혀 안에 도끼 들었다(ヒョ アネ トッキ トゥロッタ)」と言うことわざがあります。

直訳すると「舌の中に斧が入った」ですが、日本語の「口はわざわいの元」と同じ意味のことわざです。

くれぐれも悪口に関しては、このことわざを忘れないようにしたいですね。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強は一日何時間すればいい?毎日勉強する習慣を作るコツもチェック!

LINE@追加

「悪口を言う」の韓国語フレーズを勉強

「悪口」を韓国語で言うと「욕(ヨッ)」です。

「悪口を言う」は「욕하다 (ヨッカダ)」、「욕을 하다 (ヨグル ハダ)」とも言います。

直訳すると「悪口をする」ですが하다とセットで覚えて下さい。

まだ「悪口を言われる」を韓国語では「욕을 먹다(ヨグル モッタ)」、「悪口を食べる」と言います。

こちらも決まった言い方なのでセットで覚えておきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

ドラマでもよく聞く有名な韓国語悪口※取扱い要注意

悪口についての韓国語フレーズをチェックしてきたところで、次はいよいよ悪口自体をチェックして行きます。

これらの言葉はドラマや映画でもよく聞かれる言葉ではありますが、くれぐれも軽々しく使ってはいけません。

仲が良いからこそ言う言葉でもありますが、悪口は悪口。

自分が使う時には相手との距離感、信頼関係を見極める事が大切ですし、そもそも相手を怒らせたり、バカにするために使ってはいけません。

そういう事を忘れずに悪口をチェックしていきましょう。

バカ・アホ:바보(パボ)

こちらは日本語の「バカ」や「アホ」と同じように使う悪口。例文を見てみましょう。

お前バカじゃないの?
너 바보아니야?(ノ パボアニヤ?)

私は本当にバカだ
나는 정말 바보야(ナヌン チョンマル パボヤ)

そんな話を信じるなんてばかみたい
그런 이야기를 믿는다니 바보같아

韓国語おすすめ記事韓国語「パボ」の意味は「バカ」や「アホ」!悪口以外の可愛い使い方も紹介

새끼(セッキ)

この새끼(セッキ)を日本語に直訳すると「動物の赤ちゃん」と言う意味なんですが、韓国では定番の悪口なんです。

特に一番使われる動物が、犬:개(ケ)で、「개새끼(ケセッキ)」と言うととてもひどい悪口で、あえて訳すなら「犬野郎」。

人間を動物扱い、しかも何もできない赤子扱いするという意味のようです。

カッとなって喧嘩を吹っ掛ける時や、相手に対して文句を言う時の冒頭の悪口として一番ドラマや映画でも多く使われているのではないでしょうか。

미치다(ミッチダ)

미치다(ミッチダ)は「狂う」とか「頭がおかしい」と言う意味の言葉です。

놈(ノム)と言うのが日本語で言うと「奴」という言葉に当たるのですが、「頭がおかしい奴」と相手に悪口を言う時に「미친 놈(ミッチンノム)」をよく使います。

「おかしくなったのか?」「何やってんだよ!」みたいな意味で「미쳤어?!(ミチョッソ?!)」と言う言い方もよく使われます。

ちなみに、女性に対して使う場合は「미친 년(ミチンニョン)」となります。

씨발(シバル)

日本語には訳せない韓国語特有の悪口。これも本当によく使われています。

ニュアンスで言うと「クソっ!」のような感じで、自分に対して言ったりもしますし、相手に対してさげすむ目的でも使われます。

これも「奴」に当たる놈(ノム)と合わせて、「씨발 놈(シバルノム)」と言う使い方もされます。

꺼져(コジョ)

「꺼져(コジョ)」は目の前にいる相手に向かって、腹が立った時によく使われます。

これは日本語言うと「失せろ」「どっかいけよ」みたいなニュアンスで使われる悪口です。

「消える」と言う意味の꺼지다(コジダ)の命令形です。

사이코(サイコ)

これは元々は英語の「サイコパス」から来ている悪口で、精神異常者や精神病の人を指す言葉ですね。

何を考えて居るのかよくわからないような、危ない雰囲気の人に対して使ったりします。

相手の事を理解できない時や、目つきがおかしい人などに対して使う事が多いようです。

돌아이/또라이(トライ)

돌아이も또라이もどちらも使われています。또라이の方が最初の一文字目の発音が濃音なので「ットライ」のようになります。

돌아이/또라이(トライ)と聞くと英語の「挑戦する」という意味の「TRY」を思い浮かべる人が多いと思いますが、韓国語では悪口です。

意味は「おかしい奴」「狂った人」「クレイジー」のように使われます。

じゃあ韓国で挑戦するという意味で使う「TRY」はハングルで書くならば「트라이(トゥライ)」です。

日本語では「挑戦する」と言う意味で「トライ」をポジティブなイメージで使っていますが、韓国語の場合は注意しないといけないですね。

【取扱要注意】韓国語の悪口を使い方や注意事項と合わせて勉強しておこうまとめ

むやみやたらに使ってはいけない、取扱い要注意の韓国語の悪口について調べてみました。

仲がいい関係性の中でも使われる悪口なので、つい使いたいという気持ちにもなりますが、「혀 안에 도끼 들었다(舌の中に斧が入った)」=「口はわざわいの元」です。

軽率に言ってしまって取り返しのつかない事にならないように、悪口については気を付けるようにしないといけないですね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP