韓国語を覚えてもっと好きになろう!知っておきたい4つの法則!

韓国語を覚えてもっと好きになろう!知っておきたい4つの法則!

韓国語をこれから勉強しようという場合、知っておきたいのが効果的な勉強方法。外国語習得の速度を左右するのは、どんな勉強方法をしているかということです。

正しい勉強方法を知って効率良く学べば、短期間で韓国語を習得することだって不可能ではありません。逆に、勉強を続けていても、勉強方法次第では韓国語の習得までに長い期間がかかることがあります。

今回は、韓国語を習得する上で欠かせない基本の4原則を中心に、効果的な韓国語の勉強方法をご紹介します。

独学でも勉強方法次第で韓国語をマスターできる!

韓国語を含め外国語の勉強方法については、いろんな意見があります。

その言語が話されている国に行って学ぶことが一番の近道だと言う人もいれば、その言語を習得した人から学ぶのが良いという考えの人もいるでしょう。または、正しい発音や日常会話を学ぶために、ネイティブに教えてもらうのがベストだという意見もあります。

もちろん、韓国語を独学でマスターすることは不可能ではありません。韓国語は勉強方法次第で、簡単に韓国語を覚えることができます。

韓国語は基本の4原則を勉強しよう

韓国語をマスターするためには、基本の4原則を勉強することが不可欠です。4原則というのは、「書く」「読む」「聞く」「話す」のことを言います。

この4つのいずれかが欠けても、韓国語はマスターすることはできません。

人によっては、書くのは得意だけど話すのは苦手とか、読むのは得意だけど後の3つは苦手ということもあるでしょう。

韓国語を習得するためには、4原則の中で苦手なものを徹底的に勉強することが大切。そうすれば、総合的に韓国語力をつけることができるので、独学でも韓国語をマスターできます。

楽しくモチベーションを保って勉強をしよう!

韓国語を学ぶことの一番の課題は、モチベーションを保つことです。日本に居ながら独学で韓国語を学ぶには、地道な努力が求められます。

机に向き合ってコツコツと韓国語の文法や単語を学ぶだけでは、そのうち飽きてきてしまうことも少なくないでしょう。

毎日、韓国語を勉強することが習慣になっている人にとっては、勉強を続けていくこと自体は苦ではないかもしれません。それでも、勉強したことが着実に自分のものになっているかというと、そうでもない可能性があります。

独学でも韓国語の勉強を続けていくためには、楽しく学ぶことが重要です。楽しく学べば、モチベーションが上がりますし、韓国語を速く覚えることもできるでしょう。

楽しく、モチベーションを保って勉強するのに役立つのが、韓国語レッスンに行くことです。韓国語を勉強している人の中には、普段は独学で勉強しつつ、併用して韓国語レッスンに行き、韓国人に会って勉強方法の確認をしている人もいます。

韓国語学校 K Village(https://kvillage.jp/)では1コマ500円とリーズナブルにレッスンを行っています。モチベーションを保つために楽しく韓国語レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

韓国語を書いて覚える勉強法

韓国語の基本の4原則のひとつ目は、「書く」です。韓国語が書けるようになると、SNSなどで韓国人の人達と交流できるようになります。また、韓国語のウェブサイトや本なども読めるようになりますし、旅行に行ったときも何かと便利です。

ハングル語の単語を覚える

日本人が韓国語を習得するのを難しくする要素のひとつが、ハングルです。韓国語はアルファベットではなく、ハングルを用います。

日本人にとってハングルは、最初のうちは記号にしか見えず、文字と認識するのが難しく感じるものです。これをひとつずつ覚えていくとなると、気が遠くなるようなことに思えるかもしれません。

しかし、実はハングルは仕組みさえできれば、比較的簡単に学べます。ハングルは、母音と子音を組み合わせて文字がつくられています。なので、最初に母音と子音とに分けて、ひとつずつ書き方を勉強していけば、そのうち母音と子音とを組み合わせた文字も書けるようになるでしょう。

最初から母音と子音とを組み合わせた文字を勉強しようとすると、挫折の原因になりますので、母音と子音とに分けて勉強するのが書き方を習得するコツです。

韓国語の本や教材はどこを使ってもOK

ハングルの書き方は、書く教材を使って練習するのがおすすめです。韓国語の書き方を説明した本や、書き方を練習するための教材は多くありますから、どれでもいいので自分に合いそうなものを選んでみましょう。

ハングルが書けるようになったら、簡単な単語を書く練習をします。そうすることで、同時に単語の勉強もできます。会話の中でよく使うような言葉をハングルで書くようにすると、使う頻度が高いので、単語を簡単に覚えることができるはずです。

韓国語を読む勉強

韓国語の基本の4原則の2つ目は、「読む」です。

最初は、一つ一つのハングルを読めるようになることから始めて、最終的には韓国語の文章がスラスラと読めるようになるのが目標です。

韓国語を読むための勉強の仕方をみていきましょう。

ローマ字読みで読む

ハングルを見ても、最初のうちは読むことができないものです。なので、覚えるまでは読み仮名を振る人がほとんどでしょう。

韓国語に読み仮名を振る際に注意したいことがあります。それは、ローマ字で読み仮名を振るということ。

カタカナで読み仮名を振る人は少なくないのですが、それはおすすめできません。なぜなら、カタカナで読み仮名を振ると、日本語読みになってしまうからです。

韓国語には、日本語にない発音があります。それなのにカタカナで読み仮名を振ると、日本語読みになってしまい、結果として韓国人に伝わらない発音が身に付いてしまいます。

読み仮名はローマ字で振るのが、韓国語の読みを習得するコツです。

簡単な例文を読む練習

ハングルの読み方を勉強したら、ステップアップして、文章を読めるようになるための練習をスタートしましょう。

最初から韓国語の新聞など難しいものに取り組んでしまうと、挫折してしまいますから、初めのうちは短い文章を読む練習をするのがおすすめ。

韓国語の教材にある短い例文を使って読む練習をしてみると、文の作り方も学べるので一石二鳥です。自分にとってなじみのある項目だと読解が早いでしょう。

韓国語を聞いて勉強

韓国語の基本の4原則の3つ目は、「聞く」。

韓国語が聞き取れるようにならないと、会話は成立しません。独学でも聞き取れるようになるための、韓国語の勉強方法をご紹介していきます。

韓国語の歌を聴きながら母音、子音を覚える

韓国語には、日本語にない発音があります。日本語の母音は「あいうえお」の5つのみですが、ハングルは母音が10個あります。また、母音同士がくっついた二重母音もありますし、子音も19個ありますから、日本語にはないたくさんの音を覚えていかなければなりません。

韓国語の母音・子音を聞く練習として使えるのが、韓国語の歌を聴くことです。好きな韓流スターやアイドルを見つけて、韓国語の歌をよく聴くようにすれば、リスニング力を伸ばすことができるでしょう。

おすすめなのは、同じ曲を何度も聴くこと。そうすることで、最初は聴き取ることができなかった音が、徐々に聴き取れるようになります。

なので、韓国語の勉強目的で歌を聴く場合は、何度も聴いても飽きないような好きな曲調のものを選ぶのがおすすめです。

韓国のドラマ・バラエティ番組をみて覚える

韓国語を聞くための勉強として、韓国語のドラマやバラエティ番組を見ることもおすすめです。

韓流ドラマを見てセリフを覚えたという人もいますが、ドラマの場合はセリフが長文になることも多いため、人によっては難しく感じるかもしれません。

その点、バラエティ番組だと普段の自然な会話を聞くことができるので、自然な会話を身につけたいという人にはバラエティ番組のほうが向いています。

韓国語の勉強は会話が大事

韓国語の基本の4原則の最後は「話す」。韓国語を学んでいる日本人にとって、「読む」「書く」というのは、そんなに難しいことではありません。「聞く」のも、数をこなせばできるようになるでしょう。

しかし、「話す」のは、簡単ではありません。

4原則の中でも一番時間がかかる

韓国語を話す勉強が、4原則の中でも一番時間がかかります。なので、簡単には話せるようにはならないとしても、それは普通のことだと心得ましょう。

韓国語を話す練習をするために、普段の会話から韓国語で話してみるようにすることをおすすめします。「おはよう」「おやすみ」といった簡単なあいさつの基本から、韓国語で話す習慣をつけるのです。

韓国語を勉強している友達が近くに居る場合は、そのお友達と普段から韓国語で会話するようにすると、韓国語上達の役に立つでしょう。

また、独り言も韓国語で話すようにしてみましょう。これは、近くに韓国語を勉強している人が居ない、韓国人の友達も居ないという場合でもできるので、ぜひ実践してみるようにしてください。

話す機会を作ることが大事

いくら韓国語を話そうと努力していても、日本に住んでいる以上、常用語が日本語なのは仕方ないことです。

なので、韓国語を話す機会を作り出すことが大切。

韓国語を勉強するためのアプリを使って話す練習をしたり、また韓国人の友達を作るためのアプリを利用して韓国人の友達を作ったりすると、話す機会が自然と増えます。

また、韓国語教室だと韓国語講師から会話のためのレッスンを受けることができるので、効率的に話す練習をすることができますよ。

日本最大級の韓国語教室K village(https://kvillage.jp/)では、ネイティブ韓国人によるレッスンを1レッスン500円からで学べます。まずは、体験レッスンで簡単な4原則について楽しく学んでみませんか?

まとめ

韓国語をマスターするためには、基本の4原則、つまり「書く」「読む」「聞く」「話す」の勉強をすることが欠かせません。独学で韓国語を習得するのは簡単なことではありませんが、基礎からしっかり学んでいけば、やがて日常会話に困らない程度まで習得することができるようになるでしょう。

独学での一番の課題は、話す練習がなかなかできないということ。独り言を言う、アプリを利用して韓国人の友達を作るといったことだけでは、行き詰まってしまうこともあるでしょう。その点、独学と併用して、韓国語教室でネイティブによるレッスンを受けると、より楽しく韓国語が学べるはずです。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 美しいハングルの書き方・書き順が知りたい!書体の違いや書道も…

  2. 韓国語能力試験を受験しよう!TOPIKは韓国企業も採用基準に…

  3. ハングルの오빠(オッパ)を完璧に使いこなそう!ハングルでの家…

  4. 韓国語で日常会話ができる?日常会話レベルがどのくらいか疑問を…

  5. 韓国語の【ノムヘ】はどういう意味?使い方や正しい意味も合わせ…

  6. 韓国語の子音がモルゲッソヨ!韓国語の子音で知っておくべきこと…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。