カムサハムニダ!正しく知ろう「韓国語」の基礎知識

カムサハムニダ!正しく知ろう「韓国語」の基礎知識

韓流スターや韓国のアイドル、日本のアニメを通じて日韓の若者の交流が盛んになってきました。国際問題は多々あれど、日韓の文化交流は盛り上がりを見せていますよ。韓国に興味を持つ人も増えてきており、韓国語を勉強してみよう!と思い立つ人もいるのではないでしょうか。

韓国語を理解すれば、韓国のカルチャーに触れるのがもっと楽しくなりますよね。まずは韓国語の基礎知識から学んでみてはいかがでしょうか。今回は韓国語の基礎の基礎についてご紹介します。

韓国語の文法ルールを知ろう!


韓国語には数字や数詞などのルールや文法のルールがいくつかあります。ルールを覚えておかないと文章を作るときに戸惑ってしまいますので、ここでは基本のルールと基本の五十音についてご紹介します。

押さえておきたい韓国語の文法ルール

韓国語にも日本語や英語と同じで文法のルールがあります。日本語と英語は文法のルールがまったく違いますが、韓国語は日本語と語順が同じであることが特徴のひとつです。日本語と語順が似ているから韓国語は比較的勉強しやすいという人もいます。

語順が同じなので、単語と助詞を覚えると文章を作ることができます。覚えさえすれば文章が作れるようになるので、上達も早くなって勉強するのが楽しくなりますよね。

早く上達するためには、漢字語という言葉を覚えるのも重要。韓国語には漢字語と呼ばれるものがいくつもあります。漢字語は読み方が日本語と同じまたは似ているものもあり、比較的覚えやすいです。この漢字語の文字と読み方を覚えると、別の漢字語との組み合わせでほかの単語をつくることができます。

韓国語には、数字の言い方が2種類あります。使い分けを覚えるまではややこしいですが、覚えてしまえば簡単なのでぜひマスターしましょう。

生年月日、値段、重さ、長さを表す際に使用するのは漢数字です。漢数字は以下の通りです。

1 일(イル)
2 이(イ)
3 삼(サム)
4 사(サ
5 오(オ)
6 육(ユッ)
7 칠(チル)
8 팔(パル)
9 구(ク)
10 십(シッ)
백(ペク)
천(チョン)
만(マン)
억(オク)
조(チョー)

11よりあとの数字は、例えば15なら「10と5」で「십(シッ)오(オ)」となります。英語の10は「ten」、5は「five」ですが、15は「fifteen」となり、まったく違う単語になりますが、韓国語は日本語のように漢数字を組み合わせれば数を表すことができるので、覚える単語も少なくて済みますよね。

年齢、個数、人数を表す際に使用する固有数詞と呼ばれる数字は次の通りです。

ひとつ 하나(ハナ)
ふたつ 둘(トゥル)
みっつ 셋(セッ)
よっつ 넷(ネッ)
いつつ 다섯(タソッ)
むっつ 여섯(ヨソッ)
ななつ 일곱(イルゴッ)
やっつ 여덟(ヨドルッ)
ここのつ 아홉(アホッ)
とお 열(ヨル)
20 스물(スムル)
30 서른(ソルン)
40 마흔(マフン)
50 쉰(スィン)

11以降の数詞をいうときには、漢数字と同じで「とおとひとつ」で「열(ヨル) 하나(ハナ)」となります。

お店に予約の人数を伝えるときや、自分の年齢を教えるときにはこちらの数詞を使うのが鉄則です。覚えておけば組み合わせて使えるのでぜひ覚えましょう。

ほかにも、韓国語には文法ルールがあります。韓国語のルールを覚えて正しい文法を勉強しましょう。韓国語の文法ルールについて詳しくはこちらをご覧ください。

■韓国語関連記事
韓国語のルールを覚えて正しい文法を勉強!

まずは韓国語で「あいうえお」

文章を作るにはまず日本語の五十音を理解する必要があります。
「あいうえお」は以下のように表します。

韓国語で使われるハングルは子音と母音の組み合わせで、アルファベットと同じ読み方ができます。

韓国語で五十音

「あ」から「ん」は以下の通りです。

ア行 あ 아 い 이 う 우 え 에 お 오
カ行 か 가(카) き 기(키) く 구(쿠) け 게(케) こ 고(코)
サ行 さ 사 し 시 す 스 せ 세 そ 소
タ行 た 다(타) ち 지(치) つ 쓰 て 데(테) と 도(토)
ナ行 な 나 に 니 ぬ 누 ね 네 の 노
ハ行 は 하 ひ 히 ふ 후 へ 헤 ほ 호
マ行 ま 마 み 미 む 무 め 메 も 모
ヤ行 や 야   ゆ 유   よ 요
ラ行 ら 라 り 리 る 루 れ 레 ろ 로
ワ行 わ 와   を 오   ん ㄴ

文中の中で使うときには上記の()の中の文字を使うのがルールとされています。押さえておきましょう。

濁点は以下の通りです。

ガ行 が 가 ぎ 기 ぐ 구 げ 게 ご 고
ザ行 ざ 자(카) じ 지 ず 즈 ぜ 제 ぞ 조
ダ行 だ 다 ぢ 지 づ 즈 で 데 ど 도
バ行 ば 바 び 비 ぶ 부 べ 베 ぼ 보
パ行 ぱ 파 ぴ 피 ぷ 푸 ぺ 페 ぽ 포

韓国語のハングルは、母音と子音の字を組み合わせて1文字が作られます。記号のようですが規則性があるので、覚えてしまえば簡単です。暗号を書いているようで楽しくなってくるはず。

韓国語で自己紹介 簡単な挨拶


韓国語を話す練習をするときに、まずは自己紹介を練習すると良いでしょう。ここでは、韓国語での簡単な自己紹介についてご紹介します。

簡単な挨拶

英語でもHelloを真っ先に覚えたのではないでしょうか。まずは簡単な挨拶から覚えてみましょう。

「おはようございます/こんにちは/こんばんは」は「안녕하세요?(アンニョンハセヨ)」といいます。多くの人が耳になじみのある挨拶ですよね。
これをもっと丁寧に言う場合は「안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ)」となります。

「お元気ですか?」は「잘지내요?(チャルチネヨ)」で、こちらも丁寧な表現は「잘지내세요?(チャルチネセヨ)」となります。
このあたりの挨拶は日本人でも知っているという人が多いと思います。

その他の主な挨拶は次の通りです。

「おやすみなさい」

안녕히주무세요(アンニョンヒチュムセヨ)

「さようなら」

「안녕히가세요(アンニョンヒカセヨ)※相手を見送るとき
「안녕히계세요.(アンニョンヒケーセーヨ)※自分が去るとき

「ありがとうございます」

감사합니다(カムサハムニダ)

「どういたしまして」

「아니에요」(アニエヨ)
「별말씀을요(ピョルマルスムルヨ)」※丁寧な表現

「いただきます」

잘먹겠습니다(チャルモッケッスムニダ)

「ごちそうさまでした」

잘먹었습니다(チャルモゴッスムニダ)

これらの簡単な挨拶は使う場面も多いので、怖がらずにどんどん使ってみましょう。使っていると自然と覚えることができるはず。
日常会話について詳しくはこちらの記事で理解を深めてくださいね。

■韓国語関連記事
韓国語の日常会話フレーズ特集!旅行や恋愛でも使える!

あなたについて紹介しよう

あいさつをマスターしたら、次はいよいよ自己紹介です。まずは基本の型を覚えましょう。

「私の名前は(名前)です。」

「제 이름은 (名前)입니다」(チェ イルムン (名前)イムニダ)

「わたしは大阪出身です。」

「저는 도쿄 오사카부 입니다」(チョヌン オサカプ チュルシ二ムニダ)

「私の職業は学生です。」

「저의 직업은 학생 입니다」(チョエ チゴブン ハクセンイムニダ)

「私の趣味は旅行です。」

「제 취미는 여행입니다」(チェ チュミヌン ヨヘンイムニダ)
         
名前、出身地、職業、趣味にあたる単語を覚えておきましょう。趣味についてはいくつか覚えておくと使い回しが利いて便利です。

家族について紹介してみよう

自己紹介と同時に、家族の紹介も覚えておくと、話が弾んだ時に役に立ちます。先述の数詞や漢数字などを使って家族紹介を覚えましょう。

「わたしの家族は〇人家族です。兄と妹がいます。」

「오빠하고 여동생이 있어요」(オッパハゴ ヨドンセンイ イッソヨ)

「父は会社員です。」

「아버지는 회사원이세요」(アボジヌン フェサウォニセヨ)

「子どもがいます。」

「아기가 있어요.」(アギガ イッソヨ)

「猫を飼っています。」

「고양이를 키워요.」(コヤンイ ルル キウォヨ)

などを使って家族を紹介しましょう。
また、日本人は初対面の相手に向かって不躾に根掘り葉掘り聞くのはNGとされていますが、韓国人は初対面の相手にも年齢や配偶者の有無など細かく聞いてくる人が多いです。

韓国では、親しみを込めて細かい部分まで話を聞こうという国民性があるので、できるだけ答えられるよう、特に自分のことや家族のことは一通り言うことができるように単語や文脈を覚えておきましょう。

韓国語で会話をしてみよう

自己紹介や漢数字、単語を覚えたら次は簡単な会話を韓国語で交わしてみる練習をしましょう。

会話の練習は書けることも大切ですが、やはり実際に話すことがいちばん大切です。発音やわかりやすい文節の区切りなどは実際に話してみないとわかりませんよね。ここでは、韓国語での簡単な会話についてご紹介します。

相手に質問をしてみよう

韓国の人と話すときは、自分が聞かれたことは相手にも聞くのが礼儀。何を聞かれたのかを覚えておき、相手にも同じ質問ができるように練習しましょう。

「出身はどちらですか?」

「어디 출신이세요?」(オディチュㇽシニセヨ)

「どこに住んでいますか?」

「어디 살아요?」(オディサラヨ)

「妹か弟はいますか?」

「남동생이나 여동생 있어?」(ナムドンセンイナヨドンセンイッソ)

「時間があるときは何をするのが好きですか?」

「시간있을때 뭐하는거 좋아하세요?」(シガンイッスㇽテ ボハヌンゴ ジョアハセヨ)

「何かスポーツをしますか?」

「무슨 스포츠를 해요?」(ムスン スポツル へヨ)

「好きな異性(理想)のタイプは?」

「이상형이 뭐예요?」(イサンヒョンイ モエヨ?)

これらの例文を覚えて、韓国語でのコミュニケーションが円滑に取れるように練習しましょう。先述の通り、韓国人は非常にフレンドリーでたくさんの質問をしてくる人が多いです。同じ程度の質問を返し、あなたに興味があるんですよという姿勢を見せることも仲良くなる秘訣です。

状況に合ったあいづちも覚えておこう!

会話を楽しむときに、日本語でも「うーん」とか「そうなんだ」とか「いいね」とか、そういったあいづちを打つこともよくありますよね。

ただ質問や答えを繰り返しているだけではなんとなく不自然です。日本語でも「クッション言葉をつかいなさい」と習ったことがある人もいると思います。韓国語でもクッション言葉や相槌を入れることで、よりスムーズに会話が弾むのです。
あいづちはぜひ覚えておきましょう。

まずは簡単なあいづちです。相手の質問に答える前にあいづちをつけましょう。

「はい」

「예.」(イェ)
「네.」(ネ)

「うん」

「응」(ウン)

日本語でも大切とされるクッション言葉にあたる、共感するときのあいづちは次のとおりです。ぜひ覚えましょう。

「そのとおりです。」

「맞아요」(マジャヨ)

「わかります」

「알아요.」(アラヨ)

「そうなんですね」

「그렇군요.」(クロックンニョ~)

相手と仲良くなるには同意をするあいづちも覚えておいて損はありません。

「そうですよね?」

「그렇죠?」(クロッチョ)

「もちろんですよ」

「그럼요.」(クロムニョ)

相手と仲良くなるには同意をするあいづちも覚えておいて損はありません。
会話の中ではリアクションも大切。
本当に自分の話を聞いてくれているんだと相手に思わせることも必要なので、驚いたときのリアクションも覚えておきましょう。

「本当ですか?」

「정말이요」(チョンマリヨ)

「いいですね」

「좋겠어요.」(チョッケッソヨ)

ほかにも、フランクに会話をするときに覚えておきたいあいづちをご紹介します。

「すごいですね」

「대단하네요」(テダナネヨ)

「でしょ!」

「그치!」(クッチ)

「まじで?」

「정말?」(チョンマル?)

もっと韓国語で会話を楽しもう!

韓国語は学べば学ぶほど早く身につくので、非常に勉強しやすい外国語のひとつです。国も近いですし、旅行に行くも韓国はぴったり。
韓国語を勉強するのなら
K Village(https://kvillage.jp/)がおすすめです。
K Villageなら60分500円から通えるので学生でも気軽に通うことができます。さらに、マンツーマンでの個別指導からクラス指導、さらに仲良しの友達と通えるペアレッスンまで、自分の好みの学習タイプに合わせて楽しく勉強することができるのです。

まとめ

さて今回は韓国語の基礎や五十音のハングル、あいさつやあいづちまで基礎の基礎をご紹介しました。

韓国語は奥が深いですが、実は単語や漢字語などを組み合わせれば難しいものではありません。

ぜひK Villageで韓国語を勉強して、韓国旅行や趣味の一つとして役立てましょう。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語で<ずっと>って言いたい!ずっと〇〇な気持ちを韓国語で…

  2. 韓国語の接続詞で会話が盛り上がる!すぐに活用できる韓国語の接…

  3. 【ハングル文字化け対策】韓国語のはずがまるで暗号?文字化け・…

  4. 韓国語でみんなに呼びかけよう! 韓国語のみなさん・みんな・全…

  5. 【大阪のコリアタウン】韓国語で話したいねん!大阪のコリアタウ…

  6. 韓国語「サランヘヨ」で大切なあの人に「愛してる」を伝えたい!…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。