韓国語は日本語に一番近い言語?!語順や文法など共通点がたくさん!

韓国語は日本語に一番近い言語?!語順や文法など共通点がたくさん!

「韓国語は日本人が最もマスターしやすい言語である」そのように言われていることはご存知ですか?日本から見て最も近い外国であり、語順や文法が似ている、共通点が多いという理由からそのように言われているようです。

実際に同じ意味で発音がよく似ている単語も多くありますし、日本語の中には韓国語に由来していると言われている言葉もたくさんあります。

しかし、ハングル文字を全く読めない人や、まだまだ勉強を始めてまだそれほど時間が経っていない人にとっては、似ていると言っても分からない!難しい!と言いたくなりますよね。

そこで今回は、日本語と一番近い言語だと言われている韓国語。どんな風に似ているのかを語順や文法などの共通点から探してみたいと思います。

この記事の目次
・韓国語は日本語に一番近い言語?
・韓国語の語順は日本語と同じ
・助詞や用言の活用なども共通する点がたくさん
・同じ語順を変えても通じる韓国語と日本語
・韓国語と日本語で語順以外の共通点は?【尊敬語】
・韓国語は日本語は同じ語順などよく似た言語

韓国語は日本語に一番近い言語?

韓国語は日本語と一番近い言語!それはやはり日本と韓国が近い国だからでしょう。

また漢字やひらがななど私たちが使っている日本語は元々中国で生まれ、日本に伝わってきたということが知られていますが、それを考えると当然中間にある韓国の影響も多く受けていることも納得ですよね。

しかし、中国語は日本語と起用通していることと言えば、漢字を使っていることくらいで、その語順や発音、文法などはまるで違うものです。

例えば、「私はあなたを愛しています」は「我爱你(Wǒ ài nǐ)」ですが、分の一番最初が主語というくらいで後は全く違いますよね。その点韓国語では「나는 당신을 사랑합니다.」と語順や文法は全く同じなんです。

使われている文字や発音が違うとは言え、これは言語としては極めて近い性質であるといえます。そのことをもう少し詳しく見てみましょう。独学で韓国語を勉強している方も是非ご覧ください。

■関連韓国語記事
韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語の語順は日本語と同じSOV型

まず、ここで英語と日本語・韓国語を比べてみましょう。

英語は高校生の時に「SVO型」や「SVOO型」という言葉で習いませんでしたか?これはS=主語、V=動詞、O=目的語を意味しています。

I LOVE YOU.これは主語→動詞→目的語と並んでいます。しかし日本語と韓国語は「私はあなたを愛しています。」「나는 당신을 사랑합니다.」ということで、主語→目的語→動詞という順番です。

つまり、日本語と韓国語はSOV型と分類されるというわけです。中国語も英語と同じSVO型。このように言葉で説明するとシンプルなように聞こえるかもしれませんが、実はこれが言語としてとても大きなことであることは、英語に苦労したことがある人であれば誰しもが共感する部分でしょう。

単語の意味を一生懸命に覚えても、「私は、愛しています、あなたを」と文章としてどうしても違和感を感じてしまう英語。これははやり動詞を主語の次に持ってくるという語順に大きな原因があります。

疑問文の時などはもっとややこしいですよね。「Do you love me?」Doってなんだ!3単元のSとかなんだ!そんな風に思ったことでしょう。

しかし、日本語の場合は語尾を変えるだけ語順を和える必要はありません。「私はあなたを愛しています」→「私はあなたを愛していますか?」これで疑問文になります。これは韓国語も全く同じですね。「나는 당신을 사랑합니까?」これでOKです。

英語の文法に苦労した思い出があれば、韓国語は日本語と語順が一緒ということだけでもとても親しみを覚えてしまいますよね。しかし、それだけではないんです。もっと細かく見ていくと日本語と韓国語には語順以外にもたくさん共通点があります。

助詞や用言の活用なども共通する点がたくさん

まず、語順の次に大きな共通点としては、「助詞」です。「てにをは」と呼ぶあの助詞です。

英語では「私は」「私の」「私を」など主語、所有格、目的格など語順によって「I」「My」「Me」と活用しなければいけませんでしたが、日本語では「私」はそのままでその後に続く助詞で意味を変えますよね。この点が韓国語も同じなのです。

「나」が基本。「私」という意味でその後に「는」や「의」「가」などの助詞を付けるのです。これはもう語順と並んで大きな共通点ですよね!

そして、助詞だけではありません。動詞や形容詞、形容動詞と言われる用言この活用についてもたくさんの共通点があるんですよ。

食べる、食べない、食べますか?食べて、食べれば…

먹다, 먹지 않다,먹어여? 먹어 먹으면…

大きい、大きくない、大きい?大きければ…

크다 크지 않다 커? 크면… このように動詞に原形があって、主にその後日を活用させて意味を変化させます。とっても似ていますよね。韓国語の方が、動詞も形容詞も原形の語尾は「다」なので、もっと活用を覚えるのは易しいといえるかもしれません。

このような普段から使っている日本語と難しい語順や、助詞という概念、活用方法など共通点が多いのは嬉しいですよね。もっともっと韓国語を知りたいという人はこちらもご覧ください。

■関連韓国語記事
韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINE@追加

同じ語順を変えても通じる韓国語と日本語

語順が同じということは、韓国語も日本語のように多少文章の中での語順が変わっても大丈夫です。

例えば

「私は学校に雨が降っていなければいつも自転車で行く。」

「雨が降っていなければ、学校に私はいつも自転車で行く。」

この二つの文章は語順が違いますが、意味はほとんど同じです。あるとすれば前に来る方をより強調したいなどというところでしょうか。こういった文章の作り方は実は韓国語でも全くと言っていいほど同じなんです。

「나는 학교에 비가 안 오면 항상 자정거로 간다.」

「비가 안 오면 학교에 나는 항상 자정거로 간다.」

上の日本語と同じように語順を変えて韓国語の文章にしてみました。英語は単語の語順はとても厳密に並べることが大事だと習いましたが、韓国語はそのようなことがないのでとても楽と言えるのではないでしょうか。

このようなことから、日本語は韓国語ととても近い言語だと言われています。語順が母国語と同じで、助詞や活用法まで似ているということで、比較的文法について感覚的に身についていることで、単語や基本おtなる活用方法さえ知っていれば、どんどん勉強が進むというわけですね。

韓国語と日本語で語順以外の共通点は?【尊敬語】

また、それ以外にも日本語と韓国語には「尊敬語」が存在しているということも大きな共通点です。これは言語的に見てもですが、年上の人を敬う気持ち、相手に礼を尽くすという文化的な面も二つの国が似ているということを表しているといえるでしょう。

「わたし」→「わたくし」=「나」→「저」

「きみ」→「あなた」=「너」→「당신」

「する」→「される」=「하다」→「하시다」

「食べる」→「召し上がる」=「먹다」→「드시다」

動詞だけでなく、名詞にも尊敬語があり、きちんとそれを使い粉ということが常識やたしなみとして当たり前であるという感覚が本当に日本と韓国が近い国であるということを感じさせます。

韓国語の動詞の尊敬語は語幹の後に시を付けるのが基本です。外国人が正しく敬語を使えなくても仕方がないと多めに見てくれることが多いでしょうが、しっかり身に着けて礼儀正しく韓国語を使えるようになりたいですね。

韓国語は日本語は同じ語順などよく似た言語

韓国語と日本語は、語順をはじめ文法的にとても近くよく似た言語であるということを見てきました。

文字を見ると全く違うように感じる言葉ですが、実はとても近い言葉なんですね。もっと深く勉強をしていくと単語自体がそっくりなものも多かったりますますそのつながりの深さを感じることが出来ますよ。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語を覚えて仕事をしたい!韓国に関わる仕事をご紹介!

  2. 韓国語の「ん」はひとつじゃない!韓国語「ん」の発音を区別する…

  3. 韓国のピアスがかわいい♡ネイルだっておしゃれ♡韓国語のファッ…

  4. 韓国語で「人数」を正確に伝えよう!2人や4人ってなんて表現す…

  5. 韓国語の本を読もう!韓国語の本を読むメリットや日本からの購入…

  6. ハングルで福岡は후쿠오카!韓国とつながりの深い福岡をハングル…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。