韓国語の数字の読み方は二種類!イルイサン…ハナドゥルセ…数字の読み方と発音を一覧でチェック!

韓国語の数字の読み方は二種類!イルイサン…ハナドゥルセ…数字の読み方と発音を一覧でチェック!

韓国語の数字の数え方を覚えるのに苦労している方、結構多いという話がよく聞かれます!

数字と言えば、1,2,3,4,5…ですが韓国語では

일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)の数え方の他に하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)と二種類ありますよね。つまり覚えなければいけない韓国語の数字は2倍??ただでさえ覚えるのが大変な数字ですが、二種類あって二倍と聞くとちょっと暗い気分になりそうになりますよね。

なぜこのように韓国語の数は二種類あるのでしょうか。またそれぞれを正しく読んで、書けるようにするためにはどうすればいいのか?一覧でチェックして、韓国語の数字の言い方・読み方をマスターしましょう。

この記事の目次
・韓国語の数字の読み方は二種類
・韓国語の数字の読み方の違い【国有数詞、漢数詞】
・ハナドゥルセ…韓国語の数字(固有数詞)の読み方一覧
・イルイサン…韓国語の数字(漢数字)の読み方一覧
・韓国語の時計の読み方は難しい?!
・韓国語の数字の読み方は二種類まとめ

韓国語の数字の読み方は二種類

当然ですが、数字は日本語でも韓国語でも、1234567890と共通です。世界共通ですよね。しかしその読み方は全く違います。

韓国語の数の数え方・読み方は二種類あります。

일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)の数え方の他に하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)のように分かれています。

これはなぜかというと、実は日本語でも同じなのです。日本語は123456789を「いち、に、さん、し、ご…」と読みますが他にも、「1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、7つ、6つ、8つ、9つ」という数え方がありますね。これと同じように韓国語にも数の言い方がわかれているのです。

難しいなと韓国語を嫌いになってしまいそうになりますが、ちょっと待ってください。日本語の場合はさらに「一人、二人…」や「一個、二個…」「一本、二本…」「一羽、二話」などなど。たくさんの単位によっても言い方が変わります。それを考えれば韓国語も単位を付けて数を数えるということはあるのですが、日本語程は複雑ではありません。

そう考えるときっと韓国語の方も複雑ですが、すぐに覚えられるようになります!

当たり前ですが、数はとても大切な言葉・情報ですので、読み方も書き方も正しく知っておくことはとても重要です。頑張って練習しましょう!

■関連韓国語記事
韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語の数字の読み方の違い【国有数詞、漢数詞】

まず、二つの数字の読み方についてですがきちんと名前があります。固有数詞と漢数詞という呼び分けをします。

하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)の方が固有数詞、일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)の方が漢数詞と呼ばれます。

どっちがどっちの呼び方なのかは、文法的な専門用語なので難しいと思う人は、飛ばしちゃっても大丈夫ですよ。

肝心のそれぞれの数の読み方を韓国語でどう書くのかも合わせて一覧でチェックしていきましょう。

LINE@追加

ハナドゥルセ…韓国語の数字(固有数詞)の読み方一覧

まずは、ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソの固有数詞の方からです。

ひとつ 하나 ハナ
ふたつ トゥル
みっつ セッ
よっつ ネッ
いつつ 다섯 タソッ
むっつ 여섯 ヨソッ
ななつ 일곱 イルゴッ
やっつ 여덟 ヨドル
ここのつ 아홉 アホッ
とお ヨル

一文字だったり、二文字だったり…パッチムがあったりなかったり…数字は韓国語の中でも退治な単語なので初球の段階から勉強することが多いと思いますが、書くのは難しいかもしれませんね。

しっかり読み方から何度も聞いて覚えておきましょう。

また単位がくっつく場合、하나は한、둘は두に変わることがほとんどです。個数を表す単位の개(ケ)が付く場合、한 개(ハンゲ)、 두 개(トゥゲ)となります。

また、日本語はひとつ、二つ、三つの数え方は10までが一般的ですが、韓国語では100まであるんです。20、30、40、50、60、70、80、90、100で呼び方が変化します。

20以降は主に、年齢を数える時の読み方で使われます。

ヨル
二十 스물 スムル
三十 서른 ソルン
四十 마흔 マフン
五十 シィン
六十 예순 イェスン
七十 일흔 イルン
八十 여든 ヨドゥン
九十 아흔 アフン

とても難しいですね…韓国人の人も若い人は何て言うんだっけ?と悩ましく思うこともあるそうですよ。

25歳なら、스믈 다섯(スムル タソッ)と数えます。また日本では数え年で60歳の時には還暦、70歳の時には古希、80歳の時は傘寿、90歳の時は卒寿などのお祝いをしますが韓国も同じ習慣があります。

韓国の場合は年齢をそもそも満ではなく数え年でカウントするので、普通に年齢を数えると日本より韓国の人は1歳年上になります。日本では生まれてすぐの赤ちゃんは0歳ですが、韓国では1歳と数えるからなんですね。

ややこしいので、生年月日を正しく知りたい時は「何年生まれですか?」と聞いてみましょう。韓国では西暦で数えます。年齢を聞いたり、挨拶などもっと基本会話を観たい人はこちらもご覧ください。

■関連韓国語記事
韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

イルイサン…韓国語の数字(漢数字)の読み方一覧

次は、일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)の方の漢数字の読み方です。こちらは実は日本語の数字の数え方と発音がとてもよく似ているので覚えやすいですよ!

0 ヨン
1 イル
2 イー
サム
4
5
6 ユッ
7 チル
8 パル
9
10 シッ

10まで来たところで一気に百、千、万、億、兆までも見ていきましょう。これを知っていればどんなに大きな数字でも韓国語で読むことが出来るようになります。

百(100) ペッ
千(1,000) チョン
万(10,000) マン
億(100,000,000 ) オッ
兆(1,000,000,000,000) チョ

韓国語の時計の読み方は難しい?!

일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)、하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)の数え方ですが、混在して使う呼び方をするものが韓国語にはあります。それは時計、時刻です。

日本語では〇時〇分〇秒の〇に入る数字はすべて、いち、に、さん、しで数えますが、韓国語の場合は違うんですね。

何時の方は하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)、分と秒は일, 이, 삼, 사, 오…(イル、イ、サン、サ、オ…)で数えるんです。

5時5分5秒 → 다섯시 오분 오초 (タソッシ オブン オチョ)となるのです。

一時は、하나시(ハナシ)ではなく한시(ハンシ)が正解です。間違えやすい点なので注意しましょう。

1時間、2時間と数えるのも、한시간, 두시간となります。일시간などは間違った読み方なので気を付けましょう。

韓国語の数字の読み方は二種類まとめ

韓国語には数字の読み方が二種類。하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)の方法と하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…(ハナ、ドゥル、セ、ネ、タソ…)の二つがあります。

どちらもとてもよく使うので読み方を覚えるのはとても重要です!書くことも難しいので、まずは発音・読み方から練習してマスターすることをおすすめします。

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験申込 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持…

  2. 韓国語を覚えてもっと好きになろう!知っておきたい4つの法則!…

  3. チーズドック?ホットドックなの?アメリカンドックなの?新大久…

  4. レストランで使える韓国語!お店で美味しいものを楽しく注文しよ…

  5. 韓国語を大学の付属機関で勉強しよう!韓国留学のいろはをご紹介…

  6. 韓国語で友達、恋人と電話したい!ビジネスでも使える電話マナー…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。