韓国語の英語表記を知りたい!韓国語を英語で書く方法とは?

韓国語の英語表記を知りたい!韓国語を英語で書く方法とは?

韓国語で使われているハングル文字。なんて書いてあるのか、どういう意味なのかは勉強しないと全くわかりませんよね。

そんな時、ハングルではなくて韓国語を英語で書いてみようと思う人もいるかもしれません。

実際に、私たちは日本語をローマ字で英語表記にすることもしていますし、韓国語も同じように英語表記することも可能なはずですよね。

韓国に旅行に行って空港や街中の看板など英語表記されているものを見たことある人も多いはずです。

ハングルが読めなくても韓国語を英語で書くことが出来れば便利なはず!ハングルを読んだり書いたりできる人でもどうやって英語で書くのか、ルールを知っておきたいですよね。

そこで今回は韓国語の英語表記の方法をまとめてみたいと思います。

韓国語を英語表記する方法とは?

まず、韓国語を英語表記する方法について見てみましょう。基本的な方法は日本語をローマ字で英語表記する方法と同じです。

日本語の発音をそのまま英語のアルファベットの発音に当てはめて書くという方法です。

日本語の五十音をローマ字で表記するときに母音と子音の組み合わせで書くというのも同じです。

ハングル文字はそもそもが子音と母音の組み合わせでできている文字なので、日本語の英語表記よりも簡単かもしれません。

つまり、ハングル一つ一つがどの英語表記になるのかを知ってさえいれば、韓国語を英語で書くことが出来るようになるというわけなんです。

韓国語の英語表記を一覧でチェック

それでは早速、韓国語の英語表記を一覧でチェックしてみましょう。反切(ハンセツ)表の順番で、子音も母音もまとめて一覧にしてみました。

まずは韓国語の子音の英語表記の一覧です。

子音(字母) ローマ字表記(パッチムの時)
G/K
N
D/T
R(L)
M
B/P
S(T)
なし (NG)
J(T)
CH(T)
K
T
P
H
KK
TT
PP
SS
JJ

次に韓国語の母音の英語表記の一覧です。

母音(字母) ローマ字表記
A
YA
EO
YEO
O
YO
U
YU
EU
I
AE
YAE
E
YE
WA
WAE
OE
WO
WE
WI
UI

この一覧を使えば英語表記にしたい韓国語を子音、母音の順番でアルファベットを並べれば完成します。パッチムがある場合でも同じです。

ただしパッチムの時は発音の変化をすることがありますので注意しましょう。

読めないから「韓国語を英語で」、はアリ?

韓国語の英語表記ができる一覧をご紹介しましたが、ここで少し韓国語を英語で書けるからと言って「ハングルを覚えなくてもいいや。」「韓国語を英語で書ければ大丈夫じゃない?」と考えるのはちょっと待ってください。

韓国語に使われているハングル文字は確かに、最初はなんて書いてあるのか全くわけがわからないと思います。

しかし、だからと言ってあきらめるのは早いです!

なぜならハングル文字を読めるようになるのはそれほど難しいことではないからです!

むしろ日本語で使われている文字のひらがな、カタカナ、そして漢字を覚える苦労に比べればずっとずっと易しいのがハングルなのです。

韓国語に使われているハングル文字は表音文字と呼ばれる文字です。

一文字一文字発音が決まっているんです。英語のように単語によって同じアルファベットなのに発音が変化するということはありません。

そして、母音と子音の組み合わせで成り立っているので、いったんその基本を覚えてしまえば読めるようになるのは難しくないんです。

独学でハングル文字を学ぶということも十分可能です。

実際にそういう方も多いのが韓国語です。しかし、自信のない人は近くのハングル教室を思い切って利用してみませんか?

ハングル文字が読めるようになれば、表音文字なので先ほどもご紹介したようにどんな単語でも長い文章でも読めるようになるんです。

そして勉強を進めていけば誰もが実感することですが、韓国語は日本語と文法の形が同じなので文法を学ぶという点においては、日本人はほとんど苦労することがありませんし、単語も日本に近いだけあって似通っているものがとても多いので、ボキャブラリーも英語ほど増やすのに労力を必要としません。

英語表記の方法を覚えるということももちろん便利なことには違いありませんが、ハングル文字を敬遠せず、是非チャレンジしてみることをおすすめします。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

名前や固有名詞の韓国語の英語表記はローマ字でOK

さて、韓国語の英語表記の方法を押さえたところでどういうところに使えるかということも見ておきましょう。一番メジャーな使いどころとしては、人の名前や地名などの固有名詞でしょう。

日本語では外来語をカタカナで表記することがありますが、英語の表記にすることもありますね。もしくは日本語そのままの発音を伝えたい時にも使います。

韓国の人の名前や、地名など発音を聞いたままカタカナで書くという方法もアリですが、日本語で書くとどうしても表現しきれない韓国語特有の発音やパッチムなどの表記の問題が出てきます。より正確に発音を書き表したい時には英語表記の方がふさわしいでしょう。なので人名や地名などの固有名詞は英語表記を使うと便利です。

また、発音をそのまま海外の人に伝えたい時にも英語表記は便利です。例えば日本語で言えば「おもてなし」。海外の人にそのまま発音ごと伝えたい時「OMOTENASHI」と英語表記しますよね。

他にも食べ物でも英語表記は便利です。例えば「明太子」。韓国語で言うと「명란젓(ミョンランチョッ)」と言いますが、韓国の人に明太子そのものを発音事伝えたい時など「MENTAIKO」と書くの同じように、韓国の食材も発音をそのまま書きたい時には英語表記が便利です。

日本ですっかりおなじみの韓国の食べ物にキムチがありますが、実際は「김치」。カタカナで発音を書くと「キㇺチ」の方がよりネイティブの発音に近くなります。「ム」は唇をしっかり上下くっつける「ム」です。そういうことを書いて覚えておきたいなら、英語表記が便利です。「KIMCHI」と書きます。こちらの方がより正しい韓国語の発音を表していますね。

しかし、文字にこだわらず挨拶や基本の日常会話などとりあえず覚えたい!と言うときには英語表記も便利です。カタカナで書くのも良いですが、より正確な発音でフレーズを覚えたいという人は英語表記も活用してみましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINE@追加

韓国語の英語表記では語頭の発音変化に注意

最後にちょっと英語表記で注意していただきたい点を一つだけお伝えしたいと思います。韓国語には語頭の発音変化があるという点です。

例を挙げると「プサン」です。日本でも釜山と書いて「プサン」と読むのがおなじみですが、英語表記の場合「Busan」と書くのが一般的です。

これは韓国語の発音で子音の「ㄱㄷㅂㅈ」の4つが、文字の頭に来るときには濁らなくなるという法則がある為です。

つまり普通は「ブ」と発音しますが、語頭にある為濁らずに「プ」となるというわけです。

しかし、英語表記ではそういったルールは適応せず、統一して濁るように表記するというのが韓国語の英語表記のルールです。

ちょっと慣れるまでは難しく思うかもしれませんが、それも韓国語の勉強を少し始めれば自然と身につきますので安心してください。

韓国語の英語表記を知りたい!まとめ

韓国語の英語表記についてまとめました。覚えてしまえばどんな韓国語でも英語で表記することが出来ますよ。

韓国に行ったときにも役立つかもしれませんね。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP