韓国語の読み方をマスターする方法は?ハングル文字を覚える最初の壁を乗り越えよう!

韓国語の読み方をマスターする方法は?ハングル文字を覚える最初の壁を乗り越えよう!

韓国語を話せるようになりたい!ハングル文字を読めるようになりたい!そう思って韓国語の勉強を始めても、なかなか韓国語の読み方は頭に入らないものです…

最初に見たところ、韓国語のハングルは何かの記号のようで、文字と言われてもピンときません。カナタラ…アヤオヨ…と呪文のようにブツブツと反切表を見ても、文章になっている韓国語のハングルはまるで暗号…読み仮名が振ってあると何となく読み方がわかる気がするものの、やっぱり新しい韓国語に出会うと戸惑うばかり。

どうやって韓国語の読み方を覚えればいいのでしょうか?韓国語の最初の壁であるハングル文字を覚える方法をご紹介します。

この記事の目次
・韓国語の読み方をマスターする方法は?
・韓国語の読みを覚える方法【反切表】
・韓国語の読みを覚える方法【パッチムなしの単語】
・韓国語の読みを覚える方法【人の名前】
・韓国語の読みを覚える方法【歌】
・韓国語の読み方をマスターする方法は?まとめ

韓国語の読み方をマスターする方法は?

アンニョンハセヨ!→안녕하세요
カムサハムニダ!→감사합니다

どうやってハングルで書くかはわからないけど、私たちはたくさんの韓国語を知っています。でも韓国語に触れれば触れるほど、やはり韓国語の読み方を知りたいと思うものですよね。

あのハングル文字をどうすれば読めるようになるのでしょうか。なかなか韓国語の読み方が頭に入らず、壁にぶつかっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、韓国語の勉強において、ハングルが読めるようになることは最初の大きな壁ともいえますが、超えてしまえば、英語のABCを覚えるよりもずっと大きなステップアップの実感できる大切なステップです。

韓国語のハングル文字は表音文字といって、文字一つ一つが決まった発音になっており、読めるようになりさえすれば、意味が分からない単語でも発音ができるようになるのです。英語は、アルファベットの綴りを覚えるのに加え、発音も覚えるのに苦労したものですが、韓国語ではその点読み方に苦労することはありません。

逆に言うと、読み方をマスターするのは、最低限、必須、なくてはならない、大切な段階と言えるのです。しかし、方法はあります。韓国語の読み方を覚える方法をいくつかご紹介しますので、自分に合った方法を探してみて下さい。

■関連韓国語記事
韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語の読みを覚える方法【反切表】

まず最初に紹介したい韓国語の読みを覚える方法は、【反切表】です。文字の読み方を覚えるのには王道ともいえる反切表ですが、最初はカタカナでもいいので、読み仮名が振ってある反切表を使うところから始めましょう。

その際、日本語にはない発音のㅓ,ㅡやㅈ、ㅉ、ㅊなどの細かい区別は後回しにするくらい大胆に効率的に読み方を覚えることに専念してみましょう。発音を正確に覚えることももちろん大切ですが、文字の読み方を覚えるところとは一旦切り離して、カタカナ式の発音でもまずは読み方を大まかにでも頭に入れて進んでみて下さい。

英語でもリーディングとスピーキングは別のスキルです。正しい発音のマスターはネイティブの先生に教えてもらったり、教室に通ったり、音声や動画を使ったりと集中的にした方が効率的です。読み方を覚えるにはまずカタカナ式でもいいので、反切表を全体的にとらえて一気に頭に入れることを意識してみて下さい。

LINE@追加

韓国語の読みを覚える方法【パッチムなしの単語】

次に韓国語の読みを覚える方法としてお勧めしたいのが、【パッチムなしの単語】を使った練習です。おなじみの韓国語の挨拶である、안녕하세요(アニョンハセヨ:こんにちは)、 괜찮아요(ケンチャナヨ:大丈夫です)、미안합니다(ミアナムニダ:ごめんなさい)など、よく使う会話から覚えたいと思うものかもしれませんが、いったん韓国語を読めるようになりたいということであれば、まずはパッチムがない単語に集中して練習することをおすすめします。

나비(ナビ:ちょうちょ) 우유(ウユ:牛乳)  의사(ウィサ:医者)
구두(クドゥ:靴) 사과(サグァ:リンゴ)  마이크(マイク:マイク)
비(ピ:雨) 배(ペ:梨、おなか) 커피(コピ:コーヒー)
해바라기(ヘバラギ:ひまわり) 야채(ヤチェ:野菜) 가위(カウィ:はさ)
매뉴(メニュ:メニュー) 오이(オイ:きゅうり) 포도(ポド:ぶどう)

ちょっと探しただけでもパッチムのない単語はいっぱいあります。アプリや単語帳を活用するのもおすすめです。パッチムなしでたくさんのハングルに触れていくうちに自然とハングル文字に慣れ、読み方も定着するようになってくるはずです。最初からパッチムがあるのは難しいので、まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

■関連韓国語記事
韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

韓国語の読みを覚える方法【人の名前】

次に韓国語の読みを覚える方法としてお勧めしたいのが【人の名前】を使った方法です。これはK-POPや韓流ドラマが好きな人には特におすすめの方法です。

好きなタレントさんの名前は勿論知っていますよね。それをハングルで書く練習をするのです。ここでのポイントは一人だけではなく、できれば何人か合わせて練習すること。

読み方を知っている言葉から文字を覚えていくという方法です。この場合は読み方は知っているのでパッチムがあってもOK。むしろパッチムがあるハングルに自然となれるいい機会にもなります。

グループメンバー全員の名前を書けるようになる!と目標を作るのもいいですね!何人もの名前を書いているうちに、同じ子音や母音に出会うことになり、読み方が自然と定着してきます。大好きなタレントさんを探すのが楽しく続けるコツですよ!是非試してみて下さい。

韓国語の読みを覚える方法【歌】

最後にご紹介したい、韓国語の読みを覚える方法が「歌」です。これはハングルの読み方は大体マスターしたけど、いまいち、読むスピードが遅い人、もっと韓国語の発音が上手になりたいという人にもおすすめです。是非、毎日持ち歩いているスマホに好きな韓国語の歌をダウンロードして試してみて下さい。

ただし、条件があります。それは、韓国語の歌詞を手に入れられる歌であるということです。方法は、好きな歌をハングル文字の歌詞を見ながら何度も繰り返し聞く。覚えたという人は自分も歌えるようになるところを目標に続けてみて下さい。

歌なので当然パッチムもあれば、難しい知らない単語もたくさん出てくると思いますが、大丈夫です!好きな歌ならば繰り返し聞くことは苦ではないはずです。ポイントは韓国語を見ながら、自分が歌えるようになるまで繰り返すという点です。

パッチムが混ざった長文は、発音の変化があったり、そもそも読むスピードが追い付かなかったりすることも最初はあるかと思いますが、歌を聴きながら繰り返していると、読み方が自然と身につくばかりでなく、自然な韓国語のスピードに慣れるという効果もあります。

自信がないという人は、テンポの遅いバラードやすでにメロディーを知っている日本の歌のリメイク版などから始めてみるといいですよ。

韓国語の読み方をマスターする方法は?まとめ

韓国語の読み方をマスターする方法は?ということでいくつかおすすめの方法をご紹介しました。日本語のひらがなやカタカナもそうですが、一度覚えてしまえばあとは忘れることはありません。いかにたくさんその文字に触れ、慣れるかを楽しんで効率よく行えるかです。自分に合った方法を見つけて覚えてしまいましょう!

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験申込 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語の現在進行形・過去進行形は難しくない!完了形など時制に…

  2. インスタでハングル3行日記のススメ!フォローが増えるハングル…

  3. 韓国語で「お会いできて嬉しいです」!仲良くなるための「お会い…

  4. 韓国語に顔文字・絵文字ってあるの?韓国語の顔文字・絵文字でメ…

  5. 韓国語の丁寧語「ですます」はイムニダとイエヨの2種類!基本の…

  6. ハングルで「そうです」「そうですね」を何と言う?微妙なニュア…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。