韓国語教室 K Villageのブログ 韓国語コラム

【オンニ:韓国語でお姉さん】素敵なオンニと仲良くなりたい!韓国語の「お姉さん」をわかりやすく説明します!

【韓国語でお姉さん】素敵なオンニと仲良くなりたい!韓国語の「お姉さん」をわかりやすく説明します!

韓国アイドルのバラエティーで女性グループのマンネが「オンニ、オンニ!」とお姉さんメンバーのことをよんでいたり、韓国ドラマで自分のお姉さんのことを「オンニ、オンニ」とよんでいたり、オンニというワードはすでに耳馴染んでいるかもしれません。

韓国語でお姉さんのことをオンニといいます。家族のお姉さんもオンニですが、韓国人の女性たちにとって、オンニはほかにもたくさんいます。女性の立場からみて、どのような女性が「オンニ」になるのでしょうか。

親しい女性のことをオンニとよぶことができれば、もっと韓国人のお姉さんと仲良くなることができます。あのオンニのことを、オンニとよんでみたい。どうすれば、オンニということができるのか、きっかけづくりも気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、韓国語の「オンニ」について、きっかけづくりになるフレーズも合わせて、わかりやすく説明していきます。

韓国語のそもそもオンニって?

韓国語ではお姉さんのことを「언니(オンニ)」といいます。ですがこれは女性だけに許された呼び方なのです。男性がお姉さんのことを언니(オンニ)とよんではいけません。

男性はお姉さんを언니(オンニ)とよべませんが、かわりに누나(ヌナ)といいます。このように、韓国語ではお姉さんとひとことでいっても、年下の「男」であるか、年下の「女」であるかによって呼び方が変わるわけです。

ちなみに、女性からみて年上の男性は「오빠(オッパ)」、男性からみて年上の男性は「형(ヒョン)」、年上の女性は「누나(ヌナ)」といいます。

韓国語では家族の呼び方が日本語よりも細分化されています。例えば、父方の叔母のことを「고모(コモ)」、母方の叔母のことを「이모(イモ)」とよんだりします。

いずれも韓国語ならではのものなので、日本語との違いを楽しみながら覚えてみてはいかがでしょうか。

家族のお姉さんも仲のいいお姉さんもオンニ

韓国では家族にお姉さんがいる場合、妹たちは「언니(オンニ)」とよんでいます。実のお姉さんのことを언니(オンニ)というのです。日本で姉のことを「お姉ちゃん」とよぶのと一緒です。

韓国語の언니(オンニ)で違うことは、実のお姉さんではない、年上のお姉さんのことも언니(オンニ)とよぶことです。もちろん、年上のお姉さんをすべて언니(オンニ)とよんでいいわけではありません。親しい関係でなければ、언니(オンニ)とよぶことはないのです。

例えば、職場にはたくさんの先輩女性がいるはずですが、そのなかでも特に親しい女性のことを언니(オンニ)とよびます。大学の先輩女性であっても同様です。特に自分のことを気にかけて面倒をみてくれるような先輩のことは、自然と언니(オンニ)とよぶようになるはずです。

憧れのお姉さんをオンニと呼ぶためのテク

憧れの韓国人女性を언니(オンニ)とよびたい。でも、いきなり언니(オンニ)とよんでしまったら、馴れ馴れしいと思われたり、失礼だと気分を悪くさせてしまうのではないかと、なかなか언니(オンニ)とよぶきっかけがみつからないということもあるのではないでしょうか。できることなら언니(オンニ)とよんで、ちょっと特別な関係になりたいものです。

そこで、언니(オンニ)とよびたい女性を언니(オンニ)とよぶためのテクニックについて解説していきます。

オンニとよんでもいいですか?

언니라고 해도 돼요(オンニラゴ ヘド トゥエヨ)?

オンニとよんでもいいですか?というフレーズです。聞きあぐねているのなら、自分から聞いてみるのもいいかもしれません。相手がよろこんでくれるということも。

オンニのように思っています

언니처럼 생각해요(オンニチョロム センガッケヨ)

オンニのように思っていますという韓国語です。間接的ないいかたにはなりますが、「じゃあ、オンニって呼んでいいよ!」といってもらえるかもしれません。

いきなりオンニとよんでいいですか?と言いにくいときは、オンニのように思っていますと気持ちを伝えてみましょう。オンニの心も動くかもしれません。ただし、韓国では比較的ストレートな物言いになりがちです。そのため、いずれにせよ、あまりにも回りくどい言い方にはならないように気を付けた方がいいかもしれません。

【韓国語オンニ】まとめ

韓国では自分のお姉さんのことも、親しいお姉さんのことも언니(オンニ)といいます。언니(オンニ)ということで、お互いに特別に親しいのだと意識するようになり、さらに親しくなることができるのではないでしょうか。

韓国ならではの人間関係の築き方かもしれませんが、そんな언니(オンニ)と親しくなることで、きっと会話をする機会も増えるはずです。韓国語がもっとわかれば、話題もふくらむのにとジレンマを抱くことも。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国人の先生が初心者にもわかりやすいように、韓国語特有の人間関係にも触れながらわかりやすく教えてくれます。きっと、언니(オンニ)との会話もさらに弾むでしょう。

まずは体験レッスンで、언니(オンニ)と親しくなるための一歩を踏み出しましょう。


【PR】K Village TokyoK Village 韓国語教室は日本最大の約9,000人が通う韓国語教室。まずは無料体験レッスンでおまちしております!

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

約9,000人が通う日本最大の韓国語教室K Villageの授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校

まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,500人を超える日本最大(※1)の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

新大久保駅前校新大久保本校
新宿西口校上野校
秋葉原校横浜駅前校
名古屋校大阪校
なんば校福岡校
※1 2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

無料体験申し込み 申込アイコン

韓国語学校 K Village ブログ関連記事

  1. 韓国語教室へカジャカジャ(行こう行こう)!気になる韓国語教室…

  2. 【アボジ】韓国語でパパ(お父さん)って言いたい!アッパと仲良…

  3. 【ハングルでもしもし】ハングルの「여보세요?(ヨボセヨ?)」…

  4. 【韓国語で秋葉原】東京の秋葉原は韓国語でなんていうの?スポッ…

  5. 韓国語の合成母音は難しくない!合成母の音読み方・発音をマスタ…

  6. 【韓国語一覧】韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわか…

1レッスン550円(税込)からの韓国語教室
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。