ハングルの仕組みが分かると、韓国語が楽しくなりますよ~♪

ハングルの仕組みが分かると、韓国語が楽しくなりますよ~♪

ハングルの文字の構造や仕組みを知っておくと、なんだ仕組みはとってもわかりやすいなぁ。と思うかと思います。

むしろ、日本語を勉強する外国人からすると覚えやすいのかもしれません。

そんなハングルの仕組みを学び、韓国語の辞書を片手に自分で楽しく覚えられる方法も教えちゃいますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ハングルの仕組み

ハングルとは

ハングルの基本構造は、ローマ字の仕組みと変わりません。
例を見て見ましょう!

nami(波)

この「nami」の母音と子音を考えてみましょう。
n、mは【子音】a、iは【母音】となっていますよね?

ハングルもローマ字と同じ仕組みになっています。
上の例「nami」をハングルに置きかえると

n=ㄴ a=ㅏ m=ㅁ i=ㅣ

子音と母音をお互いに合わせてみると

나 미

になります。
例えば、「か」ならば、k+a

ㄱ + ㅏ = 가

つまり
子音を表す文字+母音を表す文字でひとつの文字となります。

このように単純に子音と母音をつけるだけで、ハングルを簡単に覚えることができます。あとは、発音と、母音、子音を覚えるだけです。

文字の構造

ハングルは母音と子音で文字が成り立っていると前述しましたが、この組み合わせ方にも、

①<子音+母音>

②<子音+母音+子音>の2通りあります。
また、1文字のなかでの子音と母音の配置には次のようなパターンがあります。

① <子音+母音>

母音は右側、または下に置きます。

ㄴ+ㅏ=나(na)
子音 母音
+ㅜ=무(mu)
子音
母音
② <子音+母音+子音>

最後の子音は必ず子音+母音の下に置きます。
この最後の子音が「パッチム」というものになります。

 
ㅎ+ㅏ+ㄴ=한(han)
 
子音 母音
   
子音
ㄱ+ㅜ+ㄱ=국(guk)
 子音
母音
子音

以上のような4パターンがハングルの構造の基本となります。

日本語から学ぼう!

「日本語で発音した言葉が、韓国では別の意味となる。」そんな単語があります。

イントネーションの違いはありますが、文字で表せば同じです。

下の表に主な例がありますので、みなさんも下のような例を自分なりに探してみて、韓国語を楽しんで見ましょう!!

日本語 意味   韓国語  意味
あ+い 아+이(アイ) 子供
さ+い サイ(動物) 사+이(サイ)
そ+り そり(乗物) 소+리(ソリ)
な+い 無い 나+이(ナイ)
な+ら  奈良 나+라(ナラ)  国
は+な 花・鼻 하+나(ハナ)  一つ
は+る 하+루(ハル) 一日
ゆ+り 百合 유+리(ユリ) ガラス
漢字語
ウン 운(ウン)
無料 ムリョウ 무료(ムリョ) 無料
家具 カグ 가구(カグ) 家具
無理 ムリ 무리(ムリ) 無理

ハングルのかな表記を見ながら、日本語の単語を作ってみましょう!それが、韓国語でも何か意味を成すかもしれません。

また、漢字は日本でも韓国でも使われているものなので、同じ発音のものも多くあります。

このように、文字遊びをして韓国語の発音や単語を覚えていくのはいかがでしょうか?
辞書を片手に語彙力をふやせるかもしれません。

でも、発音はやはりネイティブの先生に学ばないと聞き取ってもらえないことが多いので、
興味があるという方は、KVillage韓国語講座の体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国人の先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪校
なんば心斎橋校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 大好きな気持ちをもっと伝えたい!時に使える韓国語

  2. 日本語と似ている韓国語を学んでみよう!

  3. 韓国で最新映画を見るには?~字幕なし、オール韓国語の映画鑑賞…

  4. 自室でご飯を食べたい!テイクアウトしてみよう ~初めての韓国…

  5. 始めよう!韓国語。韓国語の基礎知識を学ぼう!

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。