韓国語コラム | 韓国語「クロㇺ(그럼)」の意味・使い方は?「クロン(그런)」との違いも解説!

韓国語「クロㇺ(그럼)」の意味・使い方は?「クロン(그런)」との違いも解説!

韓国語の独り言や、会話を改めて始めるときなどによく聞かれる「クロム」というフレーズ、意味をご存知ですか?
カタカナで書くと「クロㇺ」ですが「クロン」と聞こえるという人も多いようです。

この「クロㇺ」という韓国語は「そうしたら、それでは」などの意味で使われるのですが、実は他にも似たような発音で意味が違う韓国語があります。聞き間違えやすい「クロン」もその一つ。

日本人が聞くと同じように聞こえて、日本語で書くと同じように書いてしまうのですが、韓国語では全く違う文字で、もちろん発音も意味も違うんです。

今回はこの「クロム」の正しい意味や使い方、そして間違えやすい「クロン」との違いを見ていきたいと思います。

韓国語「クロム(그럼)」の意味・使い方は?

「クロム シジャッカプシダ!」
これは韓国語の授業でもよく先生が生徒に使うフレーズです。

ハングルで書くと「그럼 시작합시다」となります。意味は「それでは始めましょう!」です。

授業の始まりなんかに、ざわざわしていたみんなが先生に注目し、「パン!」と手を打ちながら使っているイメージです。

「그럼(クロム)」の意味は「そうしたら、それでは」なのですが、この「그럼(クロム)」は、話題の転換なんかの時によく使われます。会話でもアクセントになりとても重要な役割を果たします。しかし、文字、文章ではあまり見かけません。主に会話で使われるのです。

それはこの「그럼(クロム)」が省略語だからです。詳しく見ていきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

韓国語「クロム(그럼)」は「그러면(クロミョン)」の略

韓国語「クロム(그럼)」は「그러면(クロミョン)」の省略語です。

「~면」の形は仮定形なので、意味が「そうしたら、それでは」となります。口に出してみると、「그러면(クロミョン)」より「クロム(그럼)」の方が簡単ですね。

もちろん「그러면(クロミョン)」もよく使います。会話で使うのは間違いというわけではありません。

そして、この「クロム(그럼)」ですが発音にも注意してください。日本語で読み仮名を書くと「クロム」と書くことが多いですが、実際の発音は、最後の「ム」は「ム」ではなく、唇を上下しっかりくっつけた「ン」と言うのがネイティブの発音に近いです。

「ん」の発音は日本語では「ん」の一文字だけで表しますが、韓国語や英語は「ん」にはたくさんの種類があります。英語で言うと「N」と「M」は授業でその違いをマスターするのに苦労したものですよね。韓国語は「ん」の発音はパッチムで表しますが、「ㄴ・ㅁ・ㅇ」の3種類に分かれています。

今回の「クロム」は「그럼」ですね。ㄴを使ったとてもよく似ている「그런(クロン)」という韓国語もあるのでややこしい・違いがわからないという人が多いようです。こちらは後でじっくり見ていきましょう。

まずは「クロム(그럼)」の方から見ていきます。

LINE@追加

韓国語「クロㇺ(그럼)」を使った例文・フレーズ

그럼 어제 학교에 안 가고 놀러 갔어?

クロム オジェ ハッキョエ アン カゴ ノルロ カッソ
(それでは、昨日学校に行かずに遊びに行った?)

그럼 우리집으로 밥 먹으러 와!

クロム ウリジブロ パプ モグロ ワ)
(そうしたらうちの家にご飯食べにおいでよ!)

また、「だったら〇〇しなくていいよ!」のような日本語の決まり文句のように、「クロム(그럼)」を使うこともよくあります。

공부 싫어.. 죽겠다… / 그럼 하지마.

コンブ シロ…チュッケッタ…/クロム ハジマ
(勉強嫌だ、死にそう…/だったらやめな)

나 야채 싫어… / 그럼 먹지마!

ナ ヤチェ シロ…/クロム モッチマ!
(私、野菜嫌い…/だったら食べるな!)

お母さんが子供に言っている様子が思い浮かびますね。省略語なので、日常会話でよく使われることが多いです。ドラマでもよく出てくるので注意して聞いてみるとよいでしょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語「クロム(그럼)」と「クロン(그런)」の違い

韓国語「クロム(그럼)」の意味や使い方を見てきたところで、よく似ていて混同しやすい「クロン(그런)」との違いについて見ていきましょう。

韓国語「クロム(그럼)」は「그러면(クロミョン)」の省略語だと先ほど見ていきましたが、「クロン(그런)」の方は修飾語になります。

そんな学校 → 그런 학교(クロン ハッキョ)
そんな人 → 그런 사람(クロン サラム)
そんな車 → 그런 차(クロン チャ)

「クロム(그럼)」は「그러면(クロミョン)」も元々「そうだ」という意味の「그렇다(クロッタ)」が変化・活用しているものです。

韓国語の形容詞は現在連体形(名詞を修飾する形)で語幹にパッチムがない時語幹+ㄴとなりますね。さらに「그렇다(クロッタ)」はㅎパッチムが脱落する変則なので、連体形になると「クロン(그런)」になるわけです。

これは、どうやって使い分けるかは、それほど難しくありません。「クロム(그럼)」のほうは「そうしたら、それでは」の方は接続詞のように使われるので、前の話題を受けて、「そうならば」と次に何かが続くときに使われますし、「クロン(그런)」の方は名詞の前に来ます。

問題は、聞き分け・ヒアリングですね。先ほどもちょっと触れましたが、「ん」の発音は日本語では一文字で書き表していて、区別しないため、韓国語の「ん」の発音の区別、パッチムの違いがわかりにくいのです。

特に「クロム(그럼)」の方は、会話で使われることが多いのでスピードも速いことが多いので問題です。ヒントとなるのは、話している人の唇です。パッチム「ㅁ」の時の「ん」は上下の唇がぴったりくっついている発音になるので、見ているとわかりやすいと思います。

文章、会話をたくさん聞いて、聞き分けができるように練習しましょう。

韓国語「クロㇺ(그럼)」の意味・使い方まとめ

韓国語「クロム(그럼)」の意味・使い方を見てきました。使い方は覚えれば難しくはなさそうですが、発音・ヒアリングが「クロン(그런)」と似ていて、難しいのでちょっと大変ですね。

余談ですが、「クロン」というと、韓国で人気のアニメのキャラクターであるペンギンのポロロ(뽀로로)の飼っている赤ちゃん恐竜の「クロン」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

セリフはいつも「クロン!クロン!」とそれしか話せないかわいい黄緑の赤ちゃん恐竜のクロンです。(ワニだと勘違いしている人も多いそうですが恐竜ですよ!)

このポロロ(뽀로로)といつも一緒にいるクロンは、韓国語では「크롱」と言います。「クロム(그럼)」とも「クロン(그런)」とも違う「ん」の発音なので一緒に練習してみるのもおすすめです。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は13,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国19校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に19校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数13,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP