韓国語で「僕・私・俺」は何て言う?「僕は、僕の、僕に」などの助詞とセットで覚えよう!

韓国語で「僕・私・俺」は何て言う?「僕は、僕の、僕に」などの助詞とセットで覚えよう!

韓国語で「僕」や「私」、「俺」など自分のことを何て言うでしょうか。

一番大切な単語と言っても言い過ぎではないですよね。

また、「僕たち」「私たち」や「君」「あなた」や「彼」「彼女」も何て言うかちゃんと知っておかないといけませんよね。

そして、「僕」「私」という言葉だけでなく、実際の会話でちゃんと使えるように「僕は」「僕が」「僕の」などのその後に続く助詞ともセットで覚えておきましょう。

韓国語は「僕・私」の区別がない

「僕」や「私」、「俺」を韓国語で何と言うかですが、韓国語では3つも覚える必要はありません。

「僕」も「私」も「俺」もすべて「나(ナ)」という一つの言葉で表せるからです。

日本語では女性が使うか、男性が使うか、また友達に使うかなどで自分を指す言葉が変わります。

でも韓国語では「나(ナ)」の一言で、男性も女性も同じように使えます。

「おいら」「おら」「うち」など日本語にはいろいろと種類があるので覚えるのがちょっと楽で嬉しい気持ちになりますね。

その代わりと言っては何ですが、もう一つ必ずセットで覚えて欲しい言葉があります。

「저(チョ)」です。これは「私(わたくし)」という言い方です。

先生や先輩、お年寄りやビジネスの相手になど目上の人に対して自分を丁寧に言う時の言い方ですね。

僕、私、俺


私(わたくし)


チョ

男性も女性も同じ言い方になりますが、この2種類は話をする相手によって使い分けないといけないのでしっかり覚えておきましょう。

「僕は」「私は」「僕たちは」を韓国語で

「僕、私、俺」が나(ナ)、「私(わたくし)」が저(チョ)と言うことを覚えましたが、これだけでは不十分です。

しっかり韓国語で会話をするためには、「僕は日本人です」「私は田中と申します」などの文章で使えないといけませんよね。

まずは「~は」という言い方を覚えましょう。

~は

~는/은
~ヌン/ウン

助詞の「~は」にあたる韓国語は「~는/은」の2種類があります。

これはその前に来る言葉にパッチムがない場合は「~는」で、パッチムがある場合は「~은」を使うという違いがあります。

しかし、「僕」や「私」を言いたい時にはどちらもパッチムがないので「~는(ヌン)」で大丈夫です。

そしてもう一つ「僕たち」「私たち」という言い方も覚えておきましょう。

僕たち 私たち

우리
ウリ

「僕たち」「私たち」は「우리(ウリ)」と言います。こちらも女性や男性などいう人によって言い方が変わることはなく一つだけです。

それでは文章で見ていきましょう。

僕は日本人です。

저는 일본 사람입니다.
チョヌン イㇽボン サラミㇺニダ

私は田中と申します。

저는 다나카라고 합니다.
チョヌン タナカラゴ ハㇺニダ

私は韓国語を勉強しています。

나는 한국어를 공부해요.
ナヌン ハングゴルㇽ コンブヘヨ

私たちはキムチを食べました。

우리는 김치를 먹었어요.
ウリヌン キムチルㇽ モゴッソヨ

4つ文章を紹介しました。すべてですます調ですが、1,2番目の例文は、話をしている相手に特に丁寧に「私(わたくし)は」と言っているのが分かりますね。初対面で自己紹介をする時は丁寧に「저(チョ)」を使ったほうがいいですね。

違いを覚えてしっかり使えるようにしておきましょう。

「僕を」「私を」「私たちを」を韓国語で

次は「僕を」「私を」「私たちを」の言い方を見て行きます。

~を

~를/을
~ルㇽ/ウㇽ

こちらも「~は」と同じように2種類言い方があります。

その前に来る言葉にパッチムがない場合は「~를」で、パッチムがある場合は「~을」を使うという違いがあります。

こちらも例文で見ていきましょう。

僕を見て。

나를 봐.
ナルㇽ ポァ

私を呼んだ?

나를 불렀어?
ナルㇽ プㇽロッソ

私たちを空港に連れて行ってください。

우리를 공항에 데려다 주세요.
ウリルㇽ コンハンエ テリョダ チュセヨ

「僕が」「私が」「私たちが」を韓国語で

次は「僕が」「私が」「私たちが」の言い方を見て行きます。

~が

~가/이
~ガ/イ

こちらも「~は」と同じように2種類言い方があります。

その前に来る言葉にパッチムがない場合は「~가」で、パッチムがある場合は「~이」を使うという違いがあります。

そして、この「~が」の時には「僕」「私」「私(わたくし)」という言葉も変化します。

僕が 私が

내가
ネガ

私(わたくし)が

제가
チェガ

これまでのように「僕・私」を「나」とすると「나가(ナガ)」になりがちなんですが、実際は「내가(ネガ)」へ変わりますので気を付けてください。より丁寧な「저」も助詞「가」が付くと「저가」ではなく「제가」になります。

例文で見てみましょう。

今日は僕が先に起きました。

오늘은 내가 먼저 일어났어요.
オヌルン ネガ モンジョ イロナッソヨ

日曜日は私がご飯を作ります。

일요일은 내가 밥을 해요.
イリョイルン ネガ パブㇽ ヘヨ

私たちが教室を掃除します。

우리가 교실을 청소합니다.
ウリガ キョシルㇽ チョンソハㇺニダ

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINE@追加

「僕の」「私の」「私たちの」を韓国語で

次は「僕の」「私の」「私たちの」の言い方を見て行きます。

僕の・私の

나의
ナエ

日常会話では縮約形の「내(ネ)」がもっと使われます。

わたくしの

저의
チョエ

この場合も縮約形の「제(チェ)」がもっと使われるので一緒に覚えておくと良いですね。

私たちの

우리의
ウリエ

「私たちの」に限らず「〇〇の」という言い方は「〇〇의」と言うことが出来ます。
しかし、韓国語の場合、日常会話では「〇〇의」を省略することが多いです。

例文で見てみましょう。

僕の弟は小学生です。

내 남동생은 초등학생이에요.
ネ ナㇺドンセンウン チョドンハッㇰセンイエヨ

韓国留学が私の夢です。

한국 유학이 내 꿈입니다.
ハングンニュハギ ネ ックミㇺニダ

ここが私たちの学校です。

여기가 우리의 학교입니다.
ヨギガ ウリエ ハッギョイㇺニダ

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

「君」「あなた」を韓国語で

最後に「僕・私・私たち」だけでなく「君」「あなた」の韓国語もチェックしておきましょう。

君・お前


あなた

당신
タンシン

まず、英語の「YOU」に当たる「君」や「あなた」ですが、こちらは言い方が2種類あるので違いをしっかり知っておく必要があります。

友達や年下などの仲の良い相手には「너(ノ)」を使います。

しかし、ですます調や敬語を使うような相手にはこの「너(ノ)」を使ってはいけません。

とても失礼にあたります。タメ口を使うような相手にだけ「너(ノ)」は使うようにしてください。

より丁寧な表現で「당신(タンシン)」を覚えてる方も多いと思いますが、実際韓国人はほとんど使わない単語です。目上の人やビジネスで相手のこと呼ぶときは名前にさん(씨)を付けたり、肩書きで呼ぶので気を付けましょう。

こちらも例文で見てみましょう。

君は何歳なの?

너는 몇살이야?
ノヌン ミョッサリヤ?

ジミンさんが先に車に乗ってください。

지민 씨가 먼저 차를 타세요.
ジミンッシガ モンジョ チャルㇽ タセヨ

また、「君」も「~が」の助詞を付ける時「너가(ノガ)」ではなく「네가(ネガ)」に変わるので気をつけましょう。

ただ、「僕が」の「내가(ネガ)」と「君が」の「네가(ネガ)」は発音が同じで韓国人でも紛らわしいので、日常会話では「僕が」の「내가(ネガ)」を「니가(ニガ)」と言います。

どちらも覚えておいてくださいね。

韓国語で「僕・私・俺」は何て言う?まとめ

韓国語で「僕・私・俺」は何て言うのかを見てきました。

日本語のように性別で「私」や「僕」「俺」と言い換える必要はなく、英語と同じように一つの言い方しかありません。

しかし、「私(わたくし)」と敬語を使うような相手には「저(チョ)」という言い方があることはしっかり覚えておきましょう。

会話ではよく使う単語なのでちゃんと使い分けられるようにしておきたいですね。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP