韓国語初心者の人におすすめの勉強方法!どんな本が必要?何から始める?難しいポイントも!

韓国語初心者の人におすすめの勉強方法!どんな本が必要?何から始める?難しいポイントも!

韓国語を勉強したい!

でも全く初めてで、初心者だと、いろいろわからない事がありますよね。

「何から始めたらいいのかな?」
「どんな本や教材がいいのかな?」
「みんなが苦労している難しいポイントってなんだろう?」

せっかく、韓国語に興味を持って勉強を始めようと思っても、いきなり悩むことがたくさんで困ります。

そこで、今回は韓国語を勉強し始めて間もない初心者の人におすすめしたい勉強方法と言うことで、どんな本が必要なのか、何から始めればいいのか、みんなが苦労している難しいポイントは何なのかを調べてみたいと思います。

韓国語初心者は何から始めるのがおすすめ?

まずは、「韓国語の勉強をしようと思ったら何から始めればいいのか?」について見ていきたいと思います。

英語ならABC、日本語ならあいうえおということで、やはり韓国語の場合も、基本となるのはその文字です。

韓国語の場合はハングルという文字から勉強を始めていくのがおすすめです!

でも普段から生活にアルファベットが溢れている英語と違って、韓国語に使われているハングル文字は全くなじみが無いという人がほとんどでしょう。

なので、ハングル文字は置いておいて、日本語のカタカナで発音を覚えていけばいいという勉強方法が時々見られます。

しかし、これは本当に韓国語を勉強したいと思っているなら、おすすめできない方法です。

なぜなら、ハングルは表音文字と言って、一つの文字に対して発音がきっちり決まっています。

英語の場合は同じ「A」でもAPPLEやCATなど、単語によって読み方が変わりますが、韓国語はそういう事がありません。なので文字を先に覚えてしまった方が、どんな韓国語でも読めるようになるので、結局は近道ですし、文字が読めないままだと行き詰ってしまうことに陥りやすい傾向にあります。

それに韓国語は日本語ととても文法が近く、日本人は文法の勉強に関してはあまり心配する必要がありません。

なので、文字が読めるようにしておくと、そこからぐっと勉強が進めやすくなるんです。

とはいえ、なじみのない文字なので、最初はなかなか覚えるのに苦労することでしょう。

でもハングル文字はとても覚えやすい文字、反切表というカタカナの九九を覚えるような一覧表を使えば、誰でも書けるようになるし、読めるようになるというとても考えられた文字なんです。

知識の革命という呼び名がついているほど!

なので、最初から苦手意識を持たず、韓国語の初心者の人もまずは基本となる、ハングル文字から勉強をスタートさせましょう。

韓国語初心者の勉強におすすめの本って?

そうすると、初心者の人が次に必要になってくるのはハングル文字を覚えるための教材、本ですよね。

どんな本がおすすめなのでしょうか。

ハングルを覚えるために初心者の人におすすめしたい本のポイント

  • 反切表が載っている本
  • 子音と母音それぞれの書き方、書き順が学べる本
  • 子音と母音それぞれの発音が学べる本
  • 子音と母音を組み合わせた書き方が学べる本
  • CDなどで音声が聞けて発音も合わせて学べる本

このようなポイントで探してみましょう。

後はイラストが多い方がやりやすいとか、解説がたくさんある方が好きとか、繰り返しドリルのように書いて練習できる方がよいなど、自分の好みに合わせて探すとよいでしょう。

今は、動画でハングル文字を覚えることが出来るような本も登場しています。

分厚い本である必要はありません。まずは、ハングル文字を覚えるという事にポイントを絞って選ぶのがおすすめです。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
教室に通って韓国語勉強をするメリット!おすすめの教室のタイプや選び方は?

LINE@追加

韓国語初心者が苦労する難しいポイント

ハングル文字は、勉強を始めると思ったよりも覚えやすいという声が良く聞かれます。

ハングル文字の発音はローマ字の仕組みと同じで、子音と母音を組み合わせて読むという方法で読めるようになります。

ハングルを書くときは、母音の長い棒に注目します。長い棒が縦向きのときは子音は左、長い棒が横向きのときは子音が上というルールさえ覚えれば、反切表を見ながらすぐに書けるようになります。

全部覚えるのには、もちろん時間がかかりますが、ひらがなやカタカナを一から覚えるのに比べれば、ハングル文字は組み合わせなので、とてもスムーズに覚えられますよね。

しかし、どうしてもみんなが苦労するポイントと言うのはやはりあります。

それは、【正しい発音】です。

韓国語は、日本語よりも母音も子音も種類が多く存在します。

つまり、普段日本語で使わないような音、または区別していない音を表現していることがあります。

例えば「ㅓ」「ㅗ」という母音や、「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」の子音などですよね。

これは、英語の時にRの発音やMとNの発音の練習の時に苦労したのと同じことですが、やはり普段から使わない、初めての発音なのでどうしても苦労します。

単純に本に書いてあるフリガナだけを見ていても身に付きません。

唇や舌、そして息の使い方など色んな事を意識して、正しく練習しないと身に付きませんし、聞き分けることも難しいです。

本を使って、独学で勉強していると、誰もが苦労するポイントと言えるでしょう。

最初に間違った発音の癖がついてしまうと、そのあと修正するのはもっと大変です。最初から、音声や動画も取り入れて、しっかり意識して練習するように心がけましょう。

そうすると、やはり韓国語教室に通って、ネイティブの先生から習うのが一番です。

上手く発音が身に付いていないと感じる人は、一度教室に通ってレッスンを受けるのもおすすめですよ。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語初心者だからこそバランスよく勉強することが大切!

韓国語を始めて間もない初心者の人におすすめの勉強方法を調べてきましたが、大切なことは、何から勉強をするのかという順番や方法です。

しかし、韓国語は言葉なので、人と話したり、聞いたりするコミュニケーションができることがとても大切なゴールです。

その為には、本で書いたり読んだりだけの勉強をするだけでなく、聞いたり、話したりというアウトプットの練習も必要になってきます。

英語でもそうですが、一人で落ち着いて考えれば出てくる、知っているはずの言葉やフレーズもいざ話すとなると出てこないというのは韓国語の場合でもよく起こります。

本でいくら頑張って勉強をしていても、相手に伝えられなかったり、聞き取れなかったりするのはとてももったいないことですよね。

せっかく、韓国語を勉強するなら、最初から使うことを想定して、話したり、聞いたりする双方向の勉強も意識して取り入れるようにしましょう。

韓国語初心者の人におすすめの勉強方法!どんな本が必要?何から始める?難しいポイントも!まとめ

韓国語初心者の人におすすめの勉強方法とは?どんな本が必要で、何から始めればいいのかなどを調べてみました。

難しい本や参考書だけが勉強になるとは限りません。

絵本や歌、好きなアーティストの楽曲も勉強に活用することが出来ます。

まずは基礎となるハングル文字の読み書き、そして正しい発音を身に付けて、どんどん韓国語の世界を広げていきましょう。

1人で勉強を進めるとどうしても難しいことも出てきます。

教室を利用するなども検討して、バランスよく勉強を進めていきましょう。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP