韓国語コラム | 韓国語勉強のコツまとめ!ハングル文字に発音・単語の覚え方!初級の壁を乗り越えよう!

韓国語勉強のコツまとめ!ハングル文字に発音・単語の覚え方!初級の壁を乗り越えよう!

韓国語の勉強を始めたばかりの初級の段階には、いろいろ悩ましい問題がたくさんあります。

何から勉強していいのかわからない!
ハングル文字が覚えられない!
韓国語って発音が難しい!
一度覚えた単語なのに思い出せない! などなど。

心当たりがあるという人も多いのでは?

難しい、わからないという壁を感じているのは、勉強がステップアップしている証拠です。

そこをうまく超えるコツを活用し、どんどん次のステージに進みませんか?

今回は、韓国語初級の壁を乗り越えるいろんな勉強のコツについて調べてみました。

韓国語勉強にコツってあるの?

「韓国語勉強のコツって言うけど、そんなものあるの?」

勉強と一言に行っても、方法は人それぞれ。

特に、韓国語も含めて語学を勉強すると言うのは、ゴールや目標が人それぞれ違うため、アプローチの方法がたくさんあり、コツと言っても答えは一つではありません。

ペラペラとネイティブと話せるようになるくらい、英語や韓国ドラマを字幕が無くても分かるようになるくらいなど、なりたい姿を描いていても、そこにたどり着くには色んな壁を乗り越えていかなければなりません。

言葉をマスターするには、読む・書く・聞く・話すといろんな角度から勉強を進める必要があります。

韓国語の場合もそれは同じことです。

でも、勉強の段階において苦労する点はきっと誰もが感じているはず。

そしてそれを乗り越えている人はたくさんいます。みんなどのように勉強していたのでしょうか?

今回は、韓国語勉強を始めたばかりの初級の段階で多くの人が苦労するポイントに絞って参考になる勉強のコツを探していきたいと思います。

韓国語初級の勉強のコツ【順番】

まず一つ目のコツは「韓国語を勉強する順番」です。

韓国語を勉強して間もない頃は、何もかもがわからない状態でした。
まず、文字が読めないという人がほとんどでしょう。

そんな段階から、一体何をどんな順番で勉強するのが正解なのでしょうか。

まずはハングル文字を覚えることが第一歩!

時々、韓国語はハングル文字が難しいからカタカナで覚えるという方法で、勉強を始める人がいるようですが、あまりお勧めできません…

確かにハングル文字はアルファベットと違ってゼロから覚えないといけないので、最初は大変に思うかもしれませんが、まずは【最初からハングル文字を覚える!】

これが韓国語勉強のコツです。

ハングルの基本となる文字は24文字。母音が10個、子音が14個です。その組み合わせてたくさんの文字を表しているのでとても勉強しやすい文字なんです。

読み方もローマ字の要領でちょっと勉強すれば絶対誰でも読めるようなります。

なので、回り道に思うかもしれませんが、最初からハングル文字を勉強した方が絶対に近道だし、上達もはやい!スムーズなスタートが切れるんです。

是非、ハングル文字を覚える順番で勉強をスタートしてみて下さい。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強のできる塾や教室のメリットは?自分に合うスタイルの選び方に韓国の塾事情ものぞき見!

LINE@追加

韓国語初級の勉強のコツ【発音】

二つ目の勉強のコツは「発音」です。

日本語では使わない発音がいくつかある韓国語は、多くの人が最初に苦労する点です。

正しい発音を身に付けるコツはあるのでしょうか?

基本となる発音の練習方法としては「発音を聞く」そして「実際に声に出す」ですよね。

テキストで説明を見るだけでなく、実際に音を聞いて自分でも話してみることが一番大切です。

でも、そこから上手になる為のコツとしておすすめしたいのがこちらのふたつの練習方法です。

舌・のど・唇の動きにも注目して練習

一文字ずつだけでなく単語として練習

なかなか上手にいかない時は基本に立ち戻り、舌・のど・唇などの動きにも注意して練習する意識を持ってみましょう。

そして、例えば「까」の練習とする時、この文字だけを練習するだけでなく「아깝다(惜しい:アカッタ)」や「가까이(近く:カッカイ)」など別の音とセットで覚えられる単語の形でも練習を取り入れてみましょう。

案外、一文字だけ言うよりもあっさり正しい発音ができることもありますし、単語も覚えられて一石二鳥です。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語初級の勉強のコツ【単語】

三つ目のコツは「韓国語の単語の覚え方」です。

単語を覚えるのは単純な暗記とならないことが大切なポイント。

人の記憶はあいまいなもので、一度覚えたと思っても使わなければどんどん忘れていくものです。

なので忘れないうちに見直して記憶を定着させるのが暗記のコツとして良く知られています。

他には、「無理やりにでも語呂合わせを作って覚える」「文字だけでなくイラストとセットで記憶しやすくする」なども有名です。

韓国語の場合は他にもあります。

中でもおすすめは日本と同じ漢字を使った漢字語に注目して覚える方法です。

例えば、トイレ:화장실(ジファジャンシル)。

これは実は化粧室という漢字の韓国語読み。室は실(シル)なんです。

教室:교실(キョシル)
室内:실내(シルレ)
室長:실장(シルチャン) と、このように漢字つながりで色んな単語に広がります。

교실(教室)の교でも同じような方法で単語がたくさんあります。

学校:학교(ハッキョ)
教育:교육(キョユッ)
教科書:교과서(キョックァソ)…

학교(学校)の학もたくさん出てきます。

学生:학생(ハクセン)
数学:수학(スハッ)
大学:대학교(テハッキョ)

全部が同じというわけではありませんが、同じ漢字を使った単語はたくさんありますので、注目してみるとどんどん単語が広がります。

漢字で単語を覚えておくと、記憶にも残りやすいというメリットもあります。

日本語と韓国語にはたくさん共通の漢字語があり、発音が似ている単語もたくさんあります。

勉強が進むにつれ、たくさん出会うことになりますので、長く勉強をしていると初めて見た単語でも何となく予想がつくことがあるということも珍しくなくなります。

単語の量を増やしたいと思っている人は是非試してみて下さい。

韓国語初級の勉強のコツ【習慣化】

四つ目のコツは「韓国語勉強を習慣化させるコツ」です。

韓国語に限らず、勉強はどれだけ頑張ってもそれが続かないと意味がありませんよね。

でも、その継続こそが、一番と言ってもいいくらい難しいことです。

皆はどんなコツを使って勉強を習慣化しているのでしょうか?

  • 一日10分勉強!短い時間の目標を立てて無理が無いようにする
  • 朝起きてから、夜寝る前、晩御飯を食べてからなど毎日のルーティンとセットで計画を立てる
  • 通学時間、お手洗いの時間、お風呂の時間、ベットに入ってからのスキマ時間で勉強する
  • スマホのアラートをセットして忘れないようにする
  • 挫けないようにSNSや友達へのメッセージなどで宣言をする
  • 勉強の終わりに次の勉強することを決めて、何をするか迷わないようにする

などなど。

勉強の習慣を続けるのは、やはりみんな苦労するので色々工夫をしているようですね。

最初は無理なく続けられる目標を決めて、習慣化することを目指してみましょう。

韓国語勉強のコツまとめ!まとめ

みんなが実践している韓国語勉強のコツを探して集めてみました。

参考になるもの、自分でも実践できそうなものはありましたか?

勉強しているといろんな段階で難しいことがあるものですが、工夫をしながら楽しく進めていきたいですね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP