韓国語コラム | 韓国語勉強の順序は?初心者におすすめのハングル文字や単語に文法を学ぶ順序をチェック!

韓国語勉強の順序は?初心者におすすめのハングル文字や単語に文法を学ぶ順序をチェック!

韓国語勉強を始めようとしている初心者の人は、一体何からどんな順序で勉強していけばいいのでしょうか?

韓国語で使われている文字はハングル文字ですが、アルファベットと違ってきちんと勉強しないと読めないし、書けないし全然なじみがなくて難しく思う人が多いでしょう。

なので、カタカナで発音を覚えてから単語や文章を勉強するという順序で始める人もいるようですが、それはあまりおすすめできません。

特に、きちんと韓国語を話せるようになりたい、マスターしたいと思っている人ほど、まずはハングル文字から勉強していただきたいのです。

ハングル文字は一見難しいようですが、大丈夫です。心配いりません!

きちんとポイントを理解すれば、誰でも書けるし、読めるようになります。

最初にハングル文字から勉強していれば、その後もどんどん進めていけます。

韓国語勉強の順序!最初はハングル文字から!

何故、韓国語の勉強の順序として先にハングル文字をおすすめするのか、その理由から知りたいですよね。

ひと言で言うとそれが一番の上達の近道だからです!

なじみのない文字であるハングル文字を、最初に勉強するということは、韓国語を勉強する最初の壁とも言えますが、そこを超えることで後がぐっと楽になります。

逆に言うと、ハングル文字を避けて勉強したまま続けていくことは、後から絶対にマイナスになるでしょう。

でも、安心してください。ハングル文字をマスターするのは案外難しいことではありません。

反切表という一覧表を使って、ハングル文字の基本の仕組みである二つのポイントを理解すれば、誰でもすぐにハングル文字は書けるようになるし、読めるようになります。

ハングル文字の基本となる文字は、たったの24文字。

母音が10、子音が14の計24文字だけなんです。

しかも、文字ひとつひとつの発音が決まっているので、ひらがなやカタカナのように覚えればちゃんと読めるようになります。

英語のように単語によって発音が変わることもないので、覚えてしまえばどんな文章でも読めるようになるんです。

そして理解するべき二つのポイントもすごくシンプル!

【1】子音と母音の組み合わせで読む

【2】子音と母音は左右か上下に並べて書く

この二つです。

完全に覚えられるようになるまでは、反切表を使ってたくさん韓国語に慣れていきましょう。

自分の名前、家族の名前、友達の名前など日本語を韓国語で書いて、ハングルを定着するまで練習するのもおすすめです。

ローマ字と同じように、どんな発音でもハングルで書けるようになるまで反切表と仲良くなってください。

ハングル文字を覚えたら次の順序は単語

ハングル文字が覚えられたら、次の順序はいよいよ韓国語の単語です。

でも、いきなり難しいものから始めるのではなく、パッチムのない単語から始めていきましょう。

ここで、日本語にない韓国語の母音や子音の発音をしっかり身に付けることも意識していきたいです。

実際の音声や動画を使いながら、韓国語の発音を自分のものにできるように、簡単な単語を練習していってください。

そこから、パッチムのある単語に進んでいきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語で数字の勉強!漢数詞と固有数詞って?!使い分けや発音をチェック!数を数える単位も!

LINE@追加

韓国語勉強!次の順序は基本の文法

ハングル文字を覚えて、単語を練習し、発音が身に付いてきたら次は基本となる文法に進みましょう。

英語の勉強でもそうですがまずは「私は〇〇です。」「これは〇〇です。」「あれは何ですか?」など2語から3語の基本的な文法を勉強していきます。

基本的な文法を覚えて、韓国語の文章を話すことに慣れていきましょう。

文字を読んで理解するのはもちろん、自分でも書けるように、そして正しく発音できるようにという点を意識して勉強してください。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語勉強!次の順序は基本の助詞

基本の文法をマスターしたら、次は基本の助詞を覚えましょう。

日本語と同じで、韓国語にも助詞があります。

たった一文字や二文字しかありませんが、間違っていると文章の意味がおかしくなったり、通じなかったりするとても大切な要素です。

【A】私は日本人です。

【B】私が日本人です。

この二つの文章を見ても分かるように、助詞一つだけで伝えたいニュアンスが全然違ってきますよね。

英語にはないこの助詞ですが、韓国語にあるというのは日本人にとってとても大きなアドバンテージです。

一つずつ覚えていく必要がありますが、単純に暗記するのではなくこれまで覚えた単語を使って、文章として覚えていきましょう。

韓国語勉強!次の順序は基本の動詞、形容詞

基本的な文法、助詞を覚えて、韓国語の文章に慣れてきたら次は動詞や形容詞を覚えていきましょう。

いきなり、動詞や形容詞などは活用が難しいので、最初は基本の「~ます」という形から大丈夫です。

行く→ 가다 / 갑니다 / 가요
来る→ 오다 / 옵니다 / 와요
食べる→ 먹다 / 먹습니다/  먹어요
読む→ 읽다 / 읽습니다 / 읽어요
勉強する→ 공부하다 / 공부합니다 / 공부해요

大きい→ 크다/  큽니다/  커요
小さい→ 작다 / 작습니다 / 작아요
長い→ 길다 / 깁니다 / 길어요
短い→ 짧다 / 짧습니다 / 짧아요

韓国語のですます調は2種類あります。

原形から基本のですます調を練習するだけでも、なかなかとても大変です。

でも動詞や形容詞の勉強をスタートすると、表現できること・理解できることがぐっと増えるのでもっともっと楽しくなるはず!

これまで勉強してきた、基本の文法、そして助詞も勉強が進めば進むほど、どんどん自分の中に定着してくるはずです。

目で見て覚えるだけでなく、たくさん声に出して読む、音声を耳で聞くことを取り入れて、勉強を進めて行ってください。

韓国語勉強は、本やテキストからだけ、ノートに書くだけではありません。

好きなアーティストの歌やドラマ、映画、アニメ、SNSなども活用して、楽しみながら続けられる方法もどんどん探していきましょう。

韓国語勉強!次の順序は基本の挨拶

韓国語を勉強し始める初心者の人の、順序として最後に挙げるのは基本の挨拶です。

基本を身に着けてきましたが、初級の最後として挨拶を身に付け、実際に韓国語を使って会話をする準備を整えましょう。

おはよう/こんにちは/こんばんは 안녕하십니까?/안녕하세요? アンニョンハシムニカ/アンニョンハセヨ
さようなら(行く人へ) 안녕히 가세요 アンニョンヒ カセヨ
さようなら(残る人へ) 안녕히 계세요 アンニョンヒ ケセヨ
ありがとうございます 감사합니다 カムサハムニダ
ありがとう 고마워요 コマウォヨ
ごめんなさい 미안해요 ミアネヨ
申し訳ありません 죄송합니다 チェソンハムニダ
いただきます 잘 먹겠습니다 チャル モッケッスㇺニダ
ごちそうさまでした 잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ
おやすみなさい 안녕히 주무세요 アンニョンヒ チュムセヨ

既にフレーズとしては知っている挨拶もたくさんあるでしょう。

でも実際に書くとなると難しいものもあるので、順序として最後に持ってきました。

順序通り勉強をしてきたならきっともう全部書くこともできるはず!

そしてハングル文字をしっかり勉強した後で見ると、発音にももっとと気を付けようと思うはず!

後は、どんどんボキャブラリーを増やし、活用を覚えて、表現の幅を広げていきましょう。

韓国語勉強の順序は?まとめ

初めて韓国語を勉強しようとする韓国語初心者の人に、韓国語の勉強の順序をご紹介しました。

最初の順序としてハングル文字を挙げましたが、苦手意識をもって後回しにすることなく、思い切って取り組んでください。

文字が読めるようになるとその後の韓国語勉強がぐっと楽しくなりますよ!

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP