韓国語コラム | 韓国語勉強の効果をもっと上げるおすすめのノートとは?独学におすすめ!アプトプットノートとリマインドノートを作ろう!

韓国語勉強の効果をもっと上げるおすすめのノートとは?独学におすすめ!アプトプットノートとリマインドノートを作ろう!

ノートをもっと上手にまとめられれば、韓国語勉強がはかどるのに…

でもノートを上手にまとめようとしても、字が汚いし続かない…

頑張ってノートを書くことを意識するといつの間にかその事に一生懸命になってしまって肝心の勉強がおろそかになったり…

そんな風に思うこと、ありますよね。

頑張って韓国語勉強に取り組んでいる人や、独学で勉強している人などに特に多い悩みのようです。

韓国語勉強の効果をもっと上げるおすすめのノートについて調べてみたいと思います。

みんなの韓国語ノートのお悩み

韓国語勉強のノートの書き方に悩んでいるのはあなただけではありません。

誰でも一度は経験があります。

独学で韓国語を勉強しているなど、頑張って取り組んでいる人ほど、ノートの書き方には悩みがつきものです。

どんな風にまとめていいのかわからない…

字が汚くて上手に書けない…

赤ペンや蛍光ペン、暗記ペンなど使ってはみるけど結局ごちゃごちゃ…

ノートを書いたはいいけど、全然覚えられない…

後から見返しても全然頭に入っていない…

こんな気持ち痛いほどわかります。

新しいノートを開き、一ページ目に書き出す時には気合が入るもの。

よし!頑張るぞ!と丁寧に書き始めますが、気が付くといつの間にかぐちゃぐちゃで、自分でも何がしたかったのかわからなくなってしまいますよね。

検索すると、カラフルに上手にまとまっている韓国語ノートが沢山出てきます。

自分でもそんな風にノートがまとめられたら、きっともっと韓国語が上手になるのにとうらやましくなりますよね。

でも、あくまでも韓国語勉強のノートは、韓国語が上手になる為のノートです。

上手にまとめる必要はないんです。

韓国語勉強のノートは上手にまとめる必要はない?!

そもそもノートを取るのは、韓国語の単語や文法、そして発音などを覚えるためですよね。

それができるなら、見た目を美しさは関係ないはずです。

まずは、【ノートは上手に綺麗に書かなければならない】という考えを捨ててみませんか?

ノートは自分の韓国語勉強の為に取るものであって、誰かに見せるものではありません。

上手にノートを取らなくては!という考えを捨て、韓国語勉強の効果をもっとアップさせるノートの書き方にならなくては!と思うようにしてみましょう。

後は、わかっていても、ノートを取る事自体が苦手だからやりたくないという人もいると思います。

時間もかかるし、効率が悪いと思う人もいるでしょう。

そんな人の為に、ノートを取りながら勉強をする効果もチェックしておきましょう。

韓国語勉強の大切なポイントとして、【記憶する】があると思います。

単語、文法、フレーズなどですよね。

ノートを取ることは【記憶に残りやすい】勉強法です。

例えば単語を覚える事を考えてみても、見るだけ・聞くだけでは、すぐに忘れてしまいますよね。

でも手を動かしてノートを取ることは、より体を使い脳に刺激を与えるので、記憶に残りやすいんです。科学的にもその効果は証明されているのだとか。

他には、「自分で頑張って勉強したことが形に残るのでモチベーションが上がる」、「過去の自分の勉強が見直せるので上達を実感できる」、「アレンジが自由にできるので本当にやりたいことが勉強できる」などのメリットも。

ノートを書くことは、韓国語勉強に効果があります。

上手に書く必要はありません。どんなふうにすればいいか、具体的なノートの取り方を調べてみましょう。

アウトプットとリマインドの為のノートを作ろう!

最初におすすめしたい韓国語勉強のノートはアウトプットとリマインドの為のノートです。

一冊しかノートを使っていないという人、参考書やテキストの内容をまとめるのが主なノートの取り方という人に、特におすすめです。

この取り方はインプットの為のノートです。

もちろんそれも大切なのですが、韓国語の効果をもっと上げるためには、勉強したことを自分で書いてみるアウトプット用のノートと、勉強したことを忘れないように見返すことができるリマインド用のノートを作ってみましょう。

アウトプットのノートは漢字の書き取り練習のようなイメージ、リマインド用のノートはやることリストや備忘録のようなイメージです。

勉強したことを整理するために、インプット用のノートをまとめることも大切です。

しかし、韓国語勉強の効果をもっと上げたいと思うなら、インプットばかりではなくしっかりアウトプットする事、そして忘れないようにリマインドする事が大切です。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強におすすめの教材選び!お金をかけずに初心者でも続けられる教材はある?

LINE@追加

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語勉強おすすめノート【アウトプット用】

まずはアウトプット用のノートの書き方を見ていきましょう。

韓国語を勉強し始めて間もない人は、単語をたくさん覚えたいはずですよね。

先ほども例に挙げましたが、漢字を覚える時の書き取り練習を思い出してください。

その場合は、何度も繰り返し書いて練習できるドリル、そして自分で自分をテストできるような穴埋め形式で、覚えたい単語をどんどんノートに書いていきましょう。

ドリル形式はただただ覚えたい単語を繰り返し書くだけなのでシンプルで簡単ですし、穴埋め形式は先に日本語を書いておいて後から韓国語を書くという方法で簡単に出来上がります。

自分で自分に宿題を出す感覚で、是非アウトプット用のノートを作ってみてください。

韓国語勉強おすすめノート【リマインド用】

もう一つのリマインド用のノートは、小さくて持ち歩きに便利なサイズがおすすめ。

何か気になることがあったらあとから見返せるようにメモを残すノートを作り、リマインドの習慣を作りましょう。

実はこれ、ネイティブ並みに韓国語が上手だと定評のあるTWICEのサナさんの韓国語勉強法でもあります。

厳しいことで知られているK-POPの世界、そこにほとんど韓国語が話せない状態で飛び込んだサナですが、そんなサナの韓国語勉強法が、常に勉強をすると言う意識を持つことだったそうです。

韓国の街を歩いていたら目についた看板を全部読んでみる、わからなかった言葉やフレーズが出てきたらそのままにせず周りの韓国人に聞いて教えてもらう、バラエティーやドラマなどをたくさん見て生きた韓国語に触れるなど。

その姿勢が既にすごいのですが、サナは常にノートを持ち歩き、気になった韓国語をメモして、後からかならず見返していました。

分からない言葉が出てきたらすぐにノートに書く、覚えたいフレーズがあったらノートに書く、あれ何て言うんだっけ?と気になったらすぐにノートに書く。

日本語で書くでもいいんです。あとから見返して、時間のある時に辞書で調べられるように、いつでもどこでも気になった時に書けるようなノートを作ってみましょう。

そしてそれを、ベッドに入る前や、お手洗いの中、電車やバスなどの移動中などのスキマ時間に見直し、リマインドしましょう。

韓国語勉強の効果をもっと上げるおすすめのノートとは?まとめ

韓国語勉強の効果をもっと上げるおすすめのノートとはということで、アウトプット用のノートとリマインド用のノートをおすすめさせていただきました。

どちらも上手にまとめようと思う必要はありませんし、今やっている勉強にもすぐに取り入れやすいのではないでしょうか。

上手にノートを取らなくては!と頑張る必要はありません。

それよりも、韓国語勉強の効果をもっとアップさせるノートを書こう言う気持ちで、是非アウトプットとリマインドのノートを試してみてはいかがでしょうか。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は13,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国19校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に19校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数13,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP