韓国語コラム | 【話す】ための韓国語勉強とは?初心者にもできる話す環境作りや続けられる方法は?

【話す】ための韓国語勉強とは?初心者にもできる話す環境作りや続けられる方法は?

韓国語を勉強している人は多いですが、実際に話す機会を作る事に苦労している人も多いですよね。

身近に韓国の人がいても、日本にいる人は日本語が上手でつたない韓国語で話しかけるのは気が引ける…
居たとしても自分の韓国語を離す練習に付き合ってくださいとはなかなか言い出せないし…
そもそもそんな韓国の人の知り合いが身近にいない…

悩みは尽きませんよね。

とは言っても、たくさん話す機会を持たないと、やっぱり韓国語話せるようにならない…

分かっているから悩ましい!そこで今回は初心者にもできる韓国語を話す環境作りや続けやすい話すための勉強のアイデアを調べてみたいと思います。

韓国語勉強をしても話す機会がない?!

韓国語を勉強していても話す機会って意外とないですよね。

英語もそうですが、実際に話す機会がないからいつまでたっても慣れないし、自信が持てない。

いざそんな機会が訪れたとしても、緊張で上手く言葉が出てこないし何を話していいかわからない。

幸運にも韓国語を話す機会があったとしても、相手の返答が聞き取れなかったり、わからないとその後が続きませんし、とても困った空気になる事が想像つきますよね。

お菓子やファッション、コスメにグルメなどハングル文字は身近にあふれていますが、実際に韓国語を話している所はやっぱり少ない、となると話す機会がないというのは、これは当たり前の事なんです。

韓国語を話すというチャンスは日本にいて少ないのは当然です。

また、その機会があったとしても初対面の人との会話になると思うので、スムーズに話せないと言うのも当然の話。

だって、日本語でも初対面の人と最初から和気あいあいと会話が盛り上がるなんて珍しいケースですよね。

ペラペラ話せる日本語でさえそうなのに、勉強中の韓国語で詰まってしまうのはある意味当然です。

少ない機会を無駄にせず、しっかり勉強してきた韓国語を話せるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

韓国語を話すことができるようになるための心構え

韓国語を流ちょうにペラペラと話せるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

日常の会話で困らないくらい、単語や文法をしっかり勉強してからでないと難しいのでしょうか。

そんなことはありません!

むしろ、勉強を始めて間もない韓国語の初心者のうちから、話すことを意識して取り組んでおかないと、知識はあってもいつまでたっても話すことに自信がないままと言うもったいない事になってしまいかねません。

大切なのは【心構え】。

ひと言で言うと「間違って当然!」と言う気持ちでチャレンジする事です。

小さい子供は間違っていても、周りの大人に何かを伝えたいという気持ちで一生懸命に話します。

それを下手だなと責める人はいませんよね。

外国語を勉強している人に対しても同じです。

自分のケースに置き換えてみても、外国の人が一生懸命つたない日本語で話しているのを見て「下手だな」「なんでそれくらいしか話せないの?」と思う事はありませんよね。

逆に少しでも外国の人は日本語を話している場面に遭遇すると、なんだか嬉しくなりませんか?

頑張って日本語を勉強してくれているんだな、ここまで話せるのはすごいなと感じると思います。

自分が韓国語を話すことになって、それを聞いている人も同じ気持ちのはずです。

文法が少しくらい間違っていても、知っている単語が不十分でも、言葉が思い出せないくて詰まったとしても大丈夫。

まずは、そんな風にある意味開き直って、韓国語を話す機会に備えましょう。

そして付け加えるなら、自分の勉強中の韓国語を聞いてくれる人に出会って話すことがあったら、その機会に感謝して、せっかくの機会を自分だけでなくお互いにいい出会いになるよう心掛ける事でしょうか。

一度明けの出会いで話すこともあるでしょうし、その後何度も顔を合わせる事になる人かもしれませんし、それは様々ですが、一期一会の出会いを大切にして、間違って当然!でも話したいという気持ちで臨むようにしましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強の入門に必要な情報をチェック!勉強の前に知っておきたいポイントは?

LINE@追加

何を韓国語で話せばいい?

間違っても当然!という気持ちがあれば初心者でも勉強した韓国語を使って話すことは出来ます。

挨拶や自己紹介をする、そして近況を聞いたりと、普段から初対面の人と出会ったときと同じようなシチュエーションでシミュレーションをして見ると、何を練習すればいいのかわかるはずです。

自分の事を話すだけでなく、相手の出身や年齢、何に興味があるのかなど質問についても練習しておくのも忘れずに。

予め共通の話題などが分かっていたり、聞いて見たい事や興味のある事があるならそれについての単語や情報を仕入れておくのもいいですよね。

あまり思いつかないという人は、韓国で人気の日本の文化、映画やアニメ、旅行にグルメ等の話題がおすすめです。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語を話す機会を作るなら韓国語学校がおすすめ

とは言っても、決まったフレーズを覚えるだけでは、会話はすぐに終わってしまいます。

それにやっぱり最初の内は韓国語を話すことになれていないので緊張しますし、気持ちはあっても言葉が出てこないという事が考えられます。

韓国語を話すことをしっかりマスターしたいのなら、たくさん機会を作る為にも韓国語学校に行ってみる事がおすすめです。

自分の韓国語のレベルをわかってくれている、プロのネイティブの先生との会話の機会をたくさん作る事ができるのはもちろん、ステップアップしていくために必要な勉強も教えてもらえます。

また、日常で出会う人と韓国語を話すことがあったとしても、間違っていたりわからない事を指摘してもらったり、教えてもらったりすることってなかなかできません。

でもそういうプロセスをたくさん経験する事は、韓国語の上達の近道です。

学校ならそういう機会もたくさんあるので、独学では得られない貴重な機会がたくさんあります。

また、一緒に韓国語を勉強する仲間も出来ますので、日本人同士でも韓国語の会話をするチャンスがあります。

会話だけでなく情報の交換も出来ますし、何よりモチベーションが上がります。

学校に行くと初心者の内でも会話がこんなにできるものなんだと驚く人も多いはず!

自分の今の実力を知るという腕試しのつもりでもいいので、体験レッスンから挑戦してみてはいかがでしょうか。

韓国語を話すための続けられる勉強のアイデア集

最後に韓国語を話すために実践されている勉強のアイデアをいくつかチェックしてみましょう。

韓国語で日記や作文を書く習慣をつける

書く勉強は話すことと関係ないのではと思うかもしれませんが、これはアウトプットの練習なので、話すことにも効果がある勉強方法です。

日記や作文なら、自分のペースで落ち着いて表現したい韓国語を考える時間があります。

調べながらでも自分で韓国語を考えて書くことで、たくさん文法や単語を覚えられます。

それを繰り返すことで、いざ話すとなった時も言葉が出やすくなり、話すための勉強にもなるという事ですね。

アニメやドラマなど動画で韓国語会話を聞いて真似する

一人二役と言う感覚で、実際に韓国語の会話を聞いて真似をすると言う勉強方法です。

初心者の内は子供向けのアニメーションが分かりやすいのでおすすめです。

ストーリーやセリフをちゃんと理解できているもので練習してみましょう。

聴くだけでももちろん効果はありますが、ポイントは自分も真似して声に出して見る事。

たくさん動画を見るよりも、一つの動画を何度も繰り返して、自分一人で言えるくらいまで練習してみましょう。

【話す】ための韓国語勉強とは?まとめ

韓国語を話すことができるようになるための勉強方法について調べてみました。

話す機会自体を作るだけでも大変ですし、勉強を始めて間もないうちは、自信が持てないのも当たり前!

そこで自信が無いと消極的になることなく、間違って当然!くらいに考えて、勇気を持ちましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP