韓国語コラム | 韓国語勉強でまずやること!ハングル文字の仕組みを理解して読み書きを最短ルートでマスターしよう!

韓国語勉強でまずやること!ハングル文字の仕組みを理解して読み書きを最短ルートでマスターしよう!

韓国語の勉強を始めようと思ったら、まずやることと言えばなんでしょうか?

韓国語の参考書を買いに行く? 韓国語教室を検索する? 韓国語の辞書を買う?

自分に合った色んな準備が必要ですよね。

でもそれが揃ったとして、何から勉強するのか、韓国語勉強のスタート地点がわからないという人が多いようです。

今回は、「韓国語勉強でまずやること」最初の第一歩について調べてみたいと思います。

韓国語でまずやることと言えば?!

「韓国語勉強でまずやること」最初の第一歩とは何でしょう。

それはずばりハングル文字の読み書き」です!

英語も最初に習うのは「ABC」のアルファベットですよね。

外国語においてその文字を習得するのは、基本中の基本! と言うわけで、韓国語の勉強でまずやることと言えば「ハングル文字の読み書き」なんです。

でも、このように言うと、まだハングル文字が読めない、これから韓国語を始めるという人にはちょっとハードルが高いと感じてしまう事が多いようです。

なぜならハングル文字は、きちんと勉強しないと読むことも書くこともできないから。

英語は身近にあふれていますし、ローマ字を習っていたこともあり、英語は勉強をする前から、アルファベットを読んだり書いたりできたのですが、韓国語はそうではありませんよね。

だから、韓国語の勉強法として、ハングル文字を覚えないまま、カタカナでフレーズを覚えて行こうというものがあるようですが、これはお勧めできません。

一度きりの韓国旅行の為に覚えたいなど、その後は忘れてしまってもかまわないというのならともかく、何か目的があってきちんと韓国語をマスターしたいという人は、ハングル文字から勉強を始めていただきたいです。

始めて勉強するハングル文字ですが、最初にきちんとマスターしておいた方が、その後の勉強がスムーズに進むことはもちろん、上達も早いからです。

カタカナだけで覚える韓国語は、当然韓国語を読めるようにもならないし、正しい発音も身に付かず、結果的には遠回りになるんです。

でも、安心してください。

最初見た時には、何かの記号にしか見えないと思えるハングル文字ですが、実は勉強するのはとっても簡単!

書くことも、読むことも必ずできるようになります!

なので、勉強のスタートでまずやることがハングル文字だと言っても、心配する必要はありません。

ハングル文字は知識の革命とも呼ばれているほどの文字で、その昔韓国の王様が、教育を受ける機会のない平民も含めて広く読み書きの習慣を身に付けられるようにと、簡単に習得できるようにと開発された文字なんです。

だから安心して取り組みましょう。

韓国語勉強の基礎中の基礎・ハングル文字を覚えるために

韓国語勉強でまずやることが「ハングル文字の読み書き」だと言いましたが、そのためにまずはハングル文字の仕組みを理解する事から始めていきましょう。

ハングル文字の仕組み【子音+母音】

ハングル文字は、韓国語は14個の子音と10個の母音からなる文字です。

このうち、子音と母音を組み合わせて文字ができています。

なので、合計24個の基本の文字を覚えれば、後は組み合わせだけなので、書く事も読む事もできるようになるという優れた文字。

具体的に見てみましょう。

ハングルの子音にある「ㄱ」という文字。

これはローマ字で言うと「K/G」の発音に当たります。

そしてハングルの母音にある「ㅏ」という文字。こちらはローマ字で言うと「A」の発音。

組み合わせてみると「가」というハングルになりますが、読み方は「KA/GA」つまり「カ/ガ」と読むんです。

もう一つ子音で「ㄷ」もあるのですが、こちらの発音は「T/D」。

なので「ㅏ」と組み合わせると「다」、「TA/DA」なので「タ/ダ」と読むんです。

違う母音「ㅜ」と組み合わせてみましょうか。

こちらの発音は「U」なので、ハングル文字で書くと「구」となり「KU/GU」なので「ク/グ」、「두」は「TU/DU」なので「トゥ/ドゥ」となります。

組み合わせる時に、左右に並べるか、上下に並べるかの違いはありますが、母音の長い棒が縦の場合は左右に、横の場合は上下に並べるという2パターンだけです。

これにパッチムと呼ばれる、子音がもう一つ付くハングル文字もありますが、24個の文字の書き方と読み方を知っていれば自然と読み書きができるようになります。

ハングル文字は合計24個の子音と母音の組み合わせで出来ているという仕組みをまずは理解して、進んでいきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
みんなの携帯・韓国語勉強活用方法をチェック!アプリや翻訳など何が人気?韓国語を携帯で打つための設定も!

LINE@追加

韓国語でまずやること【ハングル文字の書き方】

仕組みを理解したところで、次はハングル文字の書き方です。

書き方をマスターするのは、漢字と同じ要領で取り組めばOK!

大切なのは、正しい書き順でバランスよく書く事。

漢字の練習と同じで、何度か繰り返し練習すれば、身に付けることができます。

ㅎなど丸い部分がある文字もありますが、ほとんどが直線で構成されている文字なので、漢字の要領で練習することができます。

大切なポイントとしては、いきなり見よう見まねで書くのではなく、一つずつ正しい書き順を意識して練習する事。

何事も最初が肝心!

最初に変な癖がつくと、直すのが大変です。

綺麗な文字を書けるようにするためにも、最初から正しい書き順を一つずつ確認して、練習するようにしてください。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語でまずやること【ハングル文字の読み方・発音】

次はハングル文字の読み方・発音の勉強について。

韓国語は日本語にはない母音、子音があり、韓国語勉強の始めのうちで多くの人が苦労するポイントとなっています。

でもそれは、英語でも同じことですよね。

書き方と同じで、最初のうちに正しい発音を身に着ける事はとても大切です。

正しい発音を身に付けるポイントは「発音を聞く」そして「実際に声に出す」この2つです。

本を見ているだけでは正しい発音はできるようにはなりません。

ネイティブの発音をしっかり聞いて、実際に声に出して練習する事が欠かせません。

聞いて真似して声に出して見るという練習になりますが、是非舌・のど・唇の動きにも注意して練習してみてください。

一文字ずつの練習に加え、単語で練習するという方法もおすすめです。

それでも難しいという人は、是非変な癖がついていない初心者の内に、ネイティブの先生に実際に教えてもらえる韓国語教室を検討してみてください。

自分一人では正しくできているかわからない発音の練習も、プロの先生とならスムーズに習得する事ができるでしょう。

ハングル文字の次に韓国語勉強でやること【単語・文法】

韓国語勉強でまずやることでハングル文字の読み書きを挙げましたが、これができるようになると、どんなに長い韓国語でも読めるようになり、その後の勉強がスムーズに進められます。

韓国語に使うハングル文字は表音文字と言って、ひらがなやカタカナもそうなのですが一つの文字に対して、読み方が決まっています。

なので、文字をしっかりマスターする事により、発音ができるようになっているので、韓国語に慣れた状態で次のステップである単語や文法の勉強に進むことが出来ます。

それに、韓国語の語順は日本語と同じ。

英語は疑問文にする時に、いろいろ順番が変わったりとややこしかったものですが、韓国語の場合は日本語同じなので、文法はとても勉強がしやすいです。

ハングル文字をマスターしたうえで、初級の文法、そして単語から韓国語の勉強を進めていきましょう。

韓国語勉強でまずやること!まとめ

韓国語勉強でまずやること!それはハングル文字の読み書きからという事で、その理由とマスターするためにハングル文字の仕組みについてチェックしてきました。

最初は読む事も書く事もできず、文字になんて見えないと思える人も多いと思いますが、ちょっと勉強すればだれにでも読めるようになります。

日本語なんてひらがなは一つ一つ形も違うし覚えるのは大変、さらにカタカナもある事を考えれば、少しは安心してハングル文字の勉強に取り組めるのではないでしょうか。

是非、韓国語勉強の第一歩として、ハングル文字から取り組むようにしてみてくださいね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP