韓国語コラム | 英語で挫折した人でも韓国語勉強は大丈夫?!英語と韓国語の勉強ポイントを比較してみよう!

英語で挫折した人でも韓国語勉強は大丈夫?!英語と韓国語の勉強ポイントを比較してみよう!

「日本人は英語が苦手だ」

よくそんな話が聞かれてますが、あなた自身はいかがでしょうか?

多くの人は「英語で挫折した」「英語は苦手」そんな風に思っているはず。

でも、最近は韓国語に興味があって、勉強しようと思っているという人が増えているようですが、英語で挫折した経験があるからと尻込みしてしまう事が少なくないのだとか…

でも、英語で挫折したからという理由で、韓国語勉強を諦めてはもったいない!

実は多くの韓国語勉強の経験者は「英語で挫折していても韓国語勉強は大丈夫!」という意見を持っている人がたくさんいます。

なかなか興味深いと思いませんか?

今回は、英語で挫折した人でも韓国語勉強は大丈夫と言う意見について、英語と韓国語の勉強ポイントを比較しながら調べてみたいと思います。

英語で失敗したから韓国語の勉強が不安?

学生の頃から、学校でもあれだけ授業を受けて、試験を受けて頑張っていたはずなのに…
英語の勉強に費やした時間を考えれば、もう少しできてもいいはずなのに…

多くの人がそんな風に苦手意識を持っている「英語」。

今はグローバルが当たり前になっている時代、どんどん英語の勉強に対する意識は向上していると言えます。

とはいえ、勇気を出して英語に触れる機会があったとしても、それはそれで嫌な思い出になる事もしばしば。

知っているはずの単語なのに、音声を聞いてもさっぱりわからない。
いざ英語を話す機会があったとしても、頭が真っ白、もうあんな経験は二度としたくない!

多くの人が共感できることなのではないでしょうか。

そんな人の中でも最近は「韓国語を勉強してみたいな」という人が増えています。

しかし、英語で勉強した記憶から、韓国語の勉強も難しい、頑張っても身にならない、自分には無理と諦めてしまう人、また始める前から心配している人がいるようです。

確かに、「勉強」と言うくらいなので韓国語も簡単にちょっとやればできるというものではありません。

しかし、英語で挫折したことを理由にして、諦めるのはあまりにももったいない!

何故なら、「韓国語は英語よりも勉強しやすい」から。

実は、世界中で一番韓国語が上手になる外国人は日本人であるという説もあるほど、日本人にとって韓国語は勉強しやすいという言われている言葉なんです。

韓国語は英語よりも勉強しやすい!

「英語よりも勉強しやすい」とはどういう意味なのでしょうか。

その理由はたくさんありますが、一番大きな理由と仕上げられるのは、「日本語と韓国語は語順が同じ」という共通点があるからです。

英語で多くの人が苦手意識を持つ勉強のポイントとして、「語順」が挙げられます。

簡単な英語の文章で見てみるとよくわかります。

日本語:これは本です。
英語:This is a book.

日本語:これは本ですか?
英語:Is this a book?

基礎中の基礎である簡単な英語なので誰でもわかりますが、最初にこの文章を習ったとき、しっくりきませんでしたよね。

なぜ「本=BOOK」が文章の最後に来るの?
「IS」って何? 「です」の事なのかな…?
疑問文にするとなんで単語の順番が入れ替わるの? などなど。

これは、文法的に言うと日本語は「主語 (S)+目的語 (O)+動詞 (V)」=「SOV」と呼ばれる語順で、英語は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)」=「SVO」と呼ばれる語順で、全く言葉の仕組みが異なる為です。

まずこの語順の違いが、日本語と英語が大きく違うことから、日本人にとって英語は難しく、馴染みにくいという事で、挫折する大きな原因になっています。

でも、韓国語は違います。日本語と同じ「主語 (S)+目的語 (O)+動詞 (V)」=「SOV」と呼ばれる語順なんです。

先ほどの「これは本です」は韓国語で言うと「이것은 책입니다」となります。
これ=이것、~は=은、本=책、~です=입니다なので、語順は全く同じですよね。

さらに疑問文も同じです。「これは本ですか?」は「이것은 책입니까?」
これ=이것、~は=은、本=책、~ですか?=입니까?なので、全く同じ。

動詞を一番最初に持ってきて、主語がその次なんていう英語の時のような並べ替えが必要ないんです。

なので、韓国語の勉強は、基礎の段階から英語に比べて格段にやりやすいと感じる人が多いんです。

他にも韓国語は、日本語と同じように「てにおは」などの助詞を使う、敬語やタメ口があるなどの共通点も多いですし、国が近いこともあり、似ている単語もとっても多いんです。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
V LIVEで韓国語勉強!韓国語初心者でもできるおすすめの勉強法とは?

LINE@追加

気軽に楽しんで韓国語勉強に取り組んでみよう

いかがですか?

英語で難しいと感じる大きな語順の壁が、韓国語にはないという事がわかったことで、少しは韓国語勉強を始めるのに心配があったという人も安心できたのではないでしょうか。

韓国語が話せるようになる事、聞き取れるようになることは決して楽なこと、簡単なことであるとは言えません。

しかし、韓国語は英語よりも勉強がしやすい!という事は、韓国語を勉強したことがある人なら誰しもが言える事だと、自信を持って言えます。

「じゃあやってみようかな」と思った人は、是非最初にハングル文字の読み書きをマスターするという事を目標に、早速取り組んでみてください。

ハングル文字というと最初は、難しそうと思うかもしれません。

英語のABCは普段から身の回りにはあふれているので、文字には抵抗がないという事は韓国語よりも英語に有利な点ではあるのですが、ハングルはそうでないので不安ですよね。

でも、ハングル文字は「知識の革命」と呼ばれているくらい、とても合理的で学びやすい文字なんです。

そこを乗り越えれば、心配いりません。

安心して取り組んでみましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

英語と韓国語を同時に勉強するなんて人もいる?!

さて、英語で挫折した人でも、英語に比べると韓国語は勉強しやすいので心配しなくて大丈夫という話を見てきましたが、実は英語も勉強しながら韓国語も勉強しているという人がいるのをご存知ですか?

それが意外と、効率が良く英語も韓国語も学べる、それぞれが良い刺激や息抜きとなりモチベーションを保つのに役立つなど、英語と韓国語と同時に学ぶことにメリットを感じている人が多いようなんですよね。

英語はみっちり学校で授業を受けていますが、韓国語は独学でという人も多いと思います。

英語の授業を思い出しながら、英語で言える事をまずは韓国語でも言えるようになろう、のように英語の達成度を一つの目安として活用する事も出来ますよね。

やはり一つに集中するのではなく、複数勉強として取り組むという事で、絶対的に一つの教科に対する時間が少なくなる、勉強の負担が大きいなどのデメリットもありますが、それでも韓国語だけよりも英語と合わせて勉強するという事は大きなメリットがたくさんあります。

どんなスタイルが自分にあっているかは、やってみないとわからないものです。

興味があるなら、是非英語も韓国語も同時に勉強するというチャレンジをやってみてはいかがでしょうか?

英語で挫折した人でも韓国語勉強は大丈夫?!まとめ

英語で挫折した人でも韓国語勉強は大丈夫か? やっぱり英語で失敗したように韓国語もダメなのでは…?そんな心配について調べてみました。

英語で挫折したからといって、韓国語勉強も挫折するなんて誰が言える事なのでしょう。

大事なのはその時の心持です。しっかり自分のやりたいことを行動に移すことが重要です。

特に韓国語は日本人にとってとても学びやすい言葉です。

韓国語は「英語よりも勉強しやすい」からですよね。

まだ半信半疑の人もいるかもしれません。でもかなり早い段階で英語で苦労した語順の感覚のずれがないだけでも、各段にハードルが低くなります。

あまり心配せず、韓国語を勉強したいと思っているなら、まずは一緒にハングル文字の読み書きからスタートしていきましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP