ハングルは「母音」と「子音」の組み合わせだけ♪

ハングルは「母音」と「子音」の組み合わせだけ♪

韓国語は、ハングルを覚えれば簡単に読めるとはいうものの、独学で勉強している人の中には、どう発音すればいいのか分からないという人が少なくないのではないでしょうか。

ハングルは母音と子音とを組み合わせて作られる文字なので、それぞれの母音と子音の発音ができれば、必然的にどう発音すればいいかは分かるようになっています。ただし、韓国語には日本語にない発音もあるので、その音を覚えなければなりません。今回は、ハングルの仕組みと、発音方法について解説していきます。

韓国語は文字を見るだけで話せる!

日本語は、字を見ただけで発音方法が分かる言語ではありません。文字を読みたければ、それぞれの文字を何と読むのかを学ぶ必要があります。

その点、韓国語は文字を見るだけで誰でも話せるようになる言語です。その理由は、ハングルの仕組みにあります。

ハングルは母音と子音の組み合わせ

ハングルは、母音と子音を表す記号が文字のパーツになっているものです。発音記号同士をくっつけて1つの文字を作っているので、その文字を見ただけで誰でも簡単に読むことができるのです。

ハングルは、基本的には母音と子音を組み合わせて1つの文字を作ります。子音が左にあるときは母音が右、子音が上にあるときは母音が下に表記されます。

「反切表」で覚えよう

母音と子音を組み合わせたハングルの例をいくつかご紹介します。

k(またはg)の音である「ㄱ」と、aの音である「ㅏ」を組み合わせた「가」はkaと発音します。

同じく、k(またはg)の音である「ㄱ」と、uの音である「ㅜ」を組み合わせた「구」はkuと発音します。

母音だけ発音したい場合は、頭に「ㅇ」をつけます。「아」でa、「우」でuになります。

ハングルは、母音と子音を組み合わせて1つの文字にするので、母音と子音を組み合わせた文字を覚えなければ、スラスラと文章を読むことができません。

ハングル文字を覚えるのに助けとなるのが、「反切(はんせつ)表」です。反切表というのは、ハングルの母音と子音の組み合わせを一覧にしたものです。日本語の50音表のようなものなので、反切表を使ってハングルを覚えれば、そのうちスラスラと文章を読めるようになります。
合わせて読みたい韓国語の勉強についてはこちら
(「韓国語 勉強」へ内部リンク)

母音と子音を覚えよう!

ハングルを学ぶにあたって最初にやるべきなのは、ハングルを形成する母音と子音について理解するということです。母音と子音さえ覚えてしまえば、比較的ハングルを文字として認識しやすくなります。

母音と子音に分けて、種類や発音のコツを解説していきます。

母音と重母音

日本語の母音は、「あ・い・う・え・お」の5種類ですが、韓国語の母音は10種類あります。それに2つの母音を組み合わせた11種類の重母音があるので、韓国語を正しく発音できるようになるためには、すべてを覚えなければなりません。

基本母音は、以下の10種類です。

ㅏ(a)・・・日本語の「ア」と同じ発音です。
ㅑ(ya)・・・日本語の「ヤ」と同じ発音です。
ㅓ(eo)・・・日本語の「ア」と「オ」の中間音で、「エ」の口で「オ」と発音します。
ㅕ(yeo)・・・日本語の「ヤ」と「ヨ」の中間音で、「エ」の口で「ヨ」と発音します。
ㅗ(o)・・・日本語の「オ」と同じ発音です。
ㅛ(yo)・・・日本語の「ヨ」と同じ発音です。
ㅜ(u)・・・日本語の「ウ」と同じ発音です。
ㅠ(yu)・・・日本語の「ユ」と同じ発音です。
ㅡ(eu)・・・日本語の「イ」の口で「ウ」と発音します。
ㅣ(i)・・・日本語の「イ」と同じ発音です。

このように、日本語と同じような発音もありますが、「エ」の口で「オ」と発音するという風に口の開き方などが異なります。

二重母音の発音方法は、以下のとおりです。

ㅐ(ae)・・・日本語の「エ」よりも少し口を開いて発音します。
ㅒ(yae)・・・日本語の「イ」と「エ」を同時に発する感じで発音します。
ㅔ(e)・・・日本語の「エ」と同じ発音です。
ㅖ(ye)・・・日本語の「イ」と「エ」を同時に発する感じで発音します。ㅒの音と同じです。
ㅘ(wa)・・・日本語の「ワ」と同じ発音です。
ㅙ(wae)・・・日本語の「ウ」と「エ」を同時に発する感じで発音します。
ㅚ(we) ・・・ㅙと同じく「ウ」と「エ」と同時に発する感じで発音します。
ㅝ(wo)・・・日本語の「ウ」と「オ」を同時に発する感じで発音します。
ㅞ(we)・・・日本語の「ウ」と「エ」を繋げてひと言で発音します。
ㅟ(wi)・・・日本語の「ウ」と「イ」を繋げてひと言で発音します。
ㅢ(ui)・・・日本語の「ウ」と「イ」を同時に発する感じで発音します。

通常、「ㅇ」をつけると母音のみを発音しますが、「의」についてはuiと発音する場合とweと発音する場合があります。

子音と重子音

韓国語は14種類の子音と、2つの子音を続けた5種類の重子音(濃音)があります。

韓国語の子音は以下の通りです。

ㄱ(k/g)・・・日本語の「カ行」の音です。文頭以外では「ガ行」の音になります。
ㄴ(n)・・・日本語の「ナ行」の音です。
ㄷ(t/d)・・・日本語の「タ行」の音です。文頭以外では「ダ行」の音になります。
ㄹ(r/l)・・・日本語の「ラ行」の音です。
ㅁ(m)・・・日本語の「マ行」の音です。
ㄷ(p/b)・・・日本語の「パ行」の音です。文頭以外では「バ行」の音になります。
ㅅ(s)・・・日本語の「サ行」の音です。
ㅇ(無音/ng)・・・無音ですが、母音と組み合わせて、母音の発音をします。
ㅈ(ch/j)・・・日本語の「チャ行」の音です。
ㅊ(ch)・・・日本語の「チャ行」の音です。
ㅋ(kh)・・・日本語の「カ行」の音です。
ㅌ(th)・・・日本語の「タ行」の音です。
ㅍ(ph)・・・日本語の「パ行」の音です。
ㅎ(h)・・・日本語の「ハ行」の音です。

子音の中には、発声の違いで表記が変わる「激音」があります。激音というのは、息を吐いて発音する有気音のことです。
例えば、「ㄱ」(k/g)は、激音になると「ㅋ」(kh)と表記します。ほかにも、「ㅊ」「ㅌ」「ㅍ」「ㅎ」などが激音です。

また、「ㄱ」「ㄷ」「ㄷ」のように、単語の途中にあると濁って発音する子音もあります。

パッチムとは何?

ハングルは、母音と子音とを組み合わせて1つの文字にしますが、この組み合わせにパッチムがついているものもあります。

パッチムがつくことで発音方法が変わるので、パッチムについてもしっかりと学んでおきましょう。

子音+母音の後につく子音

韓国語には子音で終わる音節があり、最後が子音で終わるものをパッチム、つまり「音節末子音」と呼びます。

通常は「子音+母音」で1つの文字を形成しますが、パッチムがつく場合は、「子音+母音+子音」となります。

パッチムの発音方法は、日本語表記にすると、小さい「ツ」の音に近いのですが、日本語の「ツ」と発音しても通じないので注意してください。

パッチムの次に文字がある場合は、次の文字の子音と重ねて発音します。「ㅇ」のパッチムは、日本語の「ん」に近い発音となります。(正確にはng)

パッチムが2つ?

中には、「子音+母音+子音+子音」のように、パッチムの子音が2つついている文字もあります。この場合、どちらか一方だけが発音されます。

どちらを発音するかは、単語やフレーズによって異なります。基本的には左を発音しますが、ㄹㄱ 、ㄹㅁ、ㄹㅍについては、右側を発音するというルールがあります。

ただし、これも次にくる文字によっては例外もありますので、それについても覚えなければなりません。

韓国語の発音を覚えるなら

子音や母音を理解できたとしても、実際に発音するのは簡単ではありません。自分ではきちんと発音しているつもりでも、実際に韓国人に話しかけてみると通じないということはよくあるものです。

自分の発音のどこが違うのか、何が間違っているのかを独学で学ぶことに限界を感じる人も少なくないのではないでしょうか。

韓国語スクールに通うと、ネイティブの講師から正しい発音を教えてもらえるので、独学で学ぶよりもかなりラクに韓国語の発音をマスターすることができますよ。

日本最大級の韓国語教室K Village(https://kvillage.jp/)なら1レッスン1レッスン500円から受けることができます。ぜひ体験レッスンを受けてみてください。ネイティブの先生が母音と子音の発音、韓国語の読み書きなど幅広く丁寧に教えています♪

まとめ

韓国語は、ハングルの母音と子音を表す記号を覚えてしまえば、誰でも読めるようにはなります。ただし、韓国語の母音の数は日本語よりも多いですし、子音についても日本語にない発音が多くあります。

通じる韓国語を話せるようになるためには、発音をマスターすることが欠かせません。韓国語スクールに通うと、独学では難しい発音矯正もしっかりとしてもらえ、通じる韓国語を話せるようになりますよ。韓国語の発音に行き詰まっているなら、韓国語スクールの体験レッスンから始めてみましょう。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語で「ジャージ」は言っちゃダメ!韓国で言ってはいけない日…

  2. アイドルのように可愛い発音の韓国語単語が話せるようになりたい…

  3. ハングルの読み方一覧!分からない・読めないハングルの「読み方…

  4. 韓国語の「へ」「ペ」の音には意味がいっぱい!「へ」と「ペ」の…

  5. 韓国語の手書き翻訳がすごい!最新の手書き翻訳事情をご紹介!

  6. これであなたも韓国語マスター♪ 難しく”させない…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。