韓国語コラム | 反切表で韓国語勉強を始めよう!表の見方やハングル文字の書き方・読み方のルールもチェック!

反切表で韓国語勉強を始めよう!表の見方やハングル文字の書き方・読み方のルールもチェック!

反切表で韓国語勉強を始めましょう。

反切表とは、日本語で言う五十音図のようなもので、韓国語の基本となるハングル文字を書いたり読んだりできるようになるための表のことです。

韓国語の基本中の基本である反切表!

仕組みを理解すれば、誰でも韓国語を読めるようになり、書くこともできるようになります!

早速チェックしていきましょう。

反切表は韓国語勉強の第一歩

韓国語勉強の第一歩となる「反切表」。

まずは反切表とな何なのかから、チェックです。

反切表の読み方は「はんきりひょう」、ハングルでは【반절표(パンジョルピョ)】と言います。

五十音図は、縦書きで右から左へ文字が並んでいますが、反切表はちょっと違います。

ハングル文字の母音が右から左へ横に並び、子音が上から下に縦に並んでいます。

仕組みはかけ算の表と同じです。 縦横を組み合わせ、交わるところのマスに文字が出来上がるという仕組みです。

まずは反切表をチェックしてみましょう!

基本母音・子音の反切表をチェック!

母音
子音 a ya eo yeo o yo u yu eu i
t/d
r
m
p/b
s
 
j
ch
k
t
p
h

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
NHKで韓国語勉強が上手くいかなかった人におすすめ!独学のコツや人気の勉強法とは?

ハングルの勉強に欠かせない反切表の反切とは?由来や意味などを調査

LINE@追加

反切表でハングルを読む仕組み

反切表を見てきましたが、これだけ見てもよくわかりませんよね。

まずは、韓国語の基本であるハングルを書くための仕組みを理解していきましょう。

ハングル文字の母音が右から左へ横に並び、子音が上から下に縦に並んでいる反切表、子音と母音を組み合わせていけば文字が出来上がります。

まず、一つ知っておくこととしては、韓国語に使っているハングル文字は表音文字と呼ばれる文字で、ハングルは「この文字にはこの発音」と決まっています。

ひらがなやカタカナも表音文字で、一つの文字に対して一つの読み方になっています。(「は」や「へ」など例外はある)

つまりハングル文字も読み方を知っていれば、どんなに長い文章でも読めるようになります。

韓国語の場合は反切表があるので、ひらがなカタカナよりもずっと簡単に読めるようになります。

読み方はローマ字と同じで、子音と母音を組み合わせて読みます。

反切表の一つ目の「ㄱ」と「ㅏ」を見てみましょう。

交わったところにある文字は「가」となっています。

読み方は、「ㄱ」はアルファベットの「K」、そして「ㅏ」は「A」なんです。

つまり、「ㄱ」+「ㅏ」はK+AでKA、つまり「か」という発音になります。

「ㄴ」はアルファベットの「N」なので、「A」の「ㅏ」と組み合わせると「나」となりN+Aで「な」と言う発音になります。

母音が違うものでも見ておきましょう。

「ㅗ」はアルファベットの「O」です。「ㄱ」と組み合わせると「고」、K+OでKO、「こ」となります。

「ㄴ」と組み合わせると「노」、N+OでNO、「の」となります。

読み方の仕組みは簡単ですね。

後は、部品となる母音と子音それぞれの読み方を覚えていけば全部読めるようになります!

子音と母音にはすべてアルファベットで読み方を書いておきました。

それらを組み合わせていくと、ハングルが読めるようになります。

でも、なんだか文字の作り方が不思議ですよね。

同じ子音を使っているのに、「가」「고」じゃ、ずいぶん形が違っています。

反切表で子音と母音をバラバラで見た後なので、同じ子音が使われているという事はわかりますが「ㄱ」の形や場所がちょっと違っています。

そうなんです。ハングル文字は、母音と子音を並べれば文字が出来上がるのですが、その配置に少しルールがあります。

次はその配置のルールを覚えてハングル文字の書き方を見ていきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

反切表でハングルを書く仕組み

ハングル文字を書く仕組みは、日本人にはとても簡単です!

なぜなら漢字にとてもよく似ているからです。

漢字は偏(へん)と旁(つくり)の組み合わせで出来ていますがハングル文字もそれと同じなんです。

でももっとシンプルで、基本的には左右に並べるか、上下に並べるかなんです。

では左右なのか上下なのかを見分ける方法ですが、そのポイントは「母音の長い棒」にあります。

反切表にある基本の母音は長い棒と短い棒の組み合わせ、もしくは長い棒だけで出来ています。

その長い棒に注目すれば書き方が分かります。

長い棒が縦向きの時は、子音は左で母音が右の左右に並べる書き方、

長い棒が横向きの時は、子音が上で母音が下の上下に並べる書き方になるんです。

なので反切表を見て書きたい文字を決めたら、母音の長い棒を見て、それを左右なのか上下なのかを見分けて書くようにすれば、ハングル文字は簡単に書けるようになります。

後は反切表には載っていますが、韓国語にはパッチムというものがありますが、この「パッチム」は「下敷き」と言う意味です。

下敷きなのでそのまま下に書けばOK!

「감」、「곰」、「난」、「낳」など、パッチムについては、反切表が無くても文字が読めるようになってからゆっくり覚えていきましょう。

パッチムは下敷きだから下に書く!これさえ覚えておけば、基本の左右上下をマスターしておけば、全部の文字が読めるようになりますよ。

韓国語の正しい発音を身に付けるには?

ハングル文字の読み方、書き方を見てきました。

これで反切表があれば、どんなハングル文字でも読めて書けるようになります。

しかし、反切表ではマスターできない事があります。

それは「発音」です。

読んだり書いたりはテキストや参考書を見て練習できるようになりますが、実際に口に出すときの正しい発音はそうはいきませんよね。

特に反切表の読み方のアルファベットが難しい発音記号になっている文字は、日本語で普段使っていない発音、日本語にはない発音のものがあるので、要注意です。

これは実際に音声を聞きながら、唇・舌の口の動きを理解して、何度も練習する必要があります。

ノドや鼻の空気の通り方の違いなどもあり、なかなか独学では難しいポイントになります。

でも何事も最初が肝心です。

音声、動画を利用しながらスタートの基礎の時点から正しい発音を身に付けておくようにしましょう。

反切表の使い方はわかってもなかなか覚えられない、正しい発音がわからないという人は、最初の段階から効率よく韓国語を勉強するために、韓国語教室に通うのもおすすめです。

間違って覚えてしまった発音を後から正しいものに戻すのはなかなか難しいと言うこともあります。

最初から綺麗な発音を身に付けるためにも、体験レッスンを利用して、韓国語教室も調べてみて下さい。

反切表で韓国語勉強を始めよう!まとめ

反切表で韓国語勉強を始めようという事で、反切表の仕組みやそれを使ったかハングル文字の読み方、書き方を見てきました。

仕組みを理解して改めて反切表を見ると、とてもよくできて、分かりやすい便利な表だという事がわかると思います。

反切表が無くても読んだり書いたりできるようになるまで、頑張って練習しましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP