日本語の50音図・あいうえおをハングルで!一覧の早見表で日本語をハングルで書こう

日本語の50音図・あいうえおをハングルで!一覧の早見表で日本語をハングルで書こう

「あいうえお」を「A I U E O」と日本語をローマ字で表記するように、日本語をハングルで書きたいと思いませんか?

固有名詞と呼ばれる自分の名前や地名など、案外出番も多い日本語のハングル表記。アヤオヨ…と反切表でハングルは並んでいるものですが、日本人ならおなじみの50音図の形でハングル表記の早見表があれば便利ですよね。

そんな方に便利な日本語の50音図をハングル表記で並べた、ハングル表記のあいうえお型の早見表をご覧いただきます。
あ行、か行、さ行、た行…はもちろん、濁点のガ行やザ行などや半濁点のパ行などもご紹介。日本語をハングル表記するときの注意点と一緒にチェックしてみて下さい。

この記事の目次
・日本語のあいうえおをハングル早見表で!
・50音図をハングル早見表で一気にチェック
・日本語をハングルにして名前や地名を書こう
・「ん」の表記はパッチムで
・ハングルは語頭が濁らないので注意しよう
・外来語のハングルは激音が基本
・一覧の早見表で日本語をハングルで書こうまとめ

日本語のあいうえおをハングル早見表で!

日本語を覚えるときの基本の一覧表である50音図。「あいうえお」に「あかさたなはまやらわ」と日本語を話す私たちにはすっかりおなじみの早見表ですね。

ハングルでも、反切表と言って「アヤオヨ…」や「カナタラマバサア…」の呪文のようなフレーズと共に覚える一覧表がありますが、日本語の50音図でハングルをどう書くかの早見表があれば便利だと思いませんか?

自分の名前や地名などの固有名詞にを表記するときなどに活躍しそうですよね!また日本語でハングル表起訴するときには平音、濃音、激音などを上手に混ぜて使う必要がありますが、その方法などもご案内したいと思います。

意外と出番の多い日本語のハングル表記に備え早見表を活用できるようにチェックしておきましょう!

■関連ハングル記事
ハングルの50音は反切表!発音から読み方、書き方までまとめてハングル文字をマスターしよう

50音図をハングル早見表で一気にチェック

まずは一気に基本の「あいうえお」から「わをん」までです。日本語にはひらがなとカタカナの二種類ありますが、ハングルはハングルだけの一種類なのでひらがなもカタカナも同じハングルで表記して大丈夫です。

あ・ア い・イ う・ウ え・エ お・オ
か・カ き・キ く・ク け・ケ こ・コ





さ・サ し・シ す・ス せ・セ そ・ソ
た・タ ち・チ つ・ツ て・テ と・





な・ナ に・ニ ぬ・ヌ ね・ネ の・ノ
は・ハ ひ・ヒ ふ・フ へ・ヘ ほ・ホ
ま・マ み・ミ む・ム め・メ も・モ
や・ヤ ゆ・ユ よ・ヨ
ら・ラ り・リ る・ル れ・レ ろ・ロ
わ・ワ を・ヲ

次に点々の付く濁点と丸のつく半濁点です。

が・ガ ぎ・ギ ぐ・グ げ・ゲ ご・ゴ
ざ・ザ じ・ジ ず・ズ ぜ・ゼ ぞ・ゾ
だ・ダ ぢ・ヂ づ・ヅ で・デ ど・ド
ば・バ び・ビ ぶ・ブ べ・ベ ぼ・ボ
ぱ・パ ぴ・ピ ぷ・プ ぺ・ペ ぽ・ポ





最後にハングルでㅑㅠㅛで書く、キャキュキョなどの早見表も見ておきましょう。

 

きゃ・キャ きゅ・キュ きょ・キョ



しゃ・シャ しゅ・シュ しょ・ショ
ぎゃ・ギャ ぎゅ・ギュ ぎょ・ギョ
じゃ・ジャ じゅ・ジュ じょ・ジョ
ちゃ・チャ ちゅ・チュ ちょ・チョ



にゃ・ニャ にゅ・ニュ にょ・ニョ
ひゃ・ヒャ ひゅ・ヒュ ひょ・ヒョ
びゃ・ビャ びゅ・ビュ びょ・ビョ
ぴゃ・ピャ ぴゅ・ピュ ぴょ・ピョ



みゃ・ミャ みゅ・ミュ みょ・ミョ

日本語の50音図プラス濁音、半濁音などのハングル表記早見表ですが、いかがでしょうか。

か行、た行、さ行などはが行、だ行、ざ行と同じ文字もありますが、それらは後で詳しく解説します。や行は母音が変わるのでちょっと注意が必要ですね。バ行、パ行も違いをしっかり見ておくようにしましょう。

ひとつずつを見るのではなく、母音の「あいうえお」を基準に見てみれば使えるようになりますね。一気に覚えられなくても、最初は日本語の文字を探してそこから対応する探して使ってみましょう。

■関連ハングル記事
ハングルを日本語のあいうえおで覚えちゃおう!五十音の一覧をハングル表記で覚える方法

日本語をハングルにして名前や地名を書こう

それでは実際にハングル表記早見表から言葉を探して、日本語をハングルで書いてみましょう。人や物の名前、地名などは実際の会話でも日本語の発音をそのままハングルに当てはめて書き表します。英語でもローマ字で書くのと同じですね。

タロウ:다로우
ユミ:유미
フジムラ:휴지무라
ハマダ:하마다

神奈川:가나다와
鹿児島:가고시마

簡単ですね!早見表から日本語を探してそれをハングルで書けばOKです!

■関連ハングル記事
韓国の人の名前が読めない!ハングルの名前の読み方や覚えるコツは?

「ん」の表記はパッチムで

しかし、いくつか日本語をハングル表記するときには注意することがあります。主に3つを注意すれば大丈夫です。すべて見ていきましょう。

まずは「ん」の表記です。日本語で「ん(ン)」は一文字で表記をしますが、ハングルではパッチムの中に組み込まれるため文字数が少なくなります。

つまり、例えばせんせい(先生)をハングルで書くと「센세이」となるという具合です。

厳密にいえばん(ン)の表記はハングルでは「ㄴ」「ㅁ」「ㅇ」の3つになり発音もM、N、NGと異なりますが、日本語を書きたい場合は「ㄴ」で大丈夫でしょう。なぜなら日本語ではそれらの発音の区別をしないためです。

詳しくはこちらをご覧ください。

■関連ハングル記事
ハングルの「ん」はパッチムで3種類!表記と発音の違いを徹底解説!
ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない「ん」の発音について

ハングルは語頭が濁らないので注意しよう

そして2つ目の注意は、ハングルは同じ文字でも語頭が濁らない、2文字目以降の場合発音が濁るというルールがあるため日本語表記で気を付けなければいけないということです。

例えば、「タナカ」という苗字ですが、早見表で見て「다나가」と書いてしまうと「タナガ」と韓国の人は読んでしまいます。ですので、正しく読んでもらうためには「다나카」と書きましょう。また小さい「っ」を書きたい場合は、「ㄲ」「ㅆ」「ㄸ」「ㅃ」などの濃音を使います。実際の例を見てみましょう。

東京:도쿄
山形:야마가타
北海道:호까이도

ちょっと慣れるまでは難しいかもしれませんが、実際のハングルの文字の読み方を思い出せば自然と書けるようになってきます。たくさん練習してみましょう。

■関連ハングル記事
ハングルの語順は日本語と同じ?似ている言語だけど語頭や語尾に注意して!

外来語のハングルは激音が基本

そして、最後は外来語は基本激音で記すということです。早見表でも平音と激音の二つで表記されていますが、そのように区別するということを覚えて下さい。

チョコレート:초코렛
インターネット:인터넷
パーティー:파티

このようになります。日本語でカタカナで書かれているものが大体激音になるという覚え方で大丈夫です。また、日本語もそうですが、他の言語で無理に発音を表記しようとするとどうしても無理が出てくるケースがあるのはハングルでも同じです。

例えば、鈴木(すずき)という発音をハングルでは正しく書けません。「수즈키」「수주키」となり、発音は「スジュキ」のようになるでしょう。これは日本語の「ず(ズ)」を表す音がハングルにはないからです。 日本人もRとLの発音の区別がつかず、うまく発音できないのと同じような感覚です。そこは仕方ないと理解しておくとよいでしょう。

一覧の早見表で日本語をハングルで書こうまとめ

日本語をハングル表記するための早見表をご紹介しました。

厳密に見れば発音が同じでない文字もあったり、表記するときにハングルの独特のルールのため、変則になったりすることもありますが、ハングルの正しい発音について理解していけば、マスターできるようになるでしょう。

何より大切な自分の名前などを表記する方法にもなりますのでしっかり覚えて書けるようにしましょう!

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語で〈使う〉はなんて言う?韓国語の使える言い方をご紹介!…

  2. 韓国語で「人数」を正確に伝えよう!2人や4人ってなんて表現す…

  3. 韓国語単語の覚え方は初心者と中級者で違う?!

  4. ハングルの変則活用まとめ!ハングルのローマ字、漢字変換につい…

  5. 【韓国語一覧】韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわか…

  6. 韓国語を覚えてもっと好きになろう!知っておきたい4つの法則!…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。