ハングルの分かち書きとは?ハングルの書き方の基本!区切りスペースの入れ方について

ハングルの分かち書きとは?ハングルの書き方の基本!区切りスペースの入れ方について

일본에서 왔습니다. 저는 야마다라고 합니다. 잘 부탁드립니다.
「日本から来ました。私は山田と申します。よろしくお願いします。」

こちらはよく使われる自己紹介のハングルの文章ですが、ハングルは日本語と違って句読点で文を区切るのではなくスペースを入れて区切りますね。改めて言われるとこれは韓国語独特のルールなんです。「分かち書き」と呼ばれる書き方なんです。

何となく意味が切れるところにスペースを入れればOKかな?と思ってしまう、このハングルの分かち書き。大まかにはそれでOKなのですが、厳密なルールをきちんと知っておいた方がよさそうです。なぜなら、分かち書きはハングルの大切な基本ルールだから!

一度チェックすれば大丈夫!間違ったままハングルの勉強を進めてしまわないためにも、ここでしっかりマスターしておきましょう。

分かち書きとはハングルの基本の書き方

韓国語の基本ルールとして単語と単語の間にスペースを入れる書き方がありますよね。この書き方を専門用語ですが、「分かち書き」といいます。

ハングルでは「띄어쓰기(ッティオッスギ)」と言いますが、ご存知でしたか?何となくハングルはスペースを区切って書くものという認識で意識したことがないという人もいるかもしれませんね。

しかし、きちんとした文法なのでルールがあります。しかし、そんなに難しいことはありません。基本や読みやすく、意味を分かりやすくするために設けられているルールです。感覚的にスペースを入れても間違っていることはほとんどないでしょう。

しかし、この機会にしっかり正しい分かち書き(띄어쓰기:ッティオッスギ)のルールをチェックしておきましょう。

LINE@追加

ハングルの分かち書きとはスペースを入れること

ハングルの分かち書き(띄어쓰기)とは文章を書くときに、スペースを入れることです。日本語で言うと句読点を書くのに似ているかもしれませんが、韓国語の場合はそれよりも多いです。日本語では一つの文章として意味が変わるときに句読点を打ちますが、ハングルの場合は単語と助詞のセット、つまり文節でスペースを入れることが基本です。

日本語では、ひらがなとカタカナに加え漢字も使いますので、続けて書いても字面が単調になることはなく句読点だけで見づらさを感じることはあまりありませんが、韓国語の場合は文字はハングルだけなので、区切らないとどこで文章が区切ってあるのか、続けて書くとわかりにくいというところから、分かち書きというルールが出来たようです。

詳しく見ていきましょう。

■関連ハングル記事
ハングルの文字数はたった24文字!ハングルは簡単に覚えられる表でマスターしよう

基本は文節ごとにスペースを入れてハングルを分かち書き

ハングルの分かち書き、どうやってスペースを入れればいいのかですが、基本的には文節ごとに入れます。

文節とは?ですが、中学生の時に国語で習いましたね。「ネ」や「サ」を入れて区切るなどと習いませんでしたか?

「僕のお父さんは学校の先生だ」を文節に分けると

「僕のネ/ お父さんはネ/ 学校のネ/ 先生だネ」こんな感じです。

専門的に言うと日本語を細かく区切った際に不自然にならない最小の単位のことを文節と言います。「僕の」を単語で区切ると「僕」と「の」に分かれますが、助詞の「の」だけでは意味が通じないので文節にはなりません。

ハングルでの分かち書きの書き方もこれを意識すればOKです。意味が通じる最小のところ、日本でいうと「ネ」を挟めるようなところでスペースを入れればいいのです。

「우리아버지는학교선생님이에요.」→「우리 아버지는 학교 선생님이에요.」こんな感じですね!

ちなみにハングルの助詞について確認したい人はこちらをどうぞ。

■関連ハングル記事
助詞でハングルをさらにレベルアップ!助詞を使いこなして長い文章を言えるようになろう

特殊なハングルの分かち書き(形式依存名詞、単位依存名詞)

基本のハングルの分かち書きは文節にスペースを入れるということなんですが、ちょっと特殊というか注意して覚えないといけない分かち書きもあります。それは文法的に言うと形式依存名詞、単位依存名詞というもの。用語だけ見ると難しいので実際のハングルの文章を見てみましょう。

まず、形式依存名詞ですが、【수】や【것】のことです。文字だけ見てもピンとこないかもしれませんね。

그 사람은 운전할 수 있어요.(ク サラムン ウンジョンハㇽス イッソヨ)

조금 있으면 비가 올 것 같아.(チョグㇺ イッスミョン ピガ オㇽコッカッタ)

このような文章に使う【수】や【것】のことです。よく使う表現ですよね。この場合は一文字だけですが、スペースが必要、分かち書きをするということを覚えておきましょう。

そして、単位依存名詞。これは単位を伴う数詞のことなんですがその時も、スペースが必要です。

・한 개(1個)
・한 명(1名) このような感じですね。

だた、形式依存名詞も単位依存名詞も書くときには分かち書きでスペースを入れますが、発音では間をあける必要はありません。そもそも分かち書きが、話すときに間を開けるということを示しているわけではありませんが、間を開けたとしても不自然ではないところにスペースが入ります。
しかし、これら二つの場合は変に間をあけてしまうとぎこちなくなりますので、そのまま続けて読むと覚えてしまいましょう。

他にも補助用語といって、敬語でよく使う드리다などの時もスペースを入れて分かち書きをします。
助けて差し上げるという意味の도와 드리다(トワドゥリダ)などです。この場合はスペースを入れてもいいですが、도와드리다のように入れなくてもOKです。面倒だという人は形式依存名詞、単位依存名詞だけを注意して覚えるというのでも大丈夫でしょう。

■関連ハングル記事
アプリやWEBでハングルの単語も文法も!最新のハングル学習法を試してみよう!

単語の途中で改行しないのもハングルの書き方の大切なルール

分かち書きは簡単そうですよね。最小の単位である文節で区切ってスペースということを確認しておけばそれほど難しくはなさそうです。ついでにもう一つ。日本語とは違うハングルの書き方のルールで意識していない人が多いことを紹介しておきましょう。それは改行です。

日本語では、文や単語の途中でも改行しますよね。パソコンやスマホの場合は改行は自動的にされるので意識しないかもしれませんが、ハングルの場合は文字の途中では改行をしないというのが基本ルールです。これは英語でも同じですね。

文字数の多い長い単語が列の最後の方に来た場合は、続けて書かずに早目に改行をして単語が途切れることのないように気を付けましょう。これもパソコンやスマホであれば自動的にやってくれるんですけどね。手書きでハングルを書く場合に忘れないようにしてください。

ハングルの基本の書き方分かち書きをマスターしよう!

ハングルの基本的な書き方のルールである分かち書きを見てきました。一度ちゃんと確認しておけば安心ですね。

文節で区切るというシンプルなルールですが、説明される方が難しく感じるかもしれません。きちんと理解して間違えないようにしたいですね。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP