韓国語の読み方を覚えよう!韓国語の読み方を初心者向けにご紹介!

韓国語の読み方を覚えよう!韓国語の読み方を初心者向けにご紹介!

韓国語の読み方が覚えられない!そんな日本人学習者が、初級テキストにうんうんと唸ってしまうことがあります。珍しいことではありません。流暢な韓国語をしゃべっている日本人も、なかなか読み方が覚えられないと、頭を悩ませたことがあるはずです。

どうすれば、韓国語の読み方を覚えることができるのでしょうか。初級テキストもハングルが読めないとわからないようにできています。このままでは、韓国語の簡単な会話や読み書きでさえできないと、気持ちもあせってしまうもの。韓国語の読み方は、コツをつかめばすぐに身に付けることができます。

韓国語の読み方を覚えよう!ハングルの読み方を初心者向けにご紹介!

そこで今回は、韓国語の読み方について、初心者向けにご紹介します。

この記事の目次
・韓国語の読み方はローマ字みたいなもの
・パッチムの読み方は2パターンだけ
・韓国語の読み方は連音化がポイント
・韓国語の読み方。まとめ

韓国語の読み方はローマ字みたいなもの

韓国語の読み方を覚えよう!ハングルの読み方を初心者向けにご紹介!

韓国語の読み方がわからないのは、ハングルをそのままインプットしようとしてしまい、難しく感じているのかもしれません。韓国語の読み方は、日本人にとってはタイピングでお馴染みのローマ字に似ています。ローマ字との共通点をみつけると、すんなりとインプットできます。

韓国語のハングル文字で「ナ」と表記してみます。【나】は子音字の「ㄴ」と母音字の「ㅏ」が組み合わさったものです。これでハングルの1文字になります。「ㄴ」はn音、「ㅏ」はa音に対応しています。これをローマ字にあてはめてみるとわかりやすいでしょう。ローマ字で「ナ」は「na」と表記されます。ハングルと同じ仕組みであることが理解できるはずです。

「ㄴ(n)」の発音をハングルとローマ字でチェックしてみましょう。【냐】(子音「ㄴ」+母音「ㅑ」)は【ニャ】(「n」+「ya」)、【녀】(子音「ㄴ」+母音「ㅕ」)は【nyo】(「n」+「yo」)、【노】(「ㄴ」+「ㅗ」)は【no】(「n」)+「o」)というようになります。

読み方を難しくとらえずに、ローマ字の仕組みをあてはめて読んでみましょう。ハングルとの距離が縮まるはずです。

パッチムの読み方は2パターンだけ

韓国語の読み方を覚えよう!ハングルの読み方を初心者向けにご紹介!

韓国語の読み方で日本人学習者にとって難しいのがパッチムです。キムさんの「김(kim)」、ナムさんの「남」などです。母音がひとつ、子音がふたつという、複雑な組み合わせのパッチム。これで1文字という認識です。読み方が難しそうですが、実は2パターンしかありません。

■パターン1 上から下に読む
홍길동(ホン・ギルドン)として知られている홍(ホン)の構成をみてみましょう。最初に上部の「ㅎ(h)」と「ㅗ(o)」で「호(ホ)」を読みます。次に「ㅇ(n)」を読みます。これで홍(ホン)になります。発音するときは、호(ホ)とㅇ(ン)を一気に発音します。

■パターン2 左から右、右から下に読む
김(キム)というハングルを分解してみます。「ㄱ(k)」と「ㅣ(i)」で「기(キ)」が上部にあります。まず、この「기」から読みます。そしてその下部にある「ㅁ(m)」を読みます。これで김(キム)です。発音するときは、기(キ)とㅁ(ム)を一度に発音しましょう。

パッチムの読み方は、この2パターンしかないので簡単です。それぞれ上から下、左から右、右から下という順番に読んでいきます。ハングルの母音がひとつと子音が3つというパッチムもありますが、左上から右下へと同じように読んでいくだけです。

韓国語の読み方は連音化がポイント

韓国語の読み方を覚えよう!ハングルの読み方を初心者向けにご紹介!

韓国語の発音が複雑で混乱してしまうのには、連音化(リエゾン)という現象が関係しています。韓国語の음악(音楽)をそのまま発音すると「ウムアク」になりますが、韓国人はウムアクとは発音しません。음악は「ウマク」という発音になるのです。韓国語の월요일(月曜日)も「ウォヨイル」ではなく「ウォリョイル」と連音化します。

음(um)+악(ak)の「m」と「a」がつながって、「ma」と発音することになります。これが連音化現象です。日本人には馴染みがない……というわけでもありません。日本語にも意識をしていないだけで連音化は起こっています。例えば、反応も漢字を読み上げたら「はんおう」になりますが、実際の発音は「はんのう」です。日本語では連声ともいわれています。

韓国語では連音化が頻発します。会話をしていると混乱してきますが、表音文字のハングルにするとわかりやすくなります。ハングルから読むのは難しくないはずです。

■韓国語関連記事
【韓国語の発音】韓国語の発音には「オ」がふたつある?「ウ」・「ン」も?気になる発音をご紹介!
ハングルの発音をマスターしたい!ハングルの発音記号と発音変化、発音を覚えるおすすめの方法をご紹介!
ハングルの読み方一覧!分からない・読めないハングルの「読み方」を攻略しよう!
韓国語の「パッチム」の発音を覚えたい!「パッチム」3つのポイントをご紹介!

韓国語の読み方、まとめ

韓国語の読み方はポイントさえおさえれば、初級者でも難しくありません。ハングルの構造そのものはローマ字とそっくりですし、パッチムの読み方も2パターンだけです。日本人が苦手意識を持ちがちな連音化も、表音文字のハングルに置き換えるとわかりやすいでしょう。

韓国語の読み方がわかってきたら、韓国語がおもしろくなってくるはずです。もっと本格的に韓国語を勉強したくなるかもしれません。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、ネイティブスピーカーの先生が、韓国語の読み方から基礎的な文法までわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の読み方をさらに理解するための一歩を踏み出しましょう。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込 申込アイコン

関連記事

  1. ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない…

  2. 韓国語で「ありがとう」を覚えよう!ありがとうと感謝を伝えるフ…

  3. ハングルの勉強に欠かせない反切表の反切とは?由来や意味などを…

  4. ハングルでwindows10(ウィンドウズ10)のwordを…

  5. 独学での勉強は韓流ドラマがおすすめ?その勉強法効率悪いかも

  6. 韓国語の助詞「で」を使いこなそう!韓国語「で」を初心者にもわ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。