韓国語の発音には「オ」がふたつある?「ウ」・「ン」も?気になる発音をご紹介!

韓国語の発音には「オ」がふたつある?「ウ」・「ン」も?気になる発音をご紹介!

K-POPをノリノリで聴いているうちに、韓国語の発音に興味を持つようになった方も多いのではないでしょうか?

日本語訳の歌詞のよりも、ハングル表記の歌詞の方が気になってしまう……韓国語がわからなくても、ハングルやルビを追っかけていることも多いかもしれません。

ですが、K-POPの中に、ふたつの「オ」の発音があることに気付くことができた方は、どのくらいいるのでしょうか。
「オ」だけではありません。実は「ウ」にも、ふたつの発音があったのです。

どうして韓国語の発音には「オ」や「ウ」がふたつもあるの?
そこで今回は、日本語にはない音を持つ、韓国語の発音についてご紹介します。

この記事の目次
・どうして韓国語にはふたつの発音があるの?
・「어」と「오」・「우」と「으」…「オ」と「ウ」を使い分ける!
・「ン」だって違う!「ㄴ」と「ㅇ」の発音の違いとは?
・「韓国語の発音」まとめ

どうして韓国語にはふたつの発音があるの?

韓国語でハングルの発音を覚えようとすると、日本人学習者は「なんで、発音がふたつもあるの?」と疑問に思うことになります。

私たち日本人は、「オ」の発音は「オ」でしかありません。表記をするときも、「オ」と書くしかないのです。そのため、韓国語を日本語で表記をしようとすると、「어」と「오」のどちらも「オ」ですし、「우」と「으」のどちらも「ウ」になります。さらに、「ㄴ」と「ㅇ」(ン)、「애」と「에」(エ)まであります。

ですが、厳密にいえば、ハングルでの表記が違えば、すべて発音が違ってきます。
韓国の人たちは、当たり前のように、発音を区別してしゃべっているのです。

最近のソウル方言では、「애」と「에」の発音を区別しなくなったので、あいまいに「エ」と発音しても問題ありません。日本でも、ごく一部の地域を除いて「ジ」と「ヂ」、「ズ」と「ヅ」を区別しなくなり、使い分けている人はほとんどいません。韓国語の発音でも、似たような現象が起こっているのです。

「어」と「오」(オ)、「우」と「으」(ウ)、「ㄴ」と「ㅇ」(ン)の発音を区別できないと、韓国の人からすると「ヘタクソな韓国語」に聞こえてしまいますし、なにより意味そのものが違ってきてしまいます。

そのため、韓国語を話すときは、きちんと発音を使い分けることが必要になってくるのです。

韓国語発音のポイント!「어」と「오」・「우」と「으」…「オ」と「ウ」を使い分ける!

日本人にとって、韓国人が発音する「어」と「오」(オ)・「우」と「으」(ウ)を聞き分けるの至難の業です。せめて、自分が韓国語を話すときに使い分けることができるようになりたいものです。

では、どのように使い分けると、日本人でも上手に発音できるのでしょうか?

■「어」と「오」(オ)

韓国語の「오」は、比較的日本語の「オ」と同じ発音をしています。より、韓国人の発音に近づけようと思ったら、ほんの少し、口笛を吹くときのように唇を突き出すといいでしょう。

ですが、日本語の発音にはない「어」は、慣れるまで発音が難しいかもしれません。
日本語の「オ」を発音するよりも口を大きく開け、舌の位置を低くします。そうすると、ぽっかりと口の中に空洞ができるはずです。このまま「オ」と発音すると、「어」の発音になります。

■「우」と「으」(ウ)

「으」を発音するときは、日本語の「イ」の発音と同じ口の形をしましょう。さらに、奥歯と奥歯をつけて発音することを意識すると、韓国語に近い発音になります。

「우」を発音するときは、「오」と同じように、口笛を吹くときのように唇を突き出すようにしましょう。「으」に比べるとこもって聞こえることが特徴です。

韓国語のあいさつや単語のハングル表記を見ながら、実際に使い分けて発音してみると練習になります。

韓国語は「ン」だって違う!「ㄴ」と「ㅇ」の発音の違いとは?

しりとりでは「ン」をいうと負けてしまいますが、韓国語では「ㄴ」と「ㅇ」、ふたつの「ン」の発音があります。とくに、日本語と比較しても「ン」が使用される単語が多いため、きちんと使い分けができるようになっておきたいものです。

안녕하세요(アンニョンハセヨ)の「ㄴ」は、日本語の「イ」の発音をするように口を開き、歯と歯の間に軽く唇を挟んで「ン」と音を出します。

안녕하세요(アンニョンハセヨ)の「ㅇ」は、歯と歯の間に唇を挟まずに、口腔内で音を響かせるように発音するようにしましょう。

韓国語の「ㄴ」と「ㅇ」の区別は、안녕하세요(アンニョンハセヨ)とあいさつするだけでも必要になってきますので、しっかりと練習をして身に付けていきたいポイントです。

韓国語の発音。まとめ

韓国語の発音には、日本語にない音がたくさんあります。

「어」と「오」・「우」と「으」・「ㄴ」と「ㅇ」だけではなく、常に発音を使い分けていかなくてはいけません。そのため、日本人学習者にとって、韓国語の発音を習得することは、文法や単語を覚える以上に難しいことだといえます。

ハングルを覚える初級の段階で、きちんと発音に身に付けることができれば、中級・上級になったときに、より流暢な韓国語を話すことができるようになるでしょう。

韓国語教室KVillageTokyoなら、韓国人の先生が初心者でも発音から丁寧に韓国語を教えてくれます。とくに、韓国の人が発音するときの口の動きをみることは、発音習得への大きな近道になります。

間違った発音をすれば、すぐに指摘をしてくれますし、身に付くまで何度も練習してくれるので、授業が進んでいくうちに自然と発音が身に付いているはずです。

まずは、韓国語体験レッスンで、韓国語と日本語の発音に違いに気付いてみませんか?

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校 TEL 03-3232-1916
上野校 TEL 03-5826-4823
横浜校 TEL 045-620-9810
名古屋校 TEL 052-212-5854
大阪校 TEL 06-6809-3624
なんば心斎橋校 TEL 06-4963-3137

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国語式英語のコングリッシュって?韓国語ならではの外来語がお…

  2. ハングル語?韓国語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑…

  3. 韓国語の文法は「てにをは」のマスターから!日本人あるあるミス…

  4. キーボードを韓国語設定!!キーボードでハングルを打てるように…

  5. 韓国は空前のピラティスブーム!アイドル・オルチャンのスタイル…

  6. 埼玉×韓国で古代歴史ロマン!高麗神社って?知られざる埼玉の韓…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。