韓国語の食材特集!豚肉・牛肉・魚。韓国料理がおいしくなる豚肉・牛肉・魚などの言い方をご紹介

韓国語の食材特集!豚肉・牛肉・魚。韓国料理がおいしくなる豚肉・牛肉・魚などの言い方をご紹介

韓国らしいエネルギッシュな雰囲気に溢れているのが「市場」です。韓国語では (シジャン)。観光客にも親しまれている市場といえば、ソウルの南大門市場、あるいはプサンのチャガルチ市場ではないでしょうか。ソクチョ観光水産市場みたいな、新鮮な魚介類がそろっている、地元ではお馴染みの市場も各地にあります。

韓国料理に欠かせない、豚肉・牛肉・魚介類、そして野菜・果物、韓国料理の調味料の数々がところせましと並んでいます。さまざまな総菜もあります。「コギサセヨ~」「センソンサセヨ~」とアジュマたちがいっています。

韓国国内はもちろんのこと、新大久保をはじめとしたコリアタウンにも、韓国の食材・調味料が取り揃えられています。コリアタウンで本場の食材を調達すれば、家庭でもおいしい韓国料理ができます。韓国国内のレシピサイトがみたいということもあるのではないでしょうか。レシピサイトの韓国語そのものは、それほど難しいものではありません。ですが、韓国語の食材がわからないと、なかなかレシピのとおり調理できなくなってしまいます。

そこで今回は、豚肉・牛肉・魚など、韓国語の食材の言い方についてご紹介します。

この記事の目次
・【韓国語の食材特集】豚肉・牛肉・鶏肉
・【韓国語の食材特集】魚介類
・【韓国語の食材特集】野菜・果物
・まとめ

【韓国語の食材特集】豚肉・牛肉・鶏肉

韓国語では”肉”のことを고기(コギ)といいます。こそあどことばの「거기(コギ)」じゃないの?と思うかもしれません。日本語母語話者にわかりやすいようルビをふると、どちらも最適なのは「コギ」です。

ですが、「고(コ)」と「거(コ)」の発音は違います。고(コ)はくちびるをとがらせながら「こ」といいます。거(コ)は「え」をいうときの口の開き方で「こ」といいます。発音を意識することによって、고기(コギ)といっても거기(コギ)といっても、きちんと相手にわかってもらうことができます。精肉店でも「お肉」といっているのか、「そこの」といっているのか、混乱しないでしょう。

たくさんある韓国の豚肉料理。韓国風のタレが浸み込んだ돼지갈비(テジカルビ)、三枚肉をおろした삼겹살(サムギョプサル)、あっさりしていてキムチとも相性がいい보쌈(ポッサム)、スタミナ抜群のホルモン돼지내장(テジネジャン)などなど……どれもこれも想像しただけで食欲を掻き立てられそうです。韓国語で豚肉のことは돼지갈비(テジコギ)といいます。だから、돼지갈비(テジカルビ)だとか、돼지내장(テジネジャン)とかいうのです。

韓国料理に欠かせないのが牛肉です。불고기(プルコギ)、설렁탕(ソルロンタン)……まだまだあります。韓国語では소고기(ソコギ)といいます。

そして、韓国国民が愛してやまない鶏肉。韓国人は치킨(チキン)が大好きです。ヤンニョムチキン、フライドチキンなどあります。滋養強壮にいい닭한마리(タッカンマリ)は女性に支持されています。韓国語で鶏肉のことは닭고기(タクコギ)です。

【韓国語の食材特集】魚介類

韓国の首都・ソウルこそ沿岸部ではないので、魚介類ではなく肉類が中心になりますが、韓国全域をみてみると、広範囲にわたって海にかこまれており、新鮮な魚介類を活用した地方料理がたくさんあります。

韓国語で”魚”のことは물고기(ムルコギ)、あるいは생선(センソン)といいます。いずれも韓国語で魚を意味しています。ですが、물고기(ムルコギ)は生物として、생선(センソン)は食品として、それぞれの魚を使い分けています。

韓国国内の市場で「センソンサセヨ~」といっているのは、「魚、いかがですか~」といっているようなものです。”サセヨ”とは厳密にいうと、買ってくださいです。ですが、日本語に翻訳するのであれば、いかがですかのほうがニュアンスとして相応しいかもしれません。

では、韓国の代表的な魚介類をみていきましょう。刺身(회/フエ)としても親しまれている광어(クァンオ)。ヒラメのことです。それから鯛もよく刺身にします。도미(トミ)といいます。日本人観光客にも馴染みあるのが、サーモンでしょう。韓国語では연어(ヨノ)といいます。これも刺身にして食べます。

韓国語の言い方があるだけで、韓国にしかないような魚介類はほとんどありません。どれもこれも、日本国内で食べられている魚介類ばかりです。韓国らしい調理によって、日本にはないおいしさになっています。

【韓国語の食材特集】野菜・果物

韓国料理は野菜・果物をふんだんに取り入れていてヘルシーだといわれています。韓国語で”野菜”は야채(ヤチェ)といいます。漢字語の「野菜」を韓国語で発音したものです。ちなみに、韓国国内でも유기농 야채(ユギノンヤチェ/有機野菜)が話題になっています。

韓国料理に欠かすことができない野菜について取り上げていきます。まずは파(パ)。長ネギのことです。また、たまねぎのことは양파(ヤンパ)といいます。양(ヤン)は”洋”です。西欧ねぎという意味合いがあります。

韓国料理に取り入れられている西欧原産の野菜といえばキャベツでしょう。양배추(ヤンベチュ)といいます。배추(ペジュ)とは白菜のことです。ほかにも양상추(ヤンサンチュ)があります。これはチョレギサラダに欠かせないレタスのことです。焼肉料理店で提供される韓国野菜상추(サンチュ)に似ているから양상추(ヤンサンチュ)だそう。

韓国料理の野菜として忘れてはいけないのが根菜類です。ドラマタイトルにまでなった감자(カムジャ)はじゃがいものこと。감자별2013QR3をきっかけに、감자(カムジャ)がじゃがいもだと知ったという日本人もいるのではないでしょうか。また、韓国カフェならではのコグマラテとして知名度をほこっているのが고구마(コグマ)です。赤ちゃん熊のことではありません。サツマイモのことです。

また、韓国料理には果物を活用します。味付け肉にもすりおろした果物が惜しみなく活用されているのです。韓国語で”果物”は과일(クアイル)といいます。漢字語の果物を韓国語読みしています。

代表的な果物をいくつか取り上げます。例えば、귤(キュル)。これはみかんのことです。次に、복숭아(ポクスンア)。韓国料理にもすりおろして活用されている桃のことをいいます。韓国国民が愛している果物といえば、살구(サルグ)、사과(サグァ)でしょう。あんずとりんごです。おもしろいことに、バナナは바나나(バナナ)です。

まとめ

韓国語が堪能になっても、種類豊富であるため韓国語の食材はなかなか難しものだといわれています。韓国料理店で韓国料理を堪能したとき、あるいは自分自身で韓国料理を調理するときに、この食材はなんていうんんだろう……と調べてみると覚えやすいです。韓国のグルメサイトやレシピサイトをみるのも勉強になります。

韓国の食材・調味料、さらに韓国料理に興味を持つようになると、韓国語そのものがわかるようになりたいと思うようになるのではないでしょうか。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国人の先生が初心者にもわかりやすく韓国語を指導しています。日本語の○○という食材は、韓国語でなんていうんですか?という突然の質問にも、韓国人だからこそすぐに答えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語に触れてみましょう。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語文字の読み方って?ハングルひとつひとつの名前をご紹介!…

  2. ハングルの未来形を徹底解説!~ㄹ 거다、~ㄹ 게다、~겠다の…

  3. ハングルの数字の読み方・数え方を覚えよう!固有数詞と漢数詞と…

  4. 【アボジ】韓国語でパパ(お父さん)って言いたい!アッパと仲良…

  5. プリクラの韓国語スタンプを使いこなそう!話題のハッシュタグや…

  6. 韓国語と朝鮮語の違いは?ハングル語って?韓国語の呼称の違いま…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。