初心者でも韓国語勉強は独学で大丈夫?最初は何から?おすすめのテキストや勉強法は?

初心者でも韓国語勉強は独学で大丈夫?最初は何から?おすすめのテキストや勉強法は?

韓国語勉強って、初心者でも独学で出来るのでしょうか…?

ちょっと韓国語に興味があって勉強を始めようという人は、まずは自分一人、独学でと思う人が多いと思います。

まずは、お金をあまりかけないで一人でできるだけやってみようという事ですよね。

参考書や動画、アプリを使って今はたくさん韓国語を学べる教材がありますもんね!

そんな人に、そもそも初心者が韓国語の勉強を独学で出来るものなのか、また何から始めていけばいいのか、おすすめのテキストや勉強法などを調べていきたいと思います。

初心者だけど独学で韓国語勉強ってできるもの?

「初心者だけど独学で韓国語勉強ってできるもの?」

答えは「はい、できます」です!

多くの人が独学で韓国語勉強しています。

ちょっとだけ教室に通ったことがある、大学の授業で習ったことがある、そんな人も多くいますが、まずは1人でできないかと独学で始める人が多いようです。

中には、もう韓流ドラマを字幕なしで楽しめるようになった人や、好きなK-POPの韓国語の歌詞を謳えるようになった人、韓国に短い旅行なら問題なく行けるという人などもいます。

そんな人は、独学でも、上手に効果のある自分に合った勉強法が見つかった人ですよね。

独学で韓国語を勉強することはできますが、やはり何から勉強をしたらいいのか、どのように勉強すればいいのかなどコツやポイントがあるようです。

また、初心者の人が苦労する事、つまづきやすいポイントや注意しておきたいことなどもあります。

きちんと知っておくことで、勉強を無駄にすることなく、効果を上げていけるはず!

色々、チェックしていきましょう。

韓国語勉強の初心者が独学で苦労するポイント

まず、韓国語勉強の初心者の人が、独学で苦労するポイントを見ていきたいと思います。

苦労する点を知っておくことで、克服するための方法を探したり、気をつけながら勉強することが出来きます。

勉強自体が、やはりつらい・しんどい・大変なものでありますが、少しでも楽しく効率よくできるようにチェックしておきましょう。

韓国語の発音が難しい

一つ目の初心者の人の独学韓国語勉強の苦労するポイントは【韓国語の発音が難しい】と言うことです。

英語の勉強の時に経験がある人も多いと思いますが、日本語にない発音が韓国語にもあります。

独学だとどうしても発音がおかしかったりするのを直せなかったり、そもそも正しい発音がわからなかったりするので、苦労する人が多いようです。

特に多く聞かれるのが、韓国語は母音の「ㅓ」、「가・카・까」など平音・激音・濃音、パッチムの「ㄴ・ㅁ・ㅇ」です。

母音の「ㅓ」と「ㅗ」はどちらもカタカナでフリガナをつけるなら「オ」になるのですが、「ㅗ」は日本語の「オ」とほとんど同じですが、「ㅓ」は違います。

「가・카・까」もどれもふりがなでは「カ」になります。

聞いて比べてみると違いは判るのですが、いざ自分が話すとなるとコツをつかむのが難しいです。

パッチムの「ㄴ・ㅁ・ㅇ」も同じで、こちらは「ン」です。

先生と言う意味の韓国語は선생님ですが、韓国語初心者の日本人には「ソンセンニン」とンが3つついている言葉に聞こえますが、実は三つとも違う「ン」なんですね。

このような発音の細かいところを身に付けるのが、初心者の人は独学で苦労をします。

独学で韓国語を勉強する時には、このような発音には気を付けて、しっかり勉強することが大切です。

ついついさぼってしまう

二つ目の初心者の人の独学韓国語勉強の苦労するポイントは【ついついさぼってしまう】と言うことです。

自分一人で勉強をするので、管理が難しい、モチベーションが続かないという事に多くの人が苦労をしているようです。

学校や仕事が忙しい、疲れているなどそんな時は誰にもあるものです。

毎日少しずつでも続けることが大切と、わかっていてもなかなか実行するのは難しいですよね。

逆にハードな計画を立てて辛くなって挫折するというケースも考えられます。

こうならないためには独学で勉強する時には、勉強をするための計画、方法を自分に合ったもので、無理なく続けられるようにしっかり考えておくことが大切ですね。

初心者なので何から勉強してよいかわからない

三つ目の初心者の人の独学韓国語勉強の苦労するポイントは【初心者なので何から勉強してよいかわからない】と言うことです。

これは、多くの独学で韓国語を勉強する人の中で、特に初心者の人が苦労する点です。

ある程度、勉強が進んでいくと自分には今何が足りないのか、何を伸ばせばいいのかが、分かるようになります。

しかし、初心者の人は「わからないことがわからない」のような状態になりやすいんです。

「わからないから、とにかくやみくもに!手あたり次第」とか「教科書の通りにとりあえず進める」など一生懸命、やっては見るけど、それが効果がないなんてことは避けたいですよね。

初心者の方で独学で韓国語を勉強する人は、こういったことで努力を無駄にしないためにも、効率の良い勉強法を見つけることも、最初の段階で必要な作業だと言えるでしょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強術!みんなのノートのまとめ方を調査!書き方のコツやおすすめの使い方に単語・発音の覚え方は?

LINE@追加

韓国語勉強の初心者は独学で最初に何をする?

初心者の方が独学で韓国語を勉強する時に苦労する点を知り、注意することが分かったところで、次は最初に何をするか?を見ていきましょう。

自己紹介?挨拶? それももちろん大切ですが、初心者の方だからこそまず、最初にすることでおすすめしたいのが、韓国語の文字であるハングルを読めるようになるという勉強です。

韓国語勉強の最初はハングルの読み方の勉強がおすすめ

韓国語勉強の最初はハングルの読み方の勉強がおすすめです。

いきなりハングルを読めるように勉強するのは最初にちょっとハードルが高い、難しいと思うかもしれませんが、理由があります。

ハングルは読めるようになると、どんな長文の韓国語でも読めるようになります。

そして文字が読めると書けるようになります。

なので、圧倒的に初心者の段階でハングルをマスターすることに大きなメリットがあるんです。

それに何より、勉強したことがない人はハングル文字を難しいと思うかもしれませんが、実は簡単なんです!!!

ハングルは、10個の母音と14個の子音を組み合わせてできている文字です。

가と言う文字は、ㄱという子音とㅏと言う母音を組み合わせています。ㄱの発音はアルファベットのK、ㅏはAです。

つまり組み合わせると「KA=か」となります。こんな風にローマ字のように読めばよいので、たった14個の文字を覚えてしまえば後は組み合わせるだけ!

書き方も上下が左右に並べて書くというシンプルなルールです。

覚えるには反切表というものを使います。

どんなテキストよいでも良いのですが、まずはハングルの読み方を覚えるところから勉強を始めるようにしてみて下さい。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語勉強の初心者が独学で注意したいことは?

次は、韓国語勉強の初心者の方が独学で是非、注意していただきたい事についてです。

勉強方法はいろいろあります。

たくさんの方法から自分に合った方法をいろいろと試して探すしかありません。

でも注意してほしいこと、3点あります。

  • カタカナだけで韓国語を勉強しない!
  • テキストだけで韓国語を勉強しない!
  • 読むだけで韓国語を勉強しない!

この3つです。

一つ目の「カタカナだけで韓国語を勉強しない」というのは、ハングルで勉強をするという意味です。

最初にまずはハングルの読み方を勉強するのをおすすめしたように、カタカナではなくハングル文字で韓国語を勉強するようにしましょう。

「テキストだけで韓国語を勉強しない」と言うのは、音声も使って勉強をするという意味です。

読み書きももちろん大切ですが、聞くことも大切です。初心者の段階から韓国語の音声を使った勉強をするようにしましょう。

「読むだけで韓国語を勉強しない」というんは、話すことも取り入れましょうという意味です。

独学だと地番おろそかになりがちなのが話す練習です。一人では難しいところですが、音読をするなど韓国語を話すことも取り入れるようにしてください。

初心者だからこそ韓国語勉強の最初は教室がメリット絶大!

独学の韓国語勉強について触れてきました。

ですが、最後に言わせてください!

「初心者だからこそ韓国語勉強は教室に行くのがおすすめ!」と言うことです。

ハングルの読み方から最初勉強を始めるという事をお伝えしましたが、その段階だからこそ教室に行って是非、ハングル文字の仕組みと正しい発音を学んでください。

そして教室で、実際の韓国語を聞く、話すという事も初心者の段階から始めてみましょう。

ハングルが読めるようになれば、その後に独学をするのもぐっと楽になります。

最初から正しい発音を身に付けておけば、ずっとそれが続きますし、役に立ちます。

基礎くらいは自分で独学で勉強してから…そう思うかもしれませんが、とてももったいないこと!

最初の段階だからこそ、良いスタートを切り、楽しく韓国語勉強が続けられるように、教室に行くことを是非検討してみて下さい。

初心者でも韓国語勉強は独学で大丈夫?まとめ

初心者でも韓国語勉強は独学で出来るのかという疑問について、調べてみました。

独学でも勉強はできますが、苦労する点や注意したい点、最初に何を勉強するかなどを見てきました。

韓国語には「시작이 반이다(シジャギ パニダ)」ということわざがあります。

「始めることが半分」という意味なのですが、物事は最初の一歩、スタートをすることでもう半分達成している」、それだけ最初が肝心という言葉です。

せっかく韓国語に興味を持って勉強するのですから、良いスタートを切りたいですね!

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP