“韓国語の翻訳”をお仕事に♪ あなただけの働き方を紹介

“韓国語の翻訳”をお仕事に♪ あなただけの働き方を紹介

外国語翻訳の仕事は、以前から人気の高い仕事のひとつです。特に、外国語を専門的に勉強してきた人の多くは、一度は「翻訳家になりたい」と、憧れをもったことがあるようです。

しかし、翻訳に携わる仕事は、その国のことが「好き」という単純な理由だけで、誰でも簡単になれる仕事というわけではありません。では、外国語の翻訳家の仕事にはどういった能力が求められているのでしょうか、働き方を仕事内容とあわせて解説していきます。

韓国語だけではなくそもそも翻訳とは?

“韓国語の翻訳”を仕事にしたい!働き方と求められる能力は?

「翻訳」とは、異なる国同士の言葉を同じ意味に変換して文章に記述や、言葉として発することをいいます。もとの文章を、別の言語として自然な形に表現できる能力が必要です。

文章力はもちろん、その場に応じた専門知識が求められる作業となります。翻訳には直訳と意訳があり、翻訳者は依頼者の要望に応じて内容を使い分けていきます。

直訳は原文のまま忠実に訳していき、意訳は意味を変えない範囲で、添削や加筆といった編集作業がそこに加わります。最近では、さまざまな分野の翻訳者、翻訳を仕事にする方が増えてきており、その分野に関連する知識がある人に依頼が多く集まる傾向にあります。

翻訳の方法とは

翻訳は主に以下の2通りの処理方法があります。

1.機械で翻訳を行う方法

機械翻訳 (Machine Translation)は、人間による言語をパターン化して、コンピューターで分析を行い処理し、自動的に翻訳を行います。機械翻訳は便利な反面、直訳になることが多く、専門的な言い回しなどについては本来伝えたい意味と異なる場合が多々あります。

2.人間が翻訳を行う方法

人間が翻訳を行う原稿の意味や趣旨を理解し、適切と思う文章に仕上げていきます。翻訳者は、経験や知識を基にして原稿の趣旨を適切に理解することができます。それによって、最もふさわしい表現に変換していけるのです。

ここでは、主に人間が翻訳を行う方法をお伝えしていきます。

翻訳と通訳の違い

また、「翻訳」に似ている言葉として「通訳」があります。通訳とは、話した内容を異なった言語に置き換えて話すことを指します。翻訳と通訳は似ているように思われますが、それぞれに違いがあります。主に、以下の内容に分かれます。

・翻訳は、書かれた文章を他の言語で記述することを指す。
・通訳は、口頭で述べられた文章をそのつど他の言語で表現しなおし、必要に応じた体裁で仕上げていく。

翻訳家には時間をかけて文章を作成したり、練り直したりし、わかりやすく説明するための文章力と読解力が必要です。通訳家には、言語を反射的に別の言語に転換させるといった、その場で瞬時に切り替えることができる能力が問われます。

「翻訳」と「通訳」の共通している部分は、ある言語で表現された物事を他の言語に変換して表現しなおす作業である、というところでしょう。

変換して置き換えるものの中には言葉だけではなく、概念や考え方といったものが含まれる形になります。よって、その仕事に関係する経験や広い知識が必要になります。

翻訳の仕事内容と職種区分

翻訳と一言でいっても、翻訳そのものだけが業務ではありません。その内容をあらためて問われると、明確に答えられる人はそう多くはいないでしょう。ここでは、翻訳の仕事内容と業務の区分についてお伝えします。

翻訳の仕事内容

翻訳の仕事は多岐に渡り、それぞれに応じたスキルが必要になります。大きく区分した場合には、3つに分けることができます。「産業翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」がそれにあたります。

細かく分けると、小説などの文学作品をはじめ、外交文書、マニュアル、映画やテレビに必要な字幕やテロップなどの翻訳作業があります。

企業が翻訳者を雇い入れる場合は、海外の人とメールでやり取りを行う必要があるときや、社内で使う会議資料を翻訳して配布する必要があるときなどに翻訳依頼があります。

翻訳の職種区分

翻訳の仕事を行う会社などでは、翻訳者の他にもさまざまな人が翻訳という仕事に携わっています。主な職務内容は次のとおりです。

翻訳アシスタント

翻訳作業の下調べや資料の収集を行い、調査などを手助けする役割を担う業務

翻訳コーディネーター

クライアントの要望を理解し、作業の流れを組み立てていく業務

翻訳チェッカー

翻訳者が作成した文章の内容をチェックし、誤字脱字がないか、表現の統一性がとれているかなどの確認を行う業務

ランゲージリード

翻訳の品質管理を行う業務

このように、「翻訳」というひとつの業務に対して、複数の業務が関連していることがわかります。また、翻訳する言葉の特徴は国ごとに違うため、各種語学検定は習得しておくべきでしょう。

韓国語翻訳家の働き方と求められる能力

韓国語にも対応できる翻訳家として、働き方や、求められる能力にはどんなものがあるでしょうか?以下で、具体的に説明をしていきます。

翻訳家の働き方

翻訳家になるためには、決まった学校があるわけではありません。特に資格が必要なわけではないため、大学の英文科や外国語大学を卒業しなければいけないわけでもないのです。

しかし、語学について専門的に学んでおくことは、知識が豊富になるということになり、仕事をしていくうえでは強みになるでしょう。

出版社が翻訳家に仕事を依頼する際には、学歴を重視するケースもあるといわれています。そのため、有名な大学を卒業しているということで、メリットになる可能性もあります。

先述のとおり、翻訳家は特に資格が必要ではないため、韓国語の翻訳家になる場合は公に見せる証明書のようなものは不要です。しかし、最低でも韓国語能力検定の上級に相当する6級レベル、英語の場合は英検1級、TOEIC900点台の語学力が必要となります。

また、翻訳家となるには、実務経験なしで雇い入れてくれるところはほとんどありません。では、未経験から翻訳家として活動を始めたい場合はどうすればよいのでしょうか?

翻訳家として働くためには、下記のように二通りの方法があります。

翻訳会社に登録する

翻訳会社の課題となるトライアルを受け、それをクリアすることで翻訳者として登録される

翻訳関連会社に就職する

社員の区分として募集しているところが多い。
履歴書などを送り、求人応募という形で採用試験を受けることができる

翻訳専門会社に勤務することができれば、専任の翻訳家として働くことができます。そのため、翻訳会社に登録しスポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。

まずは、そういったスタイルの働き方から始めて、今後の将来につなげるためにも、そこで人脈をつくっておくことが大事であるといえます。

翻訳家に求められる能力

翻訳という仕事は、外国語が理解できればできる仕事ではありません。翻訳するにいたっては、外国語はもとより、もとの文章の内容や背景をしっかり理解したうえで、自然な文章になおす日本語能力も当然求められます。そのほか、学術書などを翻訳する場合は高度な専門知識が必要です。単に「韓国語が好き」「外国語が好き」という理由だけでは、簡単にできることではないようです。

表現する日本語の能力も磨きながら、自分にしかできないことなど得意分野があると、仕事を獲得しやすいでしょう。また、地道な仕事でもあり、一気に大量の翻訳を請負う場合もあるため、集中力をもって作業を続けられる忍耐力も求められます。

まとめ

日本への海外ドラマや映画、K-POPと称される韓流音楽などの流入により、翻訳の仕事が今後ますます増えていくと予想されます。現在は、英語の翻訳の仕事が目立ちますが、韓国語や
中国語などの翻訳依頼も増えてきています。

オリンピックや、万博開催など国を挙げてのイベントも控えているため、需要は確実に高くなっています。韓国語の翻訳家の道を考えているならば、をまずは実績を積むところからはじめてみましょう。

もし、本格的に韓国語の会話を勉強したくなったら、日本最大級の韓国語スクールK Villagehttps://kvillage.jp/)へお越しください。60分500円で受講できるリーズナブルなレッスンがあるので、ぜひ、体験レッスンを検討してみてくださいね。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語で〈見て〉って言いたい!色々な韓国語での「見て」の言い…

  2. プリクラをハングルでもっとかわいく!プリ画スタンプの意味やお…

  3. 韓国語で「はい」と「いいえ」の伝え方。韓国で大切な「はい」と…

  4. 韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持…

  5. ハングルの手書き検索のやり方入門!ハングルの書き方がわからな…

  6. 韓国語で〈使う〉はなんて言う?韓国語の使える言い方をご紹介!…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。