突然ですが、ハングルという韓国語をハングルで書けますか??

突然ですが、ハングルという韓国語をハングルで書けますか??

突然ですが、ハングルという韓国語をハングルで書けますか??

ハングルとは韓国で使われている文字ですが、本来で言うとカナカナではなくハングルで書くものです。英語でもカタカナではイングリッシュと書きますがENGLISHと書きます。このハングルのように、日本語の会話の中で外来語としてカナカナで表記して使っている韓国語と案外多くあります。

そういわれてみるとその韓国語をハングルでどう書くのか知りたくありませんか??英語のカタカナ表記と同じで。無理やり日本語表記に当てはめているため実際の発音とはずいぶん変わってしまっているものもあったりするので、韓国旅行などで使うときには通じないなんてこともあるようです。

せっかく知っている韓国語の単語なのでハングルでもどう書くのか、正しくどう発音するのかは知っておいて損はないはず!正しいハングルを覚えてもっと活用できるようにしてみましょう。

ハングルをハングルで書けますか?

「ハングル」をハングル文字で正しく書けますか? 正解は「한글」と書きます。ハングルとは「偉大なる文字」という意味から名づけられた文字なのだそうですよ。日本語表記にすると、「ハングル」と4文字になりますが、本家の韓国語では2文字なんですね。

これは韓国語にパッチムという仕組みがあり、「ン」などが子音として前の文字と合わせて表記されるからです。

文字数だけでも全然違うカタカナのハングルと、ハングルの한글。しかし一番違うのは発音でしょう。わかりやすくローマ字で表記してみると、

カタカナハングル → HANGURU
ハングル한글 → HANGEUR

このように違いが出ます。글の方は、Uは日本語のウの口の時よりもイーっと左右一杯に口を広げて発音する「ウ」になり、最後のRUは正確にはUが無く、舌を巻くように発音する子音のRの音だけになります。

ハングルの発音はこのように日本語には使われていない発音があり、慣れるまでは大変ですが、覚えてしまえばどんな文字でもすぐに読めるようになる、とても考えて作られている文字なんです。部品となるハングルの子音と母音を覚えれば、後は組み合わせて読めるようにもかけるようにもなってしまうから!

もっと詳しく見て、ハングルを読みたいという人は是非ハングルの勉強を始めてみて下さい。

また、ハングルのように普段カタカナで使っている韓国語のワード達が他にもたくさんあります。ソウルや釜山などの地名もそうですし、キムチやカルビなどのグルメでも。もう韓国語であるということを意識せずに使っているようなものまでたくさんありますよね。そんな普段何気なく使っているカタカナの韓国語のワードをハングルで書いてみましょう。

■関連ハングル記事
ハングル語という言葉は間違い!本当の【ハングル】の意味と由来・語源を知ろう
ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない「ん」の発音について

何気なくカタカナで使っている韓国語をハングルで!

【地名】
コリア → 코리아
ソウル → 서울
釜山(プサン) → 부산
明洞(ミョンドン) → 명동
南大門(ナンデムン) → 남대문
東大門(トンデムン) → 동대문

【韓国グルメ】
キムチ → 김치
オイキムチ → 오이김치
カクテキ(カットゥギ) → 깍두기
カルビ → 갈비
チヂミ → 지짐이
チャプチェ → 잡채
マッコリ → 막걸리
トッポッキ → 떡볶이

【フレーズ】
アンニョンハセヨ → 안녕하세요
カムサハムニダ → 감사합니다
マシッソヨ → 맛있어요
サランヘヨ → 사랑해요
カッカチュセヨ → 깎아주세요

いかがでしょうか。どの韓国語も知ってはいるけどハングルでどうやって書くのかまでは知らないものも多かったのではないでしょうか。ハングルで韓国語を覚えるようになると発音も正しくできるようになりますし、どんどんボキャブラリーも広がってきます。先ほどもご紹介しましたが、ハングルは、勉強がしやすいように考えて作られている文字で「知識の革命」とも呼ばれる文字です。

興味のある人は是非ハングルを勉強してみましょう!

■関連ハングル記事
【ハングルとは?】ハングルは知識の革命?!もっともすぐれた文字とも呼ばれるハングルの起源を調べてみよう!

ハングルが書けなくても反切表でマスターできる!

読めない、書けないハングルを勉強したい!という気になった方、何から始めればいいのか?ですよね。

韓国語を勉強すると思い立ったら、何か本や参考書、ドリルなどを手に入れないとと思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。もちろん本や参考書も有効ですがまず、お金をかけずにできる方法があるんです。

それは、アプリやWEBを活用する方法なんです。有料のものもありますが、無料のものたくさんありますし、なにより今すぐに手元にあるスマホで始められますよ。

ハングルを勉強するとなるとまず見ることになるのが、反切表と呼ばれる、日本語で言う50音の表なのですが「反切表」と検索すればたくさんヒットします。「韓国語 初級」や「ハングル」と検索してみてもアプリで書き方、読み方を十分学ぶことが出来ます。

どんなタイプの勉強方法が合うかは、人それぞれですが今は楽しみながら、ちょっとしたスキマ時間を活用したスマホを使った学習方法でハングルも勉強が始められます。せっかく「ハングルを覚えてみようかな?」という気持ちが起こったのであれば、本屋さんに行く前にいろいろスマホで検索してみてはいかがでしょうか??

■関連ハングル記事
ハングルの読み取り翻訳アプリ徹底解剖!シチュエーション別ハングル翻訳アプリの便利な使い方のご紹介
アプリやWEBでハングルの単語も文法も!最新のハングル学習法を試してみよう!
ハングルの文字数はたった24文字!ハングルは簡単に覚えられる表でマスターしよう

子音と母音の組み合わせで書けるようになるハングル

スマホで検索する前に、少しだけこちらでもハングルの書き方と読み方をご紹介しておきましょう。先ほどご紹介したキムチ:김치でご説明しますね。

ハングルで書いたキムチ:김치は2文字です。一つ目の김はㄱ、ㅣ、ㅁの3つの部品が組み合わさってできています。それぞれ読み方はㄱ=K、ㅣ=I、ㅁ=Mとなり、つなげるとKIMとなります。
二文字目の치はㅊ、ㅣの二つです。長い縦の棒は先ほども出てきましたね。読み方ももちろん一緒なんです。ㅊ=CH、ㅣ=Iなので、CHIと読むことになります。

繋げると、キムチ:김치はKIMCHI。なので、カタカナではキムチと書きますが、本当の発音をカタカナで書くとすれば、「キンチ」という方が近くなります。しかも、ンはMなので上下の唇をしっかりくっつけて発音してみて下さい。それで本格的な김치の発音になります。

このように、ハングルは一つ一つの部品の読み方を覚えて組み合わせていくだけで読めるようになるという便利な文字なのです。また書き方も左右や上下に組み合わせるというシンプルなもの。どうですか?もっと知りたくなりましたか?そうなったら反切表というハングルの50音図で本格的に勉強を始めてみましょう。

■関連ハングル記事
ハングルの50音は反切表!発音から読み方、書き方までまとめてハングル文字をマスターしよう

カタカナで書いている外来語もハングルで書いたら通じる?!

最後にもう一つ、知っている韓国語をハングルで書くということだけでなく、普段私たちがカタカナで書いている外来語をハングルで書くと韓国でも通じるものがたくさんあるということをお伝えしておきたいと思います。

例えば、こんなものです。

アイスクリーム → 아이스크림
チョコレート → 초코렛
シャワー → 샤워
インターネット → 인터넷

いかがでしょうか。このような英語がそのまま韓国でもハングルに表記して使っている言葉がたくさんあります。反切表で覚えてしまえば、これらの言葉は読んだり書いたりもできるようになり一気にボキャブラリーを増やすことにもなるんですね!

ハングルはハングルでどうやって書く?まとめ

ハングルはどうやってハングルで書く?という疑問から、身近にある韓国語をハングルでご紹介してきました。

このように私たちの身近にたくさんある韓国語をハングルを知ることで、もっと身近に楽しく感じることが出来ます。読めるようになると日本語と似ている言葉も多い韓国語はきっと勉強も楽しく続けられますよ。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP