韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

韓国語のハングルの読み書きを覚えて、あいさつもできるようになって、いよいよ初級の文法となったときに、韓国語の動詞の変化をうまく覚えることができずに、頭を悩ませてしまう日本人学習者も少なくありません。

「요(ヨ)体/です・ます」にするだけでも、どうして가(カ)に요(ヨ)がくっついて가요(カヨ/行きます)になるのもあれば、먹(モク)に어요(オヨ)がくっついて먹어요(モゴヨ/食べます)になるものもあるように、それぞれによって違います。

ですが、だからといって、ひとつひとつの動詞ごとに覚えていたらキリがありません。どうすれば韓国語の動詞の変化を簡単に覚えることができるのでしょうか。

実は、韓国語の動詞の変化は3つのパターンに分類することができるのです。それに当てはめてしまえば、パズルのピースが合うように、すんなりと理解できてしまうはず。

韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

そこで今回は、韓国語の動詞の変化を簡単に覚える方法をご紹介します。

この記事の目次
・簡単韓国語。韓国語の動詞変化1・そのまま接続する
・簡単韓国語。簡単韓国語。韓国語の動詞変化2・陽/陰母音で違う
・簡単韓国語。韓国語の動詞変化3・パッチムあるorない
・簡単韓国語。まとめ

簡単韓国語。韓国語の動詞変化1・そのまま接続する

韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

韓国語には辞書形といわれる、活用するうえで基本となるものがあります。

例えば、가요(カヨ/行きます)であれば、辞書形は가다(カダ)。먹어요(モゴヨ/食べます)であれば、辞書形は먹다(モクタ)になります。このうち、語幹となるのが、가(カ)と먹(モク)。다(タ)をとった形になります。この語幹に接続する語尾によって、動詞が変化を起こすのです。

この韓国語の動詞の変化を、3つのパターンに分類することができます。そのうち、そのまま接続するだけのものは比較的覚えやすいでしょう。ここで、使用頻度の高い語尾をいくつかみていきます。

■語幹+고(コ/〜て)

語幹+고(コ/〜て)にあてはめると、가고(カゴ/行って)、먹고(モッコ/食べて)となります。고싶다(コ シプタ/したい)と表現するときにも使うことができます。

■語幹+지만(チマン/〜けれども)

語幹+지만(チマン/〜けれども)だと、가지만(カッヂマン/行くけれど)、먹지만(食べるけれど)というようになります。지않다(チ・アンタ/〜ない)などの表現もあるので、頻繁に使用するものです。

簡単韓国語。韓国語の動詞変化2・陽/陰母音で違う

韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

韓国語の動詞の変化で混乱するもののひとつに、陽母音と陰母音による使い分けがあげられます。あれ、아(ア)は陽母音だっけ、それとも陰母音だっけ?と混乱することもあるかもしれませんが、陽母音は「ㅏ・ㅗ」だけで、実は他の母音は陰母音なのです。

가다(カダ/行く)は陽母音、먹다(モクタ/食べる)は陰母音です。これに、陽母音・陰母音で動詞が変化する「아/어요(ア・オ/ヨ)」を接続してみましょう。韓国語のフランクな敬語なのでよく使うはずです。

가(カ)+아요で가요(カヨ)、먹(モク)+어요で먹어요(モゴヨ)となります。만나다(マンナダ/会います)の場合だと、만(マン)+아요で만나요(マンナヨ)、만들다(マンドゥルダ/作る)だと、만들(マンドゥル)+어요で만들어요(マンドゥロヨ)です。

陽母音・陰母音の接続する、韓国語の過去形をみていきましょう。

■語幹+았・었다(ア・オッタ)

語幹+았・었다(ア・オッタ)は韓国語の過去形を表現する、とても重要な語尾になります。가(カ)+았어요で(カッソヨ/行きました)、먹(モク)+었어요で(モゴッソヨ/食べました)と動詞を変化させて、過去にあったできごとを伝えられます。

簡単韓国語。韓国語の動詞変化3・パッチムあるorない

韓国語の動詞の変化は難しくない!簡単に覚えられる3つのパターンを解説

韓国語の動詞の変化では、そのままくっつくもの、陽母音・陰母音で変化するものと、語幹の最後にパッチムがあるかないかによって変わるものもあります。

例えば、~のでと理由を説明する-니까(ニッカ)の場合だと、가니까(カニッカ/行くので)、먹으니까(モグニッカ/食べるので)というように、パッチムがあるときは으니까、ないときはそのまま니까が接続するのです。

パッチムのある・なしによって動詞が変化するものをみてみましょう。

■ㄹ/을수있다(ル/ウル スイッタ)

韓国語で可能を表現するㄹ/을수있다(ル/ウル スイッタ)は、パッチムがないときは「ㄹ/ル」、あるときは「을/ウル」수있다(が接続します。パッチムがない가다(カダ/行く)は、갈수있어요(カルスイッソヨ/行けます)、パッチムがある먹다(モクタ)は먹을수있어요(モグルスイッソヨ/食べられます)となります。

まとめ

韓国語を覚えるとき、動詞の変化が難しいという日本人がたくさんいますが、3つのパターンにあてはめてしまえば、それほど難しくはありません。これから語彙が増えていっても、さまざまな語尾を接続して、表現の幅を広げていくことができるはずです。

韓国語の表現のバリエーションが増えると、それだけ韓国人とのコミュニケーションも深まります。もっと、韓国語で気持ちを伝えたいと思うのではないでしょうか。

韓国語教室KVillageTokyoは、韓国人の先生が韓国語の動詞の変化もわかりやすいように教えてくれるので、初心者でも安心してレッスンを受けることができます。

まずは体験レッスンで、韓国語の表現のバリエーションを増やす一歩を踏み出しましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪校
なんば心斎橋校
福岡校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国語でおつかれさま!気持ちよく過ごすためのおつかれさまフレ…

  2. 朝鮮通信使も滞在した品川はオリンピックで国際化が加速!品川×…

  3. ファイティン!がんばって!と応援するための韓国語をご紹介

  4. 韓国語教室へカジャカジャ(行こう行こう)!気になる韓国語教室…

  5. 韓国語のリスニングを上達させたい!初心者におすすめの韓国語「…

  6. 韓国語初心者はこの順番で勉強しよう!会話が成り立つ最短プロセ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。