美しいハングルの書き方・書き順が知りたい!書体の違いや書道もあるの?

美しいハングルの書き方・書き順が知りたい!書体の違いや書道もあるの?

韓国語の勉強を始めてハングル文字を書けるようになった、読めるようになったという人も、なかなか納得のいく綺麗な文字を書けると自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

どんな文字を書くのか筆跡は人柄が現れるとも言いますし、後から自分で見返したり、他の人に見せたりすることを考えるとやはり美しいハングル文字を書きたいと思うのは当然でしょう。

美しい文字を書く基本となる書き方、正しい書き順は大切ですがハングル文字にも書き方、書き順ってあるのでしょうか。また手書きだけでなくパソコンやスマホが当たり前のこの時代ですので、やはりハングル文字もどんな書体・フォントがあるのかも気になりませんか?そして、昔ながらの美しい文字と言えばやはり書道でしょう。ハングル文字でも書道ってあるのでしょうか?

というわけで今回は、ハングル文字を美しく書くための書き方・書き順を調べてみたいと思います。そして、ハングル文字の書体・フォント、書道についてものぞいてみたいと思います。

この記事の目次
・ハングル文字を綺麗に美しく!書き方や書き順ってあるの?
・正しい書き順でハングルを綺麗に書こう!
・読みやすい綺麗なハングルの特徴
・代表的なハングルの書体
・ハングルでも書道ってあるの?
・美しいハングルの書き方・書き順まとめ

ハングル文字を綺麗に美しく!書き方や書き順ってあるの?

韓国語の勉強が進んでくると、「もっとハングル文字を綺麗に書きたいな」そう思う人が増えてくるそうです。あなたはいかがですか?

ひらがなとカタカナに漢字が混ざっている日本語に比べれば、シンプルに見えるハングル文字ですが、パッチムがあったり、子音と母音の書き方が上下になっているもの、左右になっているものと配置が複雑で意外に綺麗に書けないと悩んでしまいますよね。どうすれば綺麗なハングル文字が書けるのでしょうか。

日本語でもそうですが、文字を正しく美しく書くためにはやはり、書き方・書き順という基本をしっかり押さえることが大切です。今回はそういったポイントを押さえて見たいと思います。

また、合わせてハングルの書体・フォントや書道についても調べてみました。

正しい書き順でハングルを綺麗に書こう!

まずは綺麗なハングルの書き方を目指して、正しい書き順通りに書くことを意識してみましょう。すでにハングルをある程度書くことが出来るようになっている人でも、一度初心に帰って、一番最初にハングルの書き方を勉強した本やサイトに戻ってみましょう。

嬉しいことにハングル文字は26個の子音と母音の組み合わせでできている文字です。その26個さえ書き順を復習すれば、すべての文字が正しい書き順で書けるようになります。

しかも日本人は漢字の書き順を小学校のころからみっちり学んだ経験を生かせますので、ハングルの書き順はそれほど難しくはありません。漢字の要領で意識することなく最初から、正しい書き順で書けるという人も珍しくありません。

このように書き順に関しては、一度見返して復習するだけで充分です。美しいハングル文字を書きたいと思うならば、まずは正しい書き順を復習してみましょう。

■関連ハングル記事
ハングルは全部で何文字?韓国語を全部カタカナで覚えるのは可能?ハングル24文字について徹底特集

読みやすい綺麗なハングルの特徴

書き順が確認出来たら次は実際の書き方ですよね。ここでは読みやすい綺麗なハングル文字の特徴を見ていきたいと思います。押さえておきたい特徴は3つです。

読みやすい綺麗なハングルの特徴

その1:一文字が一つの正方形の中に納まるように書くこと
その2:並んでいるハングル文字の上下がそろっていること
その3:文節ごとに均等にスペースを入れること

その1:一文字が一つの正方形の中に納まるように書くコツは、練習すればすぐにできるようになります。子音と母音の組み合わせが左右・上下のパターンとパッチムがあるハングルはバランスが整っていればそれだけで綺麗に見えます。

漢字の「木」を参考にしてみましょう。

林・条・森 これらは漢字の一部に「木」が入っていますが、普段私たちは配置によって長さや大きさを変えて書きますよね。同じ「ㄱ」であっても同じ要領で、가・고・값のように縦長に書いたり、横長にしたり、サイズ自体を小さくしたりすればいいのです。

その2:並んでいるハングル文字の上下がそろっていることは、その1とも共通しますが、たくさん文字数を書くようになってくる時に意識していただきたいポイントです。できれば最初は、枠線のあるノートなどを用いて、文字の高さをそろえて書く練習をしましょう。思っているよりも小さめに書くという方法も有効ですよ!

その3:文節ごとにスペースを入れることは、簡単なように思えて実は難しいものです。「均等に」というところがポイント。パッと目に入ったとき実は文字と文字の間のスペースは意外と目につきます。そこが綺麗にそろっているだけでも、パソコンでタイプしたような整った綺麗な印象になります。

この3つの特徴を意識しながら、ハングル文字を書くようにすると、ぐっと綺麗に読みやすい文字になるはずです。是非試してみて下さい。

代表的なハングルの書体

手書きのハングル文字の書き方や書き順を見てきたところで、次はタイピングされたハングル文字について。代表的な書体・フォントについて触れておきましょう。メジャーな書体を5つご紹介します。ハングル文字だけだとイメージしにくいですが、漢字も見るとちょっとイメージが付くかもしれませんね。

1.판본체(板本体 パンポンチェ)

『訓民正音』の版木(板本)に使われたことから来た書体です。全体的にカクカク、角ばっていて最も古い書体です。

2.굴림체(Gulim クリムチェ)

日本語で言うと丸ゴシック体です。全体的に丸みを帯びた文字。丸みがあるからダメというわけではなく、読みやすいのでビジネス文書などでも広くつかわれています。

3.궁서체(Gungsuh 宮書体 クンソチェ)

昔、宮中の女性が使っていたことから付いた書体名です。筆で描いた書道のような印象になります。

4.돋움체(Dotum トドゥム体)

日本語で言うと角ゴシック体です。ゴシックは고딕とも言いますが、돋움체のほうが一般的です。角はしっかりとがった文字です。

5.바탕체(Batang パタン体)

日本語で言うと明朝体です。パタンとは基礎という意味。代表的なタイピングの書体でしょう。

ハングルでも書道ってあるの?

最後にこの疑問。「ハングルでも書道ってあるの?」ですが、あります!

考えてみて下さい。書道は中国から日本に伝わってきた文化です。当然その中間である韓国にも墨と筆を使って文字を記す書道という文化は存在します!

先ほど紹介した판본체や굴림체は一般的に韓国の書道で学ばれることが多い文字です。日本のように書道教室は韓国でもあり、美しい文字が書けるのはたしなみ・教養として重宝されます。日本の学校は授業で書道がありますが、韓国でもどんどんなくなってきているそうですが、行われていることろはあるようです。

人気だった韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」 のような、韓国版時代劇の中では、時々机に向かって書簡に筆を走らせているシーンなどが見られます。

ソウルにインサドン(인사동:仁寺洞)という観光エリアがありますが、こちらは市内で便利な立地にありながら、昔ながらの韓国の雰囲気が楽しめると人気です。筆で書かれた판본체がいたるところで見られます。韓国の伝統茶が楽しめるカフェなどもあり、観光の休憩にはピッタリです。昔ながらの韓国の雰囲気を味わいたいなら是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

美しいハングルの書き方・書き順まとめ

美しいハングル文字の書き方、書き順についていろいろ見てみました。やはり読みやすい綺麗な文字を書くためには、手になじむまで何度か実際に書いて練習するのがいいようですね。

また、実際に書くと見ているだけよりずっと記憶にも残るということで学習の効果アップも期待できます!ハングルになじむためにもなるべくたくさん書くようにしたいですね。

無料体験レッスン申込

60分500円の韓国語教室 K Village
一緒に韓国語レッスンしませんか?

上場企業グループが運営する安心の韓国語教室

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 【おいしいを韓国語で】胃袋からつかまえる韓国語!おいしいを韓…

  2. 〇〇を韓国語で言うと…? 韓国語のポキャブラリーがアップする…

  3. 韓国語の「よく使うフレーズ」が知りたい!韓国で挨拶・旅行・ビ…

  4. 親しみある韓国の悪口をご紹介!知ることで韓国の人間関係がもっ…

  5. ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない…

  6. 韓国語で嬉しい気持ちを表現したい!韓国語のハッピーな言葉をご…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。