韓国語で友達、恋人と電話したい!ビジネスでも使える電話マナーもご紹介!

韓国語で友達、恋人と電話したい!ビジネスでも使える電話マナーもご紹介!

日本語と韓国語では電話のかけ方にどのような違いがあるのでしょうか?韓国語を学びたい方が知っておきたい韓国語電話マナーを細かく解説いたします。ネイティブに近い韓国語をマスターするためには、相手に応じて言葉を選ぶ力も大切です。

韓国語で電話をかける前に

まずは韓国語で電話をかける前に知っておきたい電話のかけ方や、かかってきた電話への応答、自分がかけた電話に相手が出た際の答え方などからみていきましょう。

韓国へ電話をかける

韓国に日本から電話をかけるのは、当然のことながら国際電話となります。そこで、日本国内に電話をするように、相手の番号だけをかけても繋がりません。

まず国番号が必要です。韓国の国番号は「82」です。その後に市外局番、電話番号と続けてダイヤルします。国番号「82」の前に「+」を押す必要がありますが、ダイヤルには+がありませんよね。これは数字の0を長押しすることで代用できます。さらに市外局番の後にダイヤルする電話番号は頭についている0を省いた番号を押しましょう。

では例をあげてご説明しますね。

電話をかけたい番号が以下だとすると
031-2125-0254568
+(0を長押し)81(国番号)031212(0を省く)5254568 となります。

ちなみに韓国語で電話は전화(チョヌァ)、電話をかけるは전화를 걸다(チョヌァルル コルダ)です。合わせて知っておきましょう。

韓国語で電話に出る・かけるときの「もしもし」

日本語で電話をかけるとき、出るときに「もしもし」といいますよね。韓国語ではどう表現するのかをご紹介しましょう。

日本語でいうところの「もしもし」は、韓国語では여보세요(ヨボセヨ)です。

また日本語に敬語があるように、韓国語も相手との立場によって使う言葉が異なります。同じ、もしもしを表現するにも、年下の人や友達には以下をつかいます。

나야・나예요(ナヤ・ナエヨ)
これは「私です」という意味を持っています。自分の名前を入れたい場合は、나야と나예요の間にご自身の名前を入れてください。

年上の人に、もしもしを言いたい場合は以下を使ってください。

저예요 접니다(チョエヨ・チョンミダ)

友人や年下の人に敬語を使うとよそよそしく感じさせますし、年上の人に友人に使うようなくだけた言葉を使うと失礼です。相手との関係に応じた使い分けができるように覚えておきましょう。

通話中に使える相槌(あいづち)

続いてご紹介するのは相槌(あいづち)です。電話での会話は実際に会って話すのとは違い、相手の顔が見えないので反応が見えづらいものです。そのため、相槌を正しく打たないと話を聞いてくれていないのかと思わせたり、会話が弾まない原因となります。

では、通話中によく使う相槌をご紹介するので、ぜひ覚えてくださいね。

・うん→응(ウン)
・はい→예.(イェ)、네.(ネ)
・そうそう→그래그래(クレ クレ)
・それで?→그래서(クレソ)
・そうです→그래요(クレヨ)
・そうですね→그렇네요(クロンネヨ)
・そうなの?→그래? (クレ)
・そうなんですか?→그래요? (クレヨ?)
・ほんと?(マジ?)→진짜(チンチャ)
・本当ですか?→정말이에요”(チョンマリエヨ)
・そうですよね→그렇죠?(クロッチョ?)
・あら!→어머!(オモ!)
※女性的言葉なので男性は注意
・わぁ~→와.(ワ~)
・いいですね→좋겠어요.(チョッケッソヨ)
・分かります→알아요.(アラヨ)
・その通りです→맞아요.(マジャヨ)

返事、話の先を促す言葉、同意する言葉、確認する言葉、感動や驚きを表す言葉など、これだけ覚えているだけでも、会話が随分と弾んでくれるでしょう。

韓国語で電話を切るとき

続いては韓国語で電話をきるときの表現です。

日本語の場合、友達だと「じゃあまたね」とか「じゃあ切るね」といった具合に言いますね。韓国語でよく知られているポピュラーな表現が以下の2つです。どちらも、さようならという意味を持った言葉です。

・「안녕히 계세요」(アンニョンイ ゲセヨ)
・「안녕히 계십시오」(アンニョンイ ゲシプシオ)

ただしこれだと少し言葉がかたいので、友達同士で使えるもっとカジュアルな表現をご紹介しましょう。

・じゃあね「안녕」(アンニョン)
・切るね「끊을게」(クヌルケ)

また日本語でいう「また連絡するね」という意味で使われるのが以下の表現です。ただ本当に連絡しますという約束というよりは、社交辞令の電話を切るときの決まり文句のようなものです。

・또 연락할게(ット ヨンラクハルケ)

後日会う機会がある場合には以下のように切ることもあります。後で会おうという意味です。

・이따 보자(イッタ ポジャ)

ビジネス通話で終話するとき

友達同士や知り合いとの電話を切るときの表現は理解できたでしょうか?では、ビジネス通話や先輩や目上の方が相手の場合の電話の切り方をご紹介します。

日本語では大抵の場合「失礼します」と切ることが多いですね。韓国語でも同様です。以下の言葉を覚えておいてください。

들어가세요(トゥロガセヨ)

この言葉には、「どうぞ、まずお電話をお切りください」と、自分からではなく相手に先に切ってもらう意味合いがあります。

友達などとの電話を切る時と言葉と使い分けをするようにしてください。

韓国語をもっとネイティブに近づけるなら


韓国語を勉強し始めたら、やはりたどたどしい慣れない言葉づかいではなく、ネイティブに近い話し方をしたいと思うものですね。

慣れない表現でも自国の言葉で話してくれると、韓国の方からの印象は良いでしょうが、ネイティブに話せるとより会話も弾むこと間違いなしです。

ここからは、楽しみながら韓国語のレベルをさらに上げる為の方法をご紹介します。

電話が好きな韓国人とたくさん電話をしてみよう!

韓国人には電話好きな人が多いのをご存知でしょうか?1日に何十回とちょっとしたことで電話をする機会を持っていると言われます。そのため、韓国人の友達などがいれば気軽に電話を通じて生きた韓国語を身につけることができます。

韓国人の方の電話は何か特別な用がある、相談があるというのではなく、日本人からするとそんなことで?ということでも電話をします。たとえば「今帰ったー」、「ご飯食べた―」、「これってなんていうんだっけ?」といった具合です。

個人差はありますが、1回の電話はそこまで長い時間ではなくとも、電話の回数は日本人からすると驚くほどの回数です。

だからこそ、韓国人の友達を作り同じような感じで気軽に電話をすることで、韓国人の電話文化を楽しみながら、かつ韓国語もマスターすることができます。最近では電話も無料アプリなどを利用してかけることができるので通話料の心配もいらないのもありがたいですね。

韓国語のレッスンを受けよう

韓国語をレベルアップさせるために、韓国人の友達と電話するというのも非常に有効な方法です。ただ、ビジネスでも使えるような言葉遣いや目上の人にはどういうのだろうという細やかな使い分けができる方がスマートですよね。

そういった正しい韓国語を身につけたいあなたは韓国語のレッスンを受けるのが上達への早道です。特にビジネスなどでの電話対応では、会社などに電話した際に相手を呼び出す表現や相手が不在であった時の表現を知る必要があります。また、韓国語で電話を受けた際に相手へ取り次ぐ際の言葉、相手が不在であった時の返答なども必要です。

1レッスン500円から学べる韓国語教室K village(https://kvillage.jp/)は、リーズナブルですがレベルは高く、講師はすべてネイティブ韓国人とレッスンができます。韓国語教室が始めての人はお気軽に体験レッスンに来てみてください♪会話中心でレッスンが進み、アットフォームな雰囲気の中で楽しむことができますよ。

まとめ

韓国語で電話をかける際の、話し方についてご紹介しました。日本と同様で目上の方、友達など関係性によって言い方が変わります。会話力をもっと上達したいという方は韓国語レッスンもご検討ください。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語で「ネイティブ」って何て言う?ネイティブのようにペラペ…

  2. アプリやWEBでハングルの単語も文法も!最新のハングル学習法…

  3. 韓国語単語の覚え方は初心者と中級者で違う?!

  4. 韓国語の漢字語は語彙の70%!漢字文化圏・韓国の漢字事情を調…

  5. 韓国語で「はじめまして!」。はじめましてから始める好印象の伝…

  6. 韓国語のフレーズで勉強しよう!K-POP・韓国ドラマ・人気の…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。