ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない「ん」の発音について

ハングルのパッチム「ン」はどうやって表記する?日本語にはない「ん」の発音について

韓国語の学習において、苦労させられるパッチムですが、発音を正しく覚えるのも本当に大変ですよね。中でも困るのが、「ン」のパッチムの発音と日本語表記ではないでしょうか。

韓国語には、読み仮名を日本語で表記するときに困るものがたくさんありますが、その代表例が「ン」の表記です。それはハングルには日本語にない「ン」の発音に3種類もの区別があり、1文字しかない日本語ではどのようにハングルの「ン」を区別して書けばいいのか困るというわけです。

皆さんはそのハングルのパッチムの「ン」についてどのように違いを区別していますか?今回はそんなハングルのパッチムの「ン」の違いや日本語表記についてまとめてみたいと思います。

この記事の目次
・ハングルの「ン」は一つじゃない!日本語にはない発音が…
・ハングルの「ン」は3つのパッチムで表記
・ハングルの「ン」の違いは英語の発音で覚えよう
・「ン」の表記はアルファベットを混ぜるのがおすすめ
・ハングルの「ン」の発音のリスニング区別のポイントは口の形
・ハングルのパッチム「ン」の表記まとめ

ハングルの「ン」は一つじゃない!日本語にはない発音が…

ハングルの勉強において避けては通れない壁であるパッチム。書き方は何とかなるにしても、発音が変化したり、リエゾンしたりと何かと難しいパッチム。中でも「ン」の発音に苦労する人が多いようです。

日本語ではひらがなの「ん」、カタカナの「ン」と書き分けはしますが、一文字しかない「ン」。しかしハングルではパッチムの発音でその音は実に3種類もあり、私たちを悩ませます。

私達、日本人が正しくそのハングルの「ン」の発音の違いを習得するのは大変なことです。なぜならそもそも「ン」の発音を区別して使っていない為ですよね。この苦労は英語の発音を習ったときを思い出させます。

厳密に言うと、日本語でも同じ「ん」や「ン」で表記していても、英語や韓国語ではそれは全然違ったものであるということなのですが、普段意識しないことなので、いきなりその違いを理解して、聞き分けたり、発音を区別するのは大変なことです。とはいっても、避けては通れないハングルのパッチム「ン」の違い、区別。この機会にマスターしてしまいましょう!

ハングルの「ン」は3つのパッチムで表記

ハングルのパッチムの発音で「ン」は3種類といいましたが、「ㄴ」と「ㅁ」と「ㅇ」の3つですね。この3つはハングルで表記する場合、明らかに違ったものではあるのですが、日本語で表記をしようとするとどれも「ン(ん)」となってしまいます。

実際、韓国の人がこの3つのパッチムを発音する際には、口もとにもその違いが表れています。「ㄴ」は歯が見えますし、「ㅁ」はしっかし上下の唇がくっついてて歯は見えませんし、「ㅇ」の場合は口が開いています。そういわれれば同じ日本語表記の「ン」ですが、違いを認めざるを得ません。

しかし、問題はその違いをどうやって習得するかです。ハングルの勉強で発音がマスターできるようになるまでは、よくカタカナで読み方をメモするという方法がありますが、そんな時に困りますよね。「ン」と書くだけでは、どう違うかが後でメモを見返しても分からないからです。

例えば、「先生:선생님」という単語。カタカナでは「ソンセンニン」となりますが、この中の「ン」はどれも違ったパッチムなので、発音が違います。このような時に、どのように日本語で発音を表記すればよいか、ここにヒントがあるのです。詳しく見ていきましょう。

■関連ハングル記事
ハングルの「ん」はパッチムで3種類!表記と発音の違いを徹底解説!

ハングルの「ン」の違いは英語の発音で覚えよう

「先生:선생님」の中にある3つの「ン」で表記されるパッチムの違いは、英語の発音で覚えるのがおすすめなんです。

ㄴがパッチムの時は英語の「N」の発音、ㅁがパッチムの時は「M」の発音、ㅇはNGと覚えるのです。

ㅇのNGとは「エヌジー」ではなくカタカナで書くなら「ング」になりますが、現在進行形の時に習った動詞にINGを付けた時の発音です。watchにingを付けたwatchingは、ウォッチからウォッチングになりますが、実際の英語の発音では最後のグは聞こえません。「ウォッチン」となります。り「ン」の発音なのです。

NとMの発音の違いは、中学生の時にも習いましたよね。Nは上下の唇はくっつけず、舌先が口の中で上の歯の裏にあたるようになるように発音する、Mはしっかり上下の唇を閉じて発音するというものです。

発音の違いは自分の口元を意識すれば、できるようになりますが、難しいのはリスニング、聞き分けです。これはもうたくさん音を聞いてトレーニングするしかありません。でも自分の発音を意識して区別するようになれば、自然と人が話している「ン」の違いにも気づけるようになります。あまり焦らずに練習していきましょう。

「ン」の表記はアルファベットを混ぜるのがおすすめ

ハングルのパッチム「ㄴ」と「ㅁ」と「ㅇ」の違いですが、最初はカタカナで読み仮名を付けて覚えるという方法を使いたければ、おすすめなのが読み仮名にアルファベットを混ぜるという方法があります。

先ほどの「先生:선생님」ですが、すべてをカタカナで「ソンセンニン」と書くのではなく、「ソnセngニm」を書くのです。一見何のことかわからない暗号のようになりますが、「ㄴ」はNの発音、「ㅁ」はMの発音、「ㅇ」はNGの発音だと理解していれば読むことはできますよね。

また、カタカナでは「ン」と1文字でしか書けなかった発音の区別もこれでできるようになります。慣れてくれば、パッチムを見るだけでどの「ン」の発音なのかもわかるようになるはずです。

すべてをカタカナの「ン」で書いてしまうよりもこのアルファベットを混ぜ込む読み仮名の区別をする方法で、正しい発音を単語を覚えるときから意識していくようにしてみてはいかがでしょうか。

ハングルの「ン」の発音のリスニング区別のポイントは口の形

先ほど、表記や自分の発音は「ン」で表記される3つのパッチムに合わせて英語の発音を意識することで区別できるようになるが、リスニング、聞き分けが難しいと言いました。

しかし、難しいと片づけてしまうわけにはいきません。どのようにすれば聞き分けが出来るようになるかももちろん知りたいですよね。音は耳でしか聞き分けるということが出来ないので、なかなか文章で説明を聞いても感覚が追い付かなず、苦労する点です。

そこでおすすめしたいのが、耳だけでなく目も使うこと。話している人の口元をしっかり見ることです。可能であればゆっくりと話してもらって、その口元をじっくり見れるとベストです。

口が開いていればㅇ、上下の唇がしっかり閉じていればㅁ、歯が見えているならㄴを耳からの情報だけでなく目でも発音の区別ができるようになりますよ。

また、単語だけで発音を覚えるのではなく、長い文章にして覚えるというのもおすすめです。パッチムがある単語は助詞や接続詞に이、어、아などが来ることが多く、発音がリエゾンします。そうするとンではなく、母音とセットでパッチムの発音がはっきり聞き分けが出来るようにもなります。絶対に覚えたい重要な単語などはこのように文章で練習するのもおすすめです。

ハングルのパッチム「ン」の表記まとめ

ハングルのパッチム「ン」の表記や発音の違い、区別する方法などをまとめました。

日本語では1文字の「ン」で表記する為、使い分け、聞き分けが難しいポイントですが、いろいろ工夫をしながらマスターしていきましょう。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語で「よろしくお願いします」!第一印象がよくなる「よろし…

  2. ハングルで「乾杯!」。韓国も「とりあえずビール?」お酒を飲む…

  3. 【韓国語の造語】なにそれ、ウッキダ(ウケる)!韓国語の新語・…

  4. 韓国語の単語の覚え方!単語帳で語彙力を増やすための3ステップ…

  5. 本がニガテでも韓国語がゼッタイ身につく「おすすめ本」をご紹介…

  6. カワイイ!オモシロイ!韓国語の方言をネイティブに話そう!

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。