韓国語で家族を紹介!父母に子供(娘息子)、兄弟姉妹など性別によって変わる呼び方にも注意

韓国語で家族を紹介!父母に子供(娘息子)、兄弟姉妹など性別によって変わる呼び方にも注意

韓国語でお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、娘、息子、兄弟姉妹などの家族を紹介できるようになりましょう。

韓国の人はとても家族を大切にすることでも知られています。その分、自然と会話で話題に上ることも多く、韓国語でもしっかり自分の家族のことを紹介できるようになっておくと、ぐっと距離が縮まり、会話も弾みます。

日本語では、「お父さん・お母さん」「父・母」と言い方が変わったりしますが韓国語ではどうなのでしょうか?また女性が使うか男性が使うかで呼び方が変わる単語もあるので難しいですね。まとめてチェックしていきましょう。

この記事の目次
・父母に兄弟姉妹など韓国語で家族を言えるようになろう
・父母・祖父母・子供(娘息子)は韓国語でなんていう?
・母/お母さんなど韓国語ではどうやって使い分けるの?
・兄弟姉妹は韓国語でなんていう?
・韓国語にはおじさんおばさんの呼び方がたくさん
・韓国語で家族を紹介できるようになろうまとめ

父母に兄弟姉妹など韓国語で家族を言えるようになろう

英語でも家族を表す単語は基本として早くから習いますよね。韓国語でもとても大切な活躍ワードです。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、弟、妹、おじさん、おばさん…
韓国では血縁関係をとても大切にする文化が根強く、その呼び方は日本よりも厳密で複雑です。

男性だけが使う単語、女性だけが使う単語何ていうものもあります。難しく感じるかもしれませんがマスターすれば単語だけで家族関係をはあくできるという便利な側面もあります。会話でも活躍する単語ばかりなのでしっかり覚えておきましょう。

父母・祖父母・子供(娘息子)は韓国語でなんていう?

まずは基本の父母、子供(娘・息子)、祖父母を韓国語で何と言うかをチェックしてみましょう。

・父 →아버지(アボジ)
・母 →어머니(オモニ)

아버지(アボジ)のことを아빠(アッパ)、어머니(オモニ)のことを엄마(オンマ)と呼ぶことも多いです。アボジ、オモニよりも砕けた言い方になります。

・娘 →딸(タル)
・息子 →아들(アドゥル)

娘や息子がたくさんいる場合、韓国語でも日本語と同じように、1番目の息子、2番目の娘などと言う言い方をします。

ただ年齢順を表すとき、日本語は上の子、下の子という表現をしますが、韓国語では大きい、小さいを使います。 微妙な違いですが面白いですね。

・祖父(おじいちゃん)父方 →할아버지(ハラボジ)
・祖母(おばあちゃん)父方 →할머니(ハルモニ)
・祖父(おじいちゃん)母方 →외할아버지(ウェハラボジ)
・祖母(おばあちゃん)母方 →외할머니(ウェハルモニ)

おじいちゃん、おばあちゃんは父方か母方かで呼び方が変わります。母方の祖父母につく「외(ウェ)」とは外(そと)という意味です。基本的には父系が基本なので、母方の方を「외(ウェ)」とつけて区別をします。

ちなみに、血のつながっていないいわゆるご高齢の人を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びますが、それは韓国でも同じです。名前を知らないお年寄りを「ハラボジ」「ハルモニ」と呼びます。

韓国語でも目上の人にはきちんとを正しい言葉でできるようにチェックもしておきましょう。

■関連韓国語記事
韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINE@追加

母/お母さんなど韓国語ではどうやって使い分けるの?

ちょっと話が逸れますが、日本語では直接両親を呼ぶときは「お父さん」「お母さん」と呼びますが、他の人に自分の両親のことを話すときには「私の父は…」や「母の具合が悪く…」などという言い方をします。

目上の両親であっても自分の身内を他の人に伝えるときにはそうしますよね。また敬語を使わないというのも日本では常識です。しかし韓国語ではどうなのでしょうか。

ここに関しては日本と韓国とで、常識が異なるところです。韓国語では他の人に自分の家族のこと(両親、祖父母)のことを話すときでも敬語を使うことが常識とされます。

私の母が入院しました。
저의 어머님께서 입원하셨습니다.
(チョエ オモニミケソ イボナショスンミダ)

日本語の感覚では慣れるまで違和感があるかもしれませんが、覚えておきましょう。

兄弟姉妹は韓国語でなんていう?

次に、兄弟姉妹を韓国語で何と言うかを見ていきたいと思います。

韓国語では兄、姉は男性の呼び方と女性の呼び方が異なりますので注意しましょう。

■男性が使う場合
 ・兄 → 형(ヒョン)
 ・姉 → 누나(ヌナ)

■女性が使う場合
 ・兄 → 오빠(オッパ)
 ・姉 → 언니(オンニ)

男性が「오빠(オッパ)」や「언니(オンニ)」と使っていたり、またはその逆だったりすると違和感がありますので注意しましょう。また日本語と同じように名前の後に〇〇兄さん、○○姉さんと呼ぶのは同じです。

次に、弟、妹ですが弟は남동생(ナムドンセン)、妹は여동생(ヨドンセン)と使い分けます。男女の区別をせずに下の弟や妹のことを동생(ドンセン)とまとめて呼ぶこともあります。

また、韓国では学校や職場の先輩を親しみを込めて、형(ヒョン)、오빠(オッパ)、누나(ヌナ)、언니(オンニ)と呼ぶこともあります。

また、彼氏彼女の恋人通しでは女性が男性のことを「오빠(オッパ)」と呼ぶということもよく知られています。仲が良く家族も同然ということで、親しみを込めて오빠(オッパ)と呼ぶというわけなんですね。

韓国語にはおじさんおばさんの呼び方がたくさん

次に、おじさん・おばさんを韓国語で何と言うかを見てみましょう。おじいちゃん、おばあちゃんと同じようにこちらも父方・母方で言い方が変わります。

・おじさん(父方) → 삼촌(サンチョン)
・おばさん(父方) → 고모(コモ)

・おじさん(母方) → 외삼촌(ウェサンチョン)
・おばさん(母方) → 이모(イモ)

ちなみに血のつながっていないいわゆるおじさんは아저씨(アジョシ)、おばさんは아줌마(アジュンマ)と言います。しかし、日本語と同じようにむやみやたらにおじさん、おばさんと呼ぶのは年齢を気にしているような相手に対しては失礼になりうることもありますので使い方には注意しましょう。

ついでに他の家族に関する単語も整理しておきましょう。

・夫 → 남편(ナンピョン)
・妻 → 아내(アネ) /와이프(ワイプ)
・長男 → 장남(チャンナン)
・次男 → 차남(チャナン)
・長女 → 장녀(チャンニョ)
・次女 → 차녀(チャニョ)
・末っ子 → 막내(マンネ)
・親戚 → 친척(チンチョッ)
・いとこ → 사촌(サチョン)
・甥っ子、姪っ子(父方) → 조카
・甥っ子、姪っ子(母方) → 외조카

父方、母方で呼び方が違うのは慣れるまでは覚える単語が多くなるので難しく感じるかもしれませんが、理解できると単語だけでどういった血縁関係なのかがわかるので便利ですよ。

実際に韓国の人と話す機会をたくさん作って、自然に理解できるようになりたいものですね。

■関連韓国語記事
韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語で家族を紹介できるようになろうまとめ

韓国語で家族を紹介できるようになろうということで、父母、祖父母、兄弟姉妹などの単語をまとめてチェックしました。

家族の絆を大切にする韓国の人とは、家族の話題になることも多いはず。しっかり自分の家族を紹介できるように、また相手の話してくれる内容もちゃんと理解できるように覚えておきたいですね。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 【ハングルを五十音で】ハングルを日本語のあいうえおで覚えちゃ…

  2. 韓国語のこんにちはを「サトゥリ(方言)」で言ってみる!6つの…

  3. 【シノクボ】新大久保はシノクボ?リアルな韓国語が飛び交うディ…

  4. 〇〇を韓国語で言うと…? 韓国語のポキャブラリーがアップする…

  5. 韓国語で好きな気持ちを表現しよう!韓国語の「好き」をご紹介!…

  6. 韓国語のハングルであいうえお!日本語の50音と違う?読み方と…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。