韓国語で自己紹介!初めて出会う韓国人と仲良くなるための自己紹介とは?

韓国語で自己紹介!初めて出会う韓国人と仲良くなるための自己紹介とは?

この記事の目次
・韓国語で自己紹介!名字と名前はセットで言いましょう
・韓国では年齢を言うことがマナー
・自己紹介からニックネームで呼び合える仲に
・まとめ

韓国のSNSをフォローしていた韓国人が日本へ来ることになったので、新大久保駅で待ち合わせをすることになりました。

SNSでは、基本的に英語と日本語を交えてコミュニケーションをとっていました。
無料通話アプリで会話をする時もほとんど英語で、簡単な日本語をはさむくらいです。

これから新大久保を案内するときも英語を使うことになるでしょうが、今回は韓国から友人を連れて来ると言っているので、自己紹介くらいは韓国語でしたいと思いました。

初めて会う韓国人への自己紹介、どうすれば仲良くなれるのでしょうか?
韓国ならではのマナーもあるはずなので、失礼がないようにしたいところです。

そこで今回は、韓国語の自己紹介についてご紹介します。

韓国語で自己紹介!名字と名前はセットで言いましょう

처음뵙겠습니다(チョウム ペプケッスムニダ)

自己紹介をするときは、日本語でも韓国語でも「はじめまして」からです。

처음(チョウム)は「はじめて」、뵙겠습니다(ペプケッスムニダ)は「お目にかかります」という意味で、「はじめまして」と初対面のときに使われます。

오오쿠보하나코라고합니다(オクボハナコ ラゴ ハムニダ)

はじめましてとあいさつをしたら、「大久保花子ともうします」と自己紹介をしましょう。

韓国人は自分の名前を名乗るときに、名字と名前をセットにします。
韓国人の方の名前を呼ぶときも、基本的には名字と名前をセットにすることがマナーです。

日本人が韓国人に名前を名乗るときは名字だけでも構いませんが、より韓国の文化に近いあいさつをしたいと思うときは、名前と名字を一緒に名乗るといいでしょう。

잘부탁합니다(チャル プタカムニダ)

ひととおり自己紹介が終わったら、よろしくお願いしますと言います。
잘(チャル)は「よく」、부탁합니다(プタカムニダ)は「頼みます」という意味で、あいさつをするときや誰かに何かを頼むときまで幅広く使うことができます。

韓国語ではじめましてのあいさつをしてお互いに名前を名乗ることができたら、自己紹介の第一歩は踏み出せたといえます。

韓国では年齢を言うことがマナー

韓国では自己紹介をするときに、自分の年齢を言うことがマナーとされています。

日本では初対面で年齢を言うことはあまりないかもしれません。知り合ってから何カ月もたって、ようやく年齢を知ったということもよくあります。

しかし韓国の文化では、年齢による上下関係がはっきりしているので、相手の年齢によって適切な対応をするためにも、自己紹介と同時にお互いに年齢を言うようになっているのです。

나이는……살입니다(ナイヌン…… サリムニダ)

韓国語で年齢を言えるようにしておけば、自己紹介のマナーもばっちり……ではありません。

もしかして、自分の年齢を「満年齢」で数えていませんか?
日本人の年齢の数え方は「満年齢」とよばれるもので、生まれたときを0歳としてカウントしていきます。しかし、韓国の年齢は「数え年」なので、妊娠中から年齢のカウントがはじまり、生まれた日から1歳となります。

ですので、韓国語で自己紹介をするときには、「数え年」で年齢を言うようにしましょう。

自己紹介からニックネームで呼び合える仲に

韓国語で自己紹介をするときに、ちょっとした工夫をするだけで、初対面でも韓国人とニックネームで呼び合えるほど仲良くなることができます。

初対面ではハードルが高いかもしれませんが、ニックネームで呼んでもらえると、ぐんと距離が近づきますよね。

너구리라고불러주세요(ノグリラゴプロジュセヨ)

たぬきと呼んでくださいなど、自分を何て呼んでほしいのか相手に伝えてみましょう。

너구리를닮은때문입니다(ノグリルル タルムンテッムニムニダ)

ニックネームと一緒に「たぬきに似ているからです」など、どうしてそう呼ばれているのかも話すと会話が盛り上がるのでおすすめです。

별명은무엇입니까?(ピョルミョンウン ムオシムニッカ?)

また、「あだ名はなんですか?」と聞いてみるのも、お互いにあだ名で呼び合うきっかけになるのでいいかもしれません。

まとめ

韓国語での自己紹介は、文化背景も異なるので、当然違う部分もたくさんありますが、初めて会った人と仲良くなりたいという気持ちは、日本人でも韓国人でも変わりません。

だからこそ、韓国語での自己紹介は、仲良くなるためにとても大切なことではないでしょうか。
たとえ韓国語ができなくても、名字と名前を一緒に名乗ったり、相手に聞かれるより先に年齢を伝えたりすると、「韓国のことを理解しようとしてくれているんだ」と、うれしい気持ちになるはずです。

韓国語での自己紹介もうまくでき、ニックネームで呼び合えるような関係になったら、韓国語で会話を楽しめるようになりたいと思うのは当然のことではないでしょうか。

韓国語教室 K Village Tokyoなら、初心者でも韓国人の先生がわかりやすく教えてくれるので、自己紹介から簡単な会話まで、どんどんできるようになっていきます。

まずは体験レッスンで、韓国語の勉強をのぞいてみましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保校 TEL 03-3232-1916
上野校 TEL 03-5826-4823
横浜校 TEL 045-620-9810
名古屋校 TEL 052-212-5854
大阪校 TEL 06-6809-3624
なんは心斎橋校 TEL 06-4963-3137

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国語の単語で伝えたい!韓国語でよく使う単語やフレーズを覚え…

  2. 【コラム】20本限定コラム、すべてを公開しました!

  3. 時間やお会計でも使える韓国語の数字を覚えたい!ハナ・トゥル・…

  4. 韓国語は世界で1番日本人が簡単に覚えられる!共通点を見つけて…

  5. 韓国人観光客の横浜旅行!SNSにアップされたフォトジェニック…

  6. 韓国はカフェ大国だった!コーヒー好きな韓国人のカフェライフを…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。