韓国語を手書きで美しく書くコツは?ハングル文字を綺麗に上手に書く方法を調査!

韓国語を手書きで美しく書くコツは?ハングル文字を綺麗に上手に書く方法を調査!

韓国語のハングル文字を手書きで美しく書くコツを知りたくないですか?

日本語もそうですが、なかなか自分の書く文字に自信があるという人は少ないのではないでしょうか。

最近は特にスマホをみんなが当たり前に普段から使うので、字を書くという習慣自体が、大人になればなるほど減ってきています。でも、やはりふとした瞬間に綺麗な文字がスラスラっと書けたなら、とてもスマートでかっこいいですよね。

韓国語も綺麗なも手書きが出来るのなら、もっと勉強もはかどりますし、何よりとても誇らしい特技になることでしょう。ちょっとしたコツを覚えれば誰でも読みやすくてキレイに手書きでハングルを書くことが出来ます。

また手書きで韓国語を書くことが出来れば便利な翻訳アプリでも大活躍します。今回はそんな韓国語を手書きで美しく上手に書くコツを調べてみたいと思います。

韓国語を手書きで美しく書くコツは?

手書きの文字に自信が持てたら、いろんな場面で活躍しますよね。逆に、自分の手書き文字に自信がないと、文字を書かないといけないいろんな場面で、恥ずかしい思いをしたり、悔しい思いをするものです。

韓国語も手書きで上手に書くことが出来れば、とてもすごいことだと思いませんか?「字は体を表す」なんて言葉もあります。

読みやすく美しい文字は、それだけで人格まで素晴らしく見えるもの。実際のところは人それぞれだとは思いますが、手書きの文字に性格が出るというのは、納得できる意見でもあります。

大雑把でいい加減な文字を書く人はそういう性格であろうことが多いでしょう。たとえ下手でも見る人に事を意識して丁寧に書けば美しい文字になるはずです。

日本語でもそうですよね。韓国語のハングル文字そうです。やはり日本と同じように手書き文字に関してはなにかと意識されるもの。

でも普段から漢字を使っている日本人からすると、ハングル文字は漢字と似ている書き方も多いですし、むしろ画数も少なく書きやすいはず。

ちょっとしたコツやルールを知れば、もっときれいで美しい手書きのハングル文字が書けるんです。そんな韓国語を手書きで上手に書けるようになる方法を調べてみましょう。

韓国語で手書きや文字って何て言う?

まずは韓国語の「手書き」に関する単語からチェックしてみましょう。

手書きは韓国語で「손글씨(ソングルシ)」と言います。筆記という意味で「필기(ピルギ)」と辞書で出てくることもありますが「손글씨(ソングルシ)」の方が会話ではよく使われます。

筆跡は필석(ピルソッ)と言います。韓国でも日本と同じように美しい文字を書くことは教養の一つとしてとても重要視されます。

韓国語を学び始めたころは、文字ではなく記号のように見えたハングルですが、上手に書けるようになると見た目が美しいだけでなく、ノートやメモも上手に取れるようになり勉強もはかどります。どのように上手に手書きでハングル文字を書けばいいのかチェックして行きましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
大学で韓国語が学べる?第二外国語や専攻・コースとは?どれくらいのレベルなの?

LINE@追加

韓国語にも手書きで書く時の書き順はある?

上手に韓国語を手書きで書く方法は日本語の文字の書き方と多くの共通点があります。まずは基本の文字の書き順からです。

ひらがなもカタカナも漢字もそうですね。まずは正しい書き順で文字を書くことが手書きの基本となります。韓国語で使われえているハングル文字に書き順ってあるのでしょうか。もちろんあります!

でも、日本人からすると韓国語の書き順はとても馴染みやすく、あまり意識しなくても覚えてしまっているという人も多いと思います。大原則は縦から横、左から右、上から下という順番が同じだからです。

ハングル文字は子音と母音の組み合わせで文字が成り立ちます。パッチムがある場合はさらに下に子音が来ます。漢字の仕組みとよく似ていますね。

一つ一つの文字の書き順は縦から横、左から右、上から下、そして組み合わせる場合も同じです。日本語にない文字としては、ㅇなどですがこれはアルファベットのoと同じです。

ㄹなんかは手書きで書く時一筆書きでアルファベットのSのように書いたりしていませんか?正しく書くと3画です。漢字と同じようにまずは正しい書き順で書くという事を意識しましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?韓国語勉強方法を解説

韓国語のハングル文字を手書きで書く時のコツや注意点は?

次に具体的な手書きで韓国語を書く時のコツを見てみましょう。

韓国語の手書きを上手に書きたい時に、誰でも意識すると上手に書けるポイントを二つ紹介しましょう。

それはスペースと基準線です。一つ目のスペースから見ていきましょう。韓国語は英語と同じように一つの文章の中にたくさんスペースを使います。このスペースですが、韓国語では「分かち書き」=띄어쓰기(ティオスギ)と言います。

文節の間に入れます。日本語で言うと文節は「ね」を入れて意味がキレイに通じるところと習った人も多いのではないでしょうか。

「私はお母さんと買い物に行きました。」

この文章を文節で区切ると「私は(ね) お母さんと(ね)買い物に(ね) 行きました(ね)」となります。韓国語の場合はこの(ね)のところにスペースを入れるのです。

나는 어머니와 쇼핑에 갔습니다 (ナヌン オモニワ ショッピンエ カッスムニダ)

このスペースをしっかりと、そして同じような感覚でそろえて取ることを意識すると、手書きの文章がスッキリまとまってみえて読みやすく美しい印象になります。一文字分離すというよりももう少し小さめで、場所によって大きさが違わないようにそろえることを意識してみましょう。

二つ目のポイントは基準線です。韓国語はパッチムがある文字とそうでない文字で、一文字でもずいぶん大きさが変わってきてしまいます。なので、正方形の中にどちらも同じように収めてしまうと、パッチムのない文字がどうしても大きく膨らんだ印象になります。そこで意識したいのは一本の基準線です。文章に一本基準となる線を意識してみましょう。英語を意識するとよいでしょう。小文字のyやgは、他の文字より下がはみ出てしまいますがそれでも基準となる線がしっかりそろっているとまとまって読みやすくなります。

丁寧に書くことはもちろんですが、この分かち書きのスペースと基準線を意識するだけでぐっと読みやすく美しい手書き文字が書けますので、是非挑戦してみて下さい。

手書きで翻訳アプリも便利に使おう!

手書きの韓国語が書けるようになると、勉強のためのノートやメモだけではなく、翻訳アプリでも大活躍します。

タイピングでハングルを打つのが大変な時にも活躍するのですが、スマホの画面に直接手書きで文字を書くだけで翻訳アプリが文字認識をして、辞書機能で意味を日本語に直してくれます。

これは韓国語をタイピングするのが難しい人にも便利な機能ですが、書ける人ならもっと便利なはずです。自分が書くだけでなく、韓国人の人と話をしていてわからない言葉が出た時に画面に書いてとお願いしてその場で意味を翻訳することもできます。

手書きが正しくできているかの練習にもなりますので、是非翻訳アプリで手書き辞書機能を試してみて下さい。

韓国語おすすめ記事韓国語翻訳アプリのおすすめは?役に立つ使い方や便利な機能もチェック!

韓国語を手書きで美しく書くコツは?まとめ

韓国語を手書きで美しく書くコツを調べてみました。

自は体を表すという言葉もありますが、丁寧に書くことはもちろん、分かち書きのスペースや基準線を意識するというちょっとしたコツでももっと読みやすくまとまったハングル文字を書くことが出来ます。是非試してみて下さい。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員ネイティブ。受付スタッフは韓国語も堪能な日本人。
まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

9,000人が通う日本最大の韓国語教室、K Village 韓国語。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に11校

まずは韓国語レッスンを無料体験してみませんか?

韓国語教室 「K Village 韓国語」は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP